帝王切開の費用は保険請求できる?入院給付金や手術給付金で安心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お腹に手を当てる妊婦さん

自然分娩は健康保険適用外ですが、帝王切開の場合には健康保険が適用されます。ただし、帝王切開の場合は入院期間が長くなったりするので何かと費用がかさんでしまいます。そんなとき医療保険請求できると安心ですね。帝王切開の費用や医療保険請求についてまとめました。

Sponsored Links

帝王切開の費用は保険請求できるのか

健康保険で支払われる出産育児一時金

出産は病気やケガではないので健康保険は適用されないのですが、どの健康保険であっても出産育児一時金が支給されます。

産科医療補償制度に加入している医療機関であれば赤ちゃんひとりに対し一律42万円、加入していない医療機関での出産であれば40.4万円の支給となります。

出産育児一時金は正常分娩であっても帝王切開であっても支払われます。

自然分娩の場合はほとんどの医療保険では保険請求ができません。

中には自然分娩の場合も保障対象となる女性保険がいくつかありますが、ここでは帝王切開の費用に関してみていきましょう。

帝王切開は健康保険が適応される

帝王切開の場合には手術になるため健康保険が適応されるので実際にかかる費用は自然分娩の場合とほとんど変わらない医療機関が多いようです。

帝王切開の手術代はだいたい22~24万円ぐらいでその3割が自己負担額になります。

帝王切開の場合には正常分娩のときよりも入院期間が長くなりますが、健康保険が適用されます。

ただし、差額ベッド代や食費などは実費になるので入院が長くなるとその分経費がかかりますね。

健康保険のほかに民間の生命保険や医療保険に加入している場合には手術や入院に対する給付金が支給されます。

支給された給付金は余分にかかった経費にあてることができますね。

Sponsored Links

帝王切開は保険請求できる

生命保険や医療保険に加入している場合、帝王切開にかかった費用分を保険請求するわけではありません。

いわゆる病気やケガでの手術や入院のときと同じく、その保険の保障内容の金額が支給されることになります。

例えば、帝王切開で1週間入院した場合、入院給付金日額5000円で手術給付金が5万円の契約であれば5000円×1週間+5万円なので8万5000円受け取ることになります。

入院給付金日額1万円で手術給付金が10万円の保障内容であれば1万円×1週間+10万円になるので17万円給付されることになりますね。

正常分娩でも出産後には入院しますが、この場合は医療保険に加入していても給付金支払いの対象とはなりません。

ただし、最近では正常分娩でも入院給付金が支払われる保険もあります。

医療保険に加入するときには保障内容を十分確認するようにしましょう。

Sponsored Links

医療保険に加入するときの注意事項

出産のときに健康保険が適用されるような状況になったとしても、加入時期によって保障内容が異なる場合があります。

妊娠・出産は病気ではないのですが、妊娠中毒症、早産、帝王切開などで健康保険適用の手術や入院を伴うリスクが出てきます。

ですから、妊娠がわかってからでは妊娠・出産もカバーしている医療保険には加入しにくくなります。

妊娠する可能性がある場合、また妊娠を希望している場合には妊娠前の早い段階で加入しておいた方がいいでしょう。

妊娠がわかってから加入する場合も妊娠週数が早いうちに加入しましょう。

妊娠してから加入が可能な医療保険であっても妊娠や出産に関するトラブルに関しては保障外の保険が多いのです。

また、一度帝王切開するとほとんどの場合次の出産も帝王切開になることが多いのですが、医療保険によっては2人目はひとり目の帝王切開後何年以内は保障されないというもの、帝王切開に関しては保障は一度に限るというものなど、保険会社によって保障内容が異なります。

帝王切開後に次の出産に備えて加入しようと思っても保障対象外になる場合もあります。

Sponsored Links

民間の保険と共済型の保険

医療保険には営利目的の民間のものと非営利目的の共済型のものがあります。

共済型の医療保険は掛け金が低い分、保障額も低くなりますが、余剰金が出た場合には割戻金がもらえますし、解約するときには解約返戻金があります。

妊娠・出産の可能性がある年代に共済型の医療保険に加入しておくと、日ごろの負担をそれほど感じずにまさかのときには給付金がもらえるので安心ですね。

もちろん、民間の医療保険にも魅力的なものがあります。

帝王切開でのお産になったときには高額療養費制度も利用できるので、医療保険に加入していた場合、給付金が支給されて支払う費用よりも多く手元に残ったという人もいます。

帝王切開など出産のさいのもしものときの保障がご自分にとって魅力的な医療保険を保険の比較サイトなどで早めに確認してみるといいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。