授乳中で胸のしこりが痛い!主な2つの原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
授乳

授乳中に胸にしこりができて痛いのに、なかなかしこりが取れず大変な思いをしているおかあさんは結構多いですね。今回は授乳期間中におっぱいにしこりができて痛いとき、そのしこりがなかなかとれない原因、その症状や対処法についてご紹介します。

Sponsored Links

授乳中で胸のしこりが痛いのは乳腺炎?

例えば、夜の授乳の間隔があいてきたり、何らかの事情で赤ちゃんを預けていて、授乳ができない時間が長くなると、母乳はどんどん作られるので溜まってしまいしこりができることがあります。

作られた母乳が乳腺内で溜まり、膨れ上がってしこりになっているのです。

おっぱいをしっかり飲んでもらっているうちに徐々にしこりがなくなる場合もありますが、ときには「乳腺炎」を起こしてしまうこともあります。

「急性うっ滞乳腺炎」と「化膿性乳腺炎」

赤ちゃんが飲む量よりも母乳ができる量が多いときには残ってしまった母乳が乳管を詰まらせてしまうのですね。

授乳間隔が空いてしまったときによく起こりますが、育児疲れやストレス、食生活の乱れなどによっても起こる場合があります。

乳腺炎と言っても2種類あり、母乳が詰まった為になる「急性うっ滞乳腺炎」、と、乳腺内に細菌が侵入してなる「化膿性乳腺炎」があります。

症状は?

「急性うっ滞乳腺炎」になるとしこりができるだけでなくおっぱい全体が固くなっておっぱい自体が熱をもつこともあります。

触れるだけで痛くてどうしようもなくなったり、微熱が出たり頭痛がする場合もあります。

また、「化膿性乳腺炎」は、赤ちゃんの口腔内細菌が乳頭にできた傷から感染して起こる場合と、急性うっ滞性乳腺炎が進行して起こる場合があります。

「化膿性乳腺炎」になると化膿して乳腺内に膿瘍ができることもあります。おっぱいが腫れて激しく痛み、全身に震えがきたり、高熱が出ることもあります。

Sponsored Links

しこりができたときの対処法は?

母乳が詰まってしまってできたしこりの場合は、とにかく頑張って「授乳」を続けることが最も効果的な対処法です。

赤ちゃんの頭の向きを毎回同じ向きにして授乳していると、どうしても吸い出せていない部分が残ってしまうのでその部分がしこってしまうことがあります。

抱き方を変えたりしていつもと違う方向からも飲んでもらうようしましょう。

また、授乳のときはしこりができている方のおっぱいから飲ませるようします。

マッサージと搾乳

授乳間隔があいておっぱいがかたくなってしまうようなときはお風呂に入って温めながらマッサージしましょう。リンパの流れや血行もよくなります。

マッサージしながら搾乳するとしこりがほぐれてくることもあります。

夜の授乳間隔があいてしまっておっぱいがたまってしこりができてしまうときには、できれば夜も搾乳すると楽になります。そのとき、搾乳器はなるべく使わずに手で絞るほうがいいでしょう。

赤ちゃんが吸ってくれない場合や、中での炎症がひどく膿んでしまって母乳が飲めないような場合にも蒸しタオルで温めてマッサージをしながら母乳を絞るといいですね。

搾乳器を使う場合には専門家にアドバイスを受けて使うようにしたほうがいいですね。

母乳を出し続けると乳腺の中でつまっていたものが徐々に出されていき、しこりも徐々に取れていきます。

Sponsored Links

化膿性乳腺の対処法は?

乳腺に細菌が入ってしまって起こる乳腺炎の場合は、そのまま授乳していてもなかなか治らず、最終的には高熱を引き起こしたりする原因にもなります。

授乳してもなかなか乳腺炎が治まらず、ひどい痛みがあり、高熱などの症状が出てしまった場合やその他の症状が悪化する場合には、病院で必ず診察を受け、薬を処方してもらいましょう。

患部が熱を持っている場合には、保冷材などをタオルに包んで当てて冷やすなどして、患部が熱を持ちすぎないように気を付けましょう。

受診するとまず薬が処方されます。それでも症状がひどくなってしまうと胸に溜まった膿を注射器で吸い出したり、それでもよくならないときには切開しなければならなくなることもあります。

ひどくならないために

化膿性乳腺炎で受診した場合には症状が治まるまでは授乳は中止となる場合が多いようです。

化膿性乳腺炎にならないようにするには、乳頭や乳首は常に清潔にし、もし乳首に傷ができたときには早めに傷が治るようにケアするようにしましょう。

乳腺炎になるとおかあさんはつらい思いをしますし、ひどくなると授乳もできなくなってしまいます。

乳腺炎にならないように、母乳の出がよすぎる場合には授乳の前後で少し手で絞ったり、日ごろから母乳が詰まらないように飲ませ方を工夫するようにしましょう。

少しでもしこりを感じたときに乳腺炎に対処する方法を知っていると悪化させずにすみますね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。