赤ちゃんの冬の布団はどうする?着せすぎやかけすぎに要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんの冬の布団

寒い冬の時期、赤ちゃんが布団から冷たい手足が出てると風邪をひかしてはいけないと思い心配になってしまいますね。それでつい布団をかけすぎて今度は汗をかかせてしまったり・・・寒い冬の間は赤ちゃんの布団はどう調節したらいいのか悩んでいませんか?

Sponsored Links

冬の赤ちゃんの布団

赤ちゃんは生後2~3か月めぐらいまでは体温調整が未熟なので服や寝るときの布団に特に気を付けてあげる必要があります。

体温調整が未熟ということは気温が上下すると体温も同じように上下するということです。

赤ちゃんは寝るときによくバンザイをしていますよね。せっかく布団を掛けたのに手だけ出して冷たくなっているなんてことありませんか。

実は手がかなり冷たくなっていても赤ちゃんは大丈夫なんです。手を出すことで体温を調節しているのすね。

手が冷たく冷え切っていてもおなかや背中があたたかければ大丈夫!

手足を布団から出していると末端の毛細血管が収縮してあたたかい血液がからだの中心に集まって体温が下がりにくくなるというわけなのです。

赤ちゃんの手は温度センサー?

赤ちゃんの手足が冷たくて紫色みたいになっていると心配になりますね。末端の毛細血管が収縮して血流が悪くなるから紫色みたいになるのです。

紫色に見えるぐらい手足が冷たくなっていてもおなかがあたたかくて室内の温度が適切であれば心配することはありません。

布団から手足を出して手足がとても冷たくなっていると、寝るときにも手袋をしたり靴下を履かせたくなりますが、それはやめておいたほうがいいのです。

手足を覆ってしまうと体温調整がうまくできなくなってしまいます。

赤ちゃんの手足が冷たくても体があたたかければ問題ありません。手足が冷たいからといって布団をかけすぎないようにしましょう。

Sponsored Links

赤ちゃんの手

大人と違う赤ちゃんの温度感覚

寒い冬には大人はどうしても厚着になって、寝るときにも厚手のパジャマを着てなおかつ湯たんぽを入れたり毛布をかけたりしますね。

そんな大人の感覚で寒い冬には赤ちゃんにもつい厚着をさせてしまいがちです。

夜寝るときもそうです。特に手足が布団の外に出ていて冷たくなっていたら心配になってしまい、どうしてもかけすぎてしまいます。

親としては赤ちゃんが寒いだろうと思って着せたり布団をかけたりしているのですが、赤ちゃんの方は冬なのに汗ばんでいることもよくあります。

赤ちゃんは暑いということを自分では言えないので、寝ていて汗かいてしまうぐらい暑くなると夜泣きの原因になることもあるようです。

赤ちゃんはよく布団を蹴とばしてはねのけますが、寒いかもしれないと思い、布団をはねのけないようにくるむように布団をかけてしまうと悪循環です。

赤ちゃんが布団をはねのけるときには汗ばんでいないかを確認してみてくださいね。

新生児はちょっと違います

生後2~3か月めぐらいまでの赤ちゃん、特に新生児は体温調整が未熟だから熱を失いやすいのです。

皮下脂肪も少なく基礎代謝量も少ないので、生後2か月めぐらいまでは大人と同じくらいの感覚で服装の調整してあげるといいでしょう。室温や湿度にも気をつけてあげてくださいね。

新生児もよくバンザイをして寝ていますが、ふとんからはみ出している手足が冷たくてもおなかや背中があたたかければ心配いりません。

Sponsored Links

泣く赤ちゃん

赤ちゃんの寝る部屋の室温は?

赤ちゃんに最適な冬の室内の温度は20度ぐらいでしょう。

冬場は乾燥しがちなうえに暖房器具を使うともっと乾燥してしまうので湿度にも気をつけてあげましょう。加湿器を使ったり濡れタオルをかけておいたりしてもいいですね。

一番気温が下がるのは朝の4時~6時ごろです。そのころに暖房が入るようにタイマーをセットしておくのもいいかもしれません。

オイルヒーターは安全ですし、じわーっと暖かくていいのですが、電気代がかさんでしまいます。それでも赤ちゃんのときだけ使うのであれば多少電気代がかさんでも目をつぶって暖かくしてあげてくださいね。

寒い地方だとオイルヒーターだけでは真冬の夜の寒さはしのげませんね。寒冷地では夜も灯油ストーブのセーブ運転を活用して一定温度を保つようにしておくといいでしょう。

着るもので調整してあげる

3か月過ぎぐらいからは着せすぎに注意しましょう。

新生児は体温調整がうまくいかないので大人と同じぐらい着せてその後は大人より一枚少なめにします。

寝るときも同じです。寝るときは肌着の上に冬物のパジャマがいいでしょう。カバーオールで手足まで覆うようになっているものは着ぐるみみたいでかわいいですが、寝るときは特にやめておいたほうがいいですね。

赤ちゃんのころはパジャマというよりもカバーオールで上下がつながっているもののほうがおなかが出なくていいでしょう。

赤ちゃんは手足で体温調整をするので手足を覆ってしまうようになっているものはやめたおいたほうがいいですね。

Sponsored Links

赤ちゃんの足

冬はスリーパーが便利

赤ちゃんの肌着やパジャマの上からすっぽりかぶせるように着せる大きめのベストのようなもののことをスリーパーといいます。

素材はタオル地やガーゼ、フリースなどいろいろです。布団を蹴とばしたり寝返りをうつようになって寝ていてもよく動くようになったらこのスリーパーがあると便利です。

冬場は厚手のもので夏はガーゼやタオル地などで季節によって違う素材のものを使い分けるといいですね。

ただし夏冬どちらも吸汗性の素材のものにしましょう。冬はスリーパーの上から薄い布団をかけてあげればいいでしょう。

ただし、地域によって気温や保っておける室内温度にはずいぶん差があるのでご自分の住んでいる地域に合わせて臨機応変にしてください。

いっしょに寝るのもいいかも

冬場は寒いので赤ちゃんといっしょの布団で寝るのもいいかもしれません。

いっしょに寝たらおかあさんもあったかいし赤ちゃんもあったかいですね。

ただし、3か月め以降の赤ちゃんは大人より一枚少なめでいいので大人と同じように布団をかけていると汗をかいてしまうかもしれません。

多少手足が冷たくてもおなかがあたたかければOKです。

冬なので寒いだろうからと着せすぎないで、布団などのかけすぎで汗ばんでいないかに注意してあげさすれば、いっしょの布団で寝るのもいいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。