幼児が嘔吐した時の食事はどうする?与えてはいけない物とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
振り向く赤ちゃん

幼い子供が吐くと心配になりますね。特に小さい頃は嘔吐の原因がはっきりしないことも多く、どう対処すればいいのか分かりづらいものです。また、幼児は吐いた後にケロっとしてすぐに元気になることも多いのですが、嘔吐の後の食事は何を食べさせたらいいのか迷ってしまうかもしれません。今回は、幼児が嘔吐した後の食事について気を付けるべき点をご紹介しましょう。

Sponsored Links

幼児が嘔吐した時の食事

幼児の嘔吐の原因が何であれ、吐き始めて6時間は何も食べさせないようします。

嘔吐した後は胃が空っぽになってすっきりするのでお腹が空いたと言ってくることもありますが、食べるとまた吐いてしまう場合もあるので食事をさせるのは水分が十分とれるようになってからにしましょう。

まずは嘔吐の間は食事や飲み物を飲むことなどは避け、うがいをさせて口の中はすっきりさせておくことです。

おかあさんとしては食べたがっているのに食べさせられないかわいそうに感じることもあると思いますが、具合が安定するまでは食事を我慢させましょう。

水分補給で気をつけること

吐き始めの6時間は食べさせないだけでなく、水分補給も控えたほうが重症化しないようです。

水分補給の目安は吐き気が止まって3時間後がいいと言われています。この間に水分を与えても吐くだけです。

吐き始めて6時間も水分補給をしないと脱水になってしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、この間の脱水は軽いので心配はいりません。

吐き気が落ち着いたら少量の水分を取らせます。あまり一気に水分を摂ると、それが刺激になって嘔吐を繰り返す原因にもなります。

ですから、症状が安定して30分ほど経ったら、舐めるほどの少量の水をまず与えます。

その後はおちょこ程度、コップ1杯と徐々に増やして与えるようにしましょう。

この時、水だと子供が飲まない場合には、あまり刺激の強いジュースなどは良くありませんが、ビタミンが摂れるようなイオン飲料などを飲ませてあげるとよいかもしれません。

甘いものや柑橘系のジュースは再度の嘔吐を呼ぶ可能性があるので、避けるようにしましょう。

Sponsored Links

嘔吐後に食べてもいいもの

水分が十分にとれるようになってから柔らかくて消化のよいものを少しずつ食べさせます。温かいものがいいですね。

おかゆ

固形のものや油ものは次の日までお休みです。おかゆなど液体と固体の間のような食べ物は、消化しやすい食事の1つです。まずは重湯(米1対水10)から始めるとよいでしょう。

重湯だけを作るのは手間ですが、湯飲み茶わんに米と水を1対10の割合でいれて、家族のご飯を炊くときに炊飯器の真ん中に入れておけばいっしょに炊けます。

だんだん回復して来たら水の量を少なくしていってだんだん固めのおかゆにしていくといいでしょう。

このときも水分量を変えて湯飲み茶わんに入れたものを炊飯器の中に入れておくといっしょに炊けますよ。

だいぶ回復してきたら小さく切ったかぼちゃをいっしょにいれて炊くとビタミンも摂ることができますね。

柔らかいうどん

また、柔らかめにゆでたうどんも消化吸収に良いでしょう。

固めが好きな子もいるかもしれませんが、嘔吐後に食べさせるときには普段よりゆで時間を長めにし、柔らかくし、胃腸が弱っている子供が食べやすいようにしてあげましょう。

野菜スープ

また、野菜を食べさせたい場合は、野菜を小さく切って舌で潰せるぐらいまで柔らかく煮て野菜スープのようにしてあげると良いでしょう。

おろしたりんご

果物を与えたい場合はすりおろしのりんごがいいですね。

すりおろしたりんごは食べやすく、甘みがあって子どもの好きな味なので、どうしても食事を摂りたがらない子どもの場合は、りんごをおろしたものから与えてもいいでしょう。

Sponsored Links

嘔吐後に避けた方がよいもの

嘔吐後の食べ物として注意した方がよいのはヨーグルトなどの発酵食品です。

吐いた後は胃腸がかなり弱っています。ヨーグルトなどの発酵食品を摂取すると、胃腸が元気に働こうとして余計に胃腸の働きを弱めてしまう場合もあります。

ヨーグルトなどの発酵食品は幼児がかなり回復してから与えるようにしたほうがいいでしょう。

果物も消化酵素が刺激になる場合もあるので、みかんなどの酸味があるかんきつ類やパイナップル、柿、梨、キーウイなどは吐き気がおさまってもしばらくの間はやめておいた方がいいでしょう。

嘔吐だけでなく下痢もあるときには、イモや豆類は腸内で発酵して発生したガスが腸管を刺激することもがあるので下痢が落ち着くまでは避けたほうがよいかもしれません。

嘔吐後の食事

幼児の嘔吐後の食事は、上記で述べたように、柔らかくて、消化吸収がよい、温かいものを少しづつ食べさせるようにするといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。