赤ちゃんの肌着はいつまで着せる?かぶり型はいつからOK?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんの肌着

赤ちゃんの肌着と言えば短肌着と長肌着ですね。赤ちゃんの肌に刺激が当たらないように表に縫い目が出ています。あの肌着はいつまで着せたらいいのでしょう。

Sponsored Links

赤ちゃんの肌着はいつまで使う?

出産準備用品のリストの中に必ず入っている短肌着と長肌着。短肌着は文字通り短い肌着でシャツぐらい長さです。

長肌着は裾が長い肌着で短肌着の上に着せることが多いですね。

短肌着はシャツ代わりにして赤ちゃんが窮屈じゃない限りは結構長い間着せることができます。

サイズの表示を見るとだいたい50〜60となっていて一見2〜3ヶ月しか着れないようですが、日本の肌着は前を紐で結ぶタイプなので実際は身長が70〜75センチくらいまでは着れます!

赤ちゃんが動くようになると長肌着は裾の方が邪魔になってしまいますが、サイズ的にまだ着れそうであれば長肌着を短く切って裾を縫って短肌着にして着せることもできますよ。

肌着の素材には気をつけて

肌着を着た赤ちゃん

○ヵ月の子にはこういう組み合わせで着せるといいというのは一概には言えません。生まれた季節によって当然組み合わせ方は変わってくるからです。

赤ちゃん用の肌着はたいていガーゼや綿だとは思いますが、選ぶときにはちゃんと素材を確認しましょう。

素材だけでなく実は生地にもいろいろあるんです。「天竺(てんじく)」というのはご存知ですか。

平編みで割と薄手です。通気性にすぐれていてさらっとした感じなので暑い時期の赤ちゃんにいいでしょう。

「フライス」というのは伸縮性のあるリブ編みで大人の肌着と同じ感じのものです。ふんわりしていてやさしい手触りです。

「天竺(てんじく)」よりは厚手ですが、季節を選ばないのでいつ生まれの赤ちゃんでもいいですね。

ガーゼは汗もよく吸い取るし通気性にすぐれていますが、伸縮性がないので新生児期にぴったりであればあまり長い時期は着られないかもしれません。

> 新生児の夏の服装は?大人より1枚多めだと暑すぎることも

Sponsored Links

便利なコンビ肌着

最近は、短肌着と長肌着の他にもうひとつコンビ肌着というのがあります。長肌着みたいに長めなのですが、股をスナップで留めて足の部分を左右に分けられるようになっているすぐれものです。

長肌着はおしめを替えるときにスナップを外す必要がないのでおしめ替えがしやすいというメリットはありますが、足をバタバタするとはだけてしまいます。

その点コンビ肌着は二股になっていて足の部分を留められるので多少バタバタしてもはだけてしまうということがありません。

おしめを替えるときにいちいちスナップを外すのが面倒と思えば新生児のうちはスナップを留めておかなくても大丈夫です。

新生児のときには肌着は何枚もいる

赤ちゃんはしょっちゅうウンチをしますし、おしめの当て方が少しでもずれていると肌着まで汚してしまうことがしょっちゅうです。

「さっき変えたばっかりなのに!」と叫んでしまいそうになることは、小さい赤ちゃんがいるおかあさんなら誰もが何度か経験があるはず。

そのため、新生児用の肌着は短い間しか着ないけれど何枚もいるんですね。

おしめを替える度にウンチがもれて肌着も替えなくてはいけないことなどしょっちゅうです。でも少しの間しか着ないのに何枚も用意するのもと思ってしまいますね。

> 赤ちゃんが寝るときの服装は?月齢で変わる最適なパジャマ

Sponsored Links

かぶり型の肌着は首がすわってからがいい

欧米には着物文化がないので日本のように前で打ち合わせて紐で結ぶタイプの赤ちゃん用の肌着はないんだそうですね。新生児のうちから肌着も全部かぶるタイプだとか。

中には慣れたらこっちの方が楽という人もいるようですが、首が座っていないうちはやはり前で打ち合わせる肌着の方が着せやすいですね。

打ち合わせの肌着だからといって月齢が大きくなってから着せられないわけではありません。

着られるうちは着せてもいいのです。かぶり型の肌着は首が座ってからの方が着せやすいでしょう。

かぶり型の肌着といってもシャツのようなタイプではなくてボディスーツみたいに股下でスナップで留められるようになっているものもあります。これだと多少動いてもおなかが出ないのでなかなか便利です。

> 赤ちゃんにパジャマはいつから?時期を決める5つのポイント

Sponsored Links

日本の赤ちゃん肌着は作りがていねい

肌着を着た新生児

カナダで出産した友だちの話だと向こうの赤ちゃんの肌着はもちろん打ち合わせではなくてかぶり型だし縫い目も大人の服と同じように中にあってその上タグも中についてるんだそうです。

最初は新生児のうちからかぶり型の肌着なんてと思ってお祝いにもらったものもそのままにして日本から持って行った打ち合わせの肌着を着せていたそうです。

でも赤ちゃんってしょっちゅう汚すのであるとき着替えが足りなくなってしまったのでいただき物のかぶり型を着せてみたそうなんですね。

首が座っていないからどうかなと思いながらカナダ人の友だちに教えてもらって着せてみたら案外楽に着せられたようです。

カナダの赤ちゃんは新生児でもみんな縫い目もタグも中にある肌着を着ているけれど、だからといって肌がどうとかいう話なんてないよとも言っていました。

でもカナダ人の友だちに日本の新生児用の肌着を見せたらずいぶんていねいに作ってあると感心していたそうです。

日本の新生児用の肌着は縫い目やタグは外についていて作りがとてもていねいなんですね。でも紐は面倒とも言ってたそうです。

> 赤ちゃんにセパレートの服はいつから着せる?移行する目安とは

寝返りをうつようになっても大丈夫

新生児用の肌着は着せられるうちは着せて大丈夫。フライス生地や天竺生地だったら案外長い期間着られでしょう。

寝返りをうつようになったら紐の結び目が肌にあたるからやめておいたほうがいいという人もいるけれど、欧米では新生児でも縫い目やタグが内側についてる肌着を着せていること思えばそこまで神経質にならなくてもいいかもしれません。

ガーゼはよく汗を吸い取るし肌触りもいいので真夏にはもってこいです。着られるのであればある程度大きくなっても着せたらいいですね。

新生児用だからといって新生児にこだわる必要はありません。着られるうちは着せればいいのです。

ただ長肌着は動きが活発になってくるとはだけてしまうのでやめておいたほうがいいかもしれませんが、コンビ肌着なら長い期間着れるでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。