赤ちゃんの虫歯は口移しでなる?イヤイヤ期でも正しい知識で予防!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔で歯磨きをする赤ちゃん

実は赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在しないのです。1歳半から2歳半の間に親の口からうつるのですが、口移しをしなくても自然とうつっていきます。だいぶ歯が生えてくるイヤイヤ期になると歯磨きを嫌がる子も出てきますね。虫歯に対する正しい知識で虫歯を予防しましょう。

Sponsored Links

赤ちゃんの虫歯は親からの口移しが原因?

虫歯は実は虫歯菌による感染症なのです。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在しません。

いろいろな原因で親の口の中の細菌が自然と子どもにうつっていくのですね。

もちろん、親だけとは限りません。赤ちゃんの身近いる大人から感染するのです。

離乳食が始まってからはできるだけスプーンやはしなどを共有せずに口移しは避けたほうがいいでしょう。

だからといって必ずしも口移しが虫歯の原因になるとは限らないのであまり神経質にならなくても大丈夫です。

それよりも赤ちゃんがしっかり歯磨きができるようになるまでは親のほうが自分の歯を丁寧に磨いて虫歯菌を少なくしておくことです。

口の中には虫歯菌だけでなく常在菌(善い菌)も存在しています。

赤ちゃんの口の中に先に常在菌がすみつけば虫歯菌はなかなか入れません。

親や周りの大人が自分の口の中の虫歯菌をできるだけ少なくしておくことが大切なんですね。

昔は離乳食期になると親がかみ砕いたものを口移しで赤ちゃんにあげたりしていましたが、もちろんそういうことはやめておいたほうがいいでしょう。

できればスプーンや箸は共有しないほうがよいのですが、あまり神経質になりすぎないことです。

Sponsored Links

どうして虫歯になるの?

虫歯は虫歯菌の感染によって起こります。

よく甘いものを食べると歯が溶けると言われますが、甘いもので歯が溶けることはありません。

虫歯菌が感染して口の中に入ると歯の表面についた虫歯菌が砂糖を餌にして酸とネバネバ物質を出すのですが、その酸が歯を溶かして虫歯になるのですね。

甘いものは絶対だめ?

子どもが小さいころは甘いものはできるだけ避けたいですが、親がいくら気をつけていても周りからもらうこともありますね。

甘いものは絶対ダメというのではなく、甘いものを食べても虫歯になりにくい工夫をしてあげましょう。

間食に注意!

  • 食後はお茶や水で口をゆすぐ
  • 甘いものはダラダラ食べさせない
  • 繊維質の多いものは歯磨き効果がある

食後のデザートとして甘いものを食べても虫歯になる可能性は低いのですが、間食でとると虫歯になりやすいことがわかってきています。

虫歯菌が口の中にあっても歯の表面に定着して活動するには甘いものが大量に長時間口の中に存在していなければなりません。

ですから、甘いものを食べてもいつまでもダラダラと食べていなければよいのです。

間食が多かったり、いつまでもダラダラと食べていると虫歯が進行しやすくなります。

実は食事と食事の間に虫歯にならないように再石灰化という歯が自己強化をするのですが、いつも何かしら口の中に入っているとそれができなくなるのですね。

昔の人がしっかり歯を磨かなくても虫歯になりにくかったのは食事の時間がある程度規則的だったことや間食でジュースやお菓子などの甘いものをとる習慣がなかったからともいえるようです。

食後に毎回歯磨きをしなくてもお茶や水などで口をゆすぐだけでも違います。

特にお茶は抗菌作用があり歯を強くしてくれるともいわれています。

歯が生えそろってきたら繊維質が多いものを食べさせるといいですね。

繊維質の多いものは口の中をきれいにしてくれます。

Sponsored Links

一番効果のある歯磨きは?

食べたら磨くとよいと言われていますが、赤ちゃんのうちは歯磨きを嫌がる時期があります。

生え始めのころは歯ブラシで磨かなくても指にガーゼを巻き付けて軽くふいてあげるだけでも大丈夫ですよ。

歯がだいぶ生えそろってきたころのイヤイヤ期には甘いものも食べるようになるのに歯磨きは嫌がるので親は困ってしまいますね。

虫歯菌が活発になるのは寝ているときなので寝る前にしっかり磨けたらいいでしょう。

日中は唾液で分泌されているので酸が中和され酸の影響が抑えられています。

ところが眠ったとたんに唾液は出なくなってそこに砂糖が残っていると虫歯菌が活発になって虫歯になってしまうのですね。

ですから寝る前の歯磨きが重要になってくるのです。

ところが子どもが小さいと気づかないうちに寝てしまって歯磨きがまだだったということがよくあります。

寝る前の歯磨きが毎回できなくても一日のうちで1回は丁寧に磨けていたらそう心配することはありません。

食後にお茶や水で口をゆすぐ習慣をつけておくといいでしょう。

ゆすぐことができなくても最後にお茶やお水を飲むだけでも違います。

>赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時の対処法|楽しくできるコツとは

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。