ベビースイミングで塩素は大丈夫?気になる4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
笑顔のぽっちゃり赤ちゃん

ベビースイミングは乳幼児期の習い事として人気があるもののひとつです。気になるのはプールに使われている塩素や消毒剤、プールを介しての感染症でしょうか。ベビースイミングで気になることをまとめてみました。

Sponsored Links

ベビースイミングって?

ベビースイミングは4~6ヶ月ぐらいから3歳未満の子ども向けのコースが多いようです。

ほとんどの場合、親子でいしょにプールに入って水遊びを楽しんで水慣れをから始めるようです。親は赤ちゃんの動きをサポートずるだけなので泳げなくても大丈夫です。

4ヶ月というと首が座ったころでしょうか。

プールの中で親が抱っこして水慣れから始め、インストラクターの指導のもとにけのびやキック、水に入ってプクプクと呼吸の練習をするなど簡単な運動をしながら水に親しんでいくようなプログラムになっているところが多いですね。

ベビースイミングで何ができるようになる?

浮力のある水の中では水の特性を生かした運動ができ、水の中で浮いてバランスをとったり、日ごろとは違う手足の使い方をすることで平衡感覚が養われるといわれています。

また、水の中でする呼吸の練習では心肺機能を高めるという効果も期待できるようです。

1歳未満の赤ちゃんは水に対する恐怖心があまりないのでそのころからプールに入って水に慣れておけば大きくなっても水を怖がらなくなります。

もともと赤ちゃんはおなかの中で羊水に浸っていたので水に順応しやすいのですね。

また、水の中という特別な環境での親子のコミュニケーションはいつもより深いものになるようですよ。

ベビースイミングは親子でプールに入りますが、他の親子もいっしょです。

いろいろな動きは親子で行いますが、まわりにいろいろな親子がいることで世界も広がりますね。

同じぐらいの子を持つ親同士、友だちになってスイミング以外でもいっしょに遊んだり情報交換もできるようになるというメリットもあります。

週に1~2回とはいえ、親もいっしょに水の中で動くのでいい運動にもなりますよ。

ベビースイミング

ベビースイミングで塩素が気になる

ベビースイミングを始めるにあたって次のようなことが気になるかもしれません。

  • プールの塩素が赤ちゃんの肌に及ぼす影響
  • プールは赤ちゃんにとって衛生的か
  • プールを介しての感染症
  • プールの中で赤ちゃんが粗相をしないか

プールの塩素が赤ちゃんの肌に及ぼす影響

プールの水はつんと塩素臭がする場合が多いですね。

ベビースイミングのプールはほとんどの場合室内プールでしょう。

室内の温水プールでは蒸発した塩素が屋外へ逃げにくいのです。ですから塩素臭をきつく感じるかもしれませんが、プールの水の塩素濃度は、室内のプールも屋外プールも変わりはないのだそうです。

塩素は水道水にも含まれていることはご存知ですね。

プールの水質基準は厚生労働省で決められており、実はプールに含まれる塩素の量は水道水とほとんど変わらないのです。

ただ、水道水の場合には浄水器などを通して塩素を抜くことができますが、プールではそれができません。

赤ちゃんは敏感肌なので塩素や消毒液がどうしても気になってしまうかもしれません。

プールが終わった後にしっかりとシャワーで洗い流せば大丈夫だといわれています。

また、最近では塩素を使わない殺菌法のプールもあるようです。

光触媒殺菌とか、銀や銅の触媒殺菌、トルマリン活水装置、マイナスイオン発生器などを使っているスイミングスクールもあるようなので、塩素が気になるのであればそういったところを探してみてはいかがでしょう。

プールは赤ちゃんにとって衛生的か

ベビースイミングといっても赤ちゃん専用のプールがあるところもあれば大人といっしょのプールを使っている場合もあります。

どちらにせよ、いろいろな人が入っているプールに赤ちゃんを入れるのは抵抗があるという方もいるかもしれません。

実は人間にとって有害な菌はお風呂のほうが多いのです。

プールは衛生基準に則って殺菌されているのでお風呂よりもプールの水のほうがきれいといえるかもしれません。

プールを介しての感染症

確かにプールで流行する可能性のある疾病はあります。

急性外耳炎・中耳炎・とびひなどの細菌性疾患、また、プール熱・はやり目・水イボ・手足口病などのウイルス性疾患があります。

ただこうした疾患はプールだけで感染するものではありません。

くしゃみや咳などによる飛沫感染、感染者が使ったタオルに触れたりすることで感染してしまうことがあります。

赤ちゃんの体調が思わしくないときにはお休みしましょう。

プールの後には赤ちゃんの全身の様子も観察してくださいね。

プールの中で赤ちゃんが粗相をしないか

赤ちゃんは水の中では水圧が関係しているためか、案外おしっこはしないようです。

気になるようであればスイミング用の紙おむつをはかせるか、おむつ機能がついている水着を選びましょう。

うんちはしそうになるとわかるものです。そのときにはすぐに水からあげてくださいね。

もちろん下痢をしているときにはお休みしましょう。

もし万が一、プールの中で粗相をして外に漏れてしまったときにはすぐインストラクターに言って指示に従ってくださいね。

トイレットトレーニングをしているときにはプールの前に必ずトイレに行かせるようにしましょう。

ベビースイミングで赤ちゃんにおむつをしたほうがいいのかどうかに関してはスクールによって決められている場合もあります。

一番いいのはスクールに問い合わせてみることです。

Sponsored Links

ベビースイミングで気をつけたいこと

ベビースイミングに通うにあたって気をつけたほうがいいことがいくつかあります。

  • おかあさんのお化粧
  • スイミングキャップをする
  • 無理強いはしない
  • 生活リズムに合わせる

おかあさんのお化粧

ベビースイミングはほとんどの場合親子でプールに入ります。

注意書きにあるとは思いますが、おかあさんは必ずお化粧を落として入ってくださいね。

すっぴんになるのが嫌だからとメイクをしたままプールに入るおかあさんもたまにいるようですが、プールの水が汚れてしまいます。

スイミングキャップをする

プールに入るときには大人も子どもも必ずスイミングキャップをかぶらなければなりません。

スイミングキャップどころか日ごろ帽子をかぶるのが嫌いな赤ちゃんは多いものです。

ですから、プールに入るときにスイミングキャップをかぶるのを嫌がる赤ちゃんも結構多いようです。

最初は嫌がっても何度か通っているうちに慣れてきて周りがかぶっているとかぶるようになることもあります。

インストラクターは何人もの赤ちゃんを見てきているので上手に対処してくれる場合もあるので、よほど嫌がるときは相談するといいでしょう。

中には月齢が低い赤ちゃんはスイミングキャップをかぶせなくてもよいスクールもあるようです。

無理強いはしない

赤ちゃんのうちは水慣れするが早いといわれていますが、中には嫌がって大泣きする子もいます。

水が怖くて泣いている、大勢の雰囲気に圧倒されて泣いている、先生の大きな声に慣れなくて泣いている、泣いている理由はいろいろあるでしょう。

最初の数ヶ月は泣いてばかりだったのにあるときからピタリと泣かなくなって楽しそうにやりだしたという赤ちゃんもいます。

無理強いはしないほうがいいのですが、赤ちゃんの様子を見ながら続けるかどうかを決めるといいかもしれません。

始めた以上は続けなくてはと無理に頑張る必要もありません。

大泣きが続くからかわいそうだからやめさせるのか、もう少し頑張ってみるのか、赤ちゃんの様子とおかあさんの気持ちで決めるといいのではないでしょうか。

生活リズムに合わせる

週1~2回、スイミングのある日とない日では生活のリズムが変わってくるかもしれません。

授乳時間、離乳食の時間、お昼寝タイムを上手にとれるように生活のリズムを考えてベビースイミングの時間帯を選べるのが一番いいですが、そうもいかない場合にはいろいろと工夫が必要になってきますね。

水の中では結構体力を使うので赤ちゃんも疲れてぐっすり眠るようになるでしょう。

お昼寝であまり寝すぎてしまうと夜なかなか寝なくなることもあります。

スイミングの時間帯に合わせて生活リズムを整えていきましょう。

いつから始めるといい?

ベビースイミングはスクールによって開始月齢が異なっていますが、早くても4ヶ月からです。

生後半年というところが多いのはそのころになると腰回りがしっかりしてくるからですね。

ベビースイミングはもちろん前後で着替えがあります。プールからあがったあとは親子ともびしょ濡れです。

親も子も上手にさっと着替えを済ませる工夫がいりますね。

水に対する恐怖心があまりない1歳未満からがいいという意見もあります。着替えのことを考えるともう少ししっかりしてからのほうがいいという考えもあるでしょう。

赤ちゃんのころはよく体調を崩してお休みしなければならなくなる場合も出てきます。

振替レッスンが受けられないシステムのスクールの場合には月謝を払っているのに一度も行けない月が出てくる可能性もあります。

ベビースイミングを始める時期は、赤ちゃんの様子、生活リズム、季節などいろいろ考えて決めるといいですね。

肌が敏感だったり、気になることがある場合には始める前にかかりつけのお医者さんに相談してみるといいかもしれません。

そして、まずは体験レッスンに行ってみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。