赤ちゃんが寝るときの服装は?月齢で変わる最適なパジャマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
よく寝る赤ちゃん

赤ちゃんの寝るときの服装で悩んでいませんか?赤ちゃんは、小さくて頼りなげだからついたくさん着せたくなっってしまいますが本当にいっぱい着せてもいいのでしょうか。赤ちゃんが寝るときに快適な服装のことまとめてみました。

Sponsored Links

赤ちゃんは寒がり?暑がり?

昼間起きている時は、赤ちゃんの様子をみていたらなんとなく何をどれくらい着せたらいいのか分かるようになりますが、夜寝る時は何を着せてらいいかなと悩むことが多いものです。

赤ちゃんがよく眠れるように少しでも寝やすい環境にしてあげたいですよね。

そもそも赤ちゃんは寒がりなのでしょうか?それとも暑がりなのでしょうか?夜中にふと気がつくと赤ちゃんのお布団がかかってなくて慌てて布団をかけることもしばしば。

もちろん動いてるうちに蹴とばしてしまうこともありますが、何回かけても蹴とばしてしまうのは、赤ちゃんが本当に暑がっているからです。

赤ちゃんは、基礎代謝が高く自分で服を脱いだり、着たりして調整することができないため大人が気をつけてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの平熱が大人よりも高い37度前後ということもあり、基本的に赤ちゃんは暑がりなことが多いです。

ただし生まれて間もないころの赤ちゃんはまだ体温調節がうまくできないので、外の気温の影響を受けやすくなっています。

そのため、2カ月ぐらいまでの赤ちゃんは大人とだいたい同じ服装のほうが良いでしょう。

逆に生まれて2カ月以上過ぎた赤ちゃんは、大人より1枚少なめ位でちょうどよいでしょう。

> 赤ちゃんの頭が熱いけど大丈夫?すぐに出来る対処法と受診の目安

Sponsored Links

赤ちゃんが寝るのに適した服装は?

赤ちゃんが寝る時に寒そうだからといって厚着にすると、寝ているうちに体温が上がり暑くなり過ぎて夜中に赤ちゃんがお布団をけってしまいます。

そして朝方になり冷え込んでしまうと今度は逆に冷えてしまうのです。

暑いと自分でけってお布団をはぐことはできますが、赤ちゃんは自分でお布団をかけることができないので、着せ過ぎには注意しましょう。

寝る時の服装はお布団を掛けることを考慮して、寒そうだからもう一枚着せようかなというのを我慢して、少し薄着くらいでちょうどよいでしょう。

3か月ぐらいまでは、寝る時間もバラバラで昼夜の区別もあんまりないため特にパジャマ用と決めて着せることはあまりないかもしれませんが、夜お風呂に入った後に少しゆったりめの肌着をパジャマとして着せてあげるとよいでしょう。

また、このころは夜中も頻繁におむつを替えをするのでおむつが替えがしやすいものを選ぶのもポイントです。

3カ月が過ぎたころから、昼間着せるものと夜用のもので分けて着せ始める人が多いようです。

お座りができるようになる頃から上下にわかれてるパジャマにする人が多いですが、夜中にお腹を出したまま寝てしまう子もいますね。

その場合は上下に分かれてるパジャマでもお腹のとこにボタン付いていて上着とズボンが止められるようになっているものがあるのでオススメです。

もちろんお座りができるようになっても、おなかを出さないようするために、夜はつなぎになっているカバーオールやロンパースなどをパジャマ代わりにしてる人もいるようです。

Sponsored Links

冬寝るときの服装

2カ月ぐらいまでの赤ちゃんは、体温調節がうまくできないため周りの温度の影響を受けやすいと言われています。室温が暑いと熱くなり、寒いと冷えてしまうのです。

そのため、冬寝る時も2ヶ月くらいまでの赤ちゃんは大人と同じくらいを目安にするとよいでしょう。

3カ月以降は、冬でも大人より1枚少な目にしましょう。寒いから風邪を引かないようにと思いつい着せ過ぎてしまうことがよくあるので注意が必要です

。基本的には、肌着とパジャマ。パジャマは、夏よりは厚めの生地がよいですが、大人よりは少し薄手のほうがよいでしょう。

赤ちゃんの冬の布団

冬でも赤ちゃんは、お布団から手を出してバンザイの格好で寝ていることが多いですが、あれは体温調節をしているので、無理に布団を手に入れる必要はありません。

布団の外に出ている手が冷たいと、心配になるかもしれませんが、体が温かければ大丈夫です。

手が冷たくなっているからといって布団の中に手を入れてしまうと、熱を外に出せなくなり熱が中にこもり暑くなり過ぎてしまうので気を付けましょう。

寝る時もよく動いて、暑いわけではないのに手足を動かしてるうちに布団をけってしまう子もいるので、そんな時はスリーパーがオススメです。

スリーパーはパジャマの上に着せる長いゆったり目のベストのようなものです。

いろいろな素材のスリーパーがありますが、冬に着せるのはフリースやキルティングのものがよいでしょう。

ただし、赤ちゃんによってはフリース素材が肌に合わないこともあるので、その場合は厚手の綿やタオル地のものを選ぶようにしましょう。

Sponsored Links

> 赤ちゃんの冬の布団はどうする?着せすぎやかけすぎに要注意

夏寝るときの服装

夏でも赤ちゃんが寝る時は、肌着を着せてあげましょう。

肌着は、汗をよく吸い取ってくれて通気性のいい素材が一番。夏でも少し涼しい時は肌着にもう1枚薄手のパジャマを着せるとよいですね。

ただし、暑い日は、肌着を着せずにパジャマ一枚だけで大丈夫です。肌着を着せない場合は、コットン100%など肌に優しい素材を選びましょう。

3カ月ごろになると首もそろそろ座る時期なので大きめのTシャツをパジャマ代わりに着せるのもよいでしょう

3月生まれの我が子の初めての夏は、綿素材の薄手のTシャツをパジャマ代わりに着せていました。

ジャストサイズではなくて、足までかくれるくらいのの大きいサイズのもの。そのサイズがちょうどよくなったころには今度はTシャツとして着せていました。

夏は汗をよくかくので、着替えもたくさん必要です。大きめのTシャツの他には、お祝いでいただいた半袖のロンパースの肌着もパジャマ代わりに着せていました。ロンパースだとおなかが出ないので安心です。

Sponsored Links

> 新生児の夏の服装は?大人より1枚多めだと暑すぎることも

夏も冬も汗をかかせないように

赤ちゃんは汗をよくかくので、寝入りばなにはどうしても汗をかきやすいものです。

本当に汗っかきな赤ちゃんは、背中に汗とり用のガーゼを入れておき、汗をかいたら取り替えてあげるとよいでしょう。冬も寒いからといって厚着にさせ過ぎないこと。

住んでる地方によってはあまりに暑すぎる夏や寒すぎる冬がある場合もありますが、寝るときに着せるものを調整する以外にも部屋の温度自体を赤ちゃんにとって快適になるよう工夫してあげましょう。

夏には上手にクーラーや扇風機を使ったり、冬はタイマーで暖房の調整をしてあげるとよいでしょう。

ちなみに、我が家は冬生まれの子のときは、夜だけオイルヒーターを使っていました。

> 赤ちゃんが頭によく汗をかく原因|簡単にできるあせも対策

着替えることで一日のめりはりをつける

赤ちゃんの月齢が大きくなってくると寝る前に着替えることで、起きてる時間と寝る時間の区別をつけられるようになり生活のリズムができます。

基本的に赤ちゃんは、汗っかきなことが多く新陳代謝が激しためパジャマにしてる服は、汗をあまりかかない時期でも2日に1回は洗濯するようにしましょう。

何ヶ月からパジャマを着せるとよいという決まりはありませんが、寝る前に着替えることで一日のメリハリがつくようになるでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。