赤ちゃんのシャンプーはミノンが安心?何も使わなくても大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
沐浴で顔を洗う

シャンプーにもいろいろな種類がありますね。赤ちゃんの髪や頭皮、肌はとても敏感なので、シャンプーを使うのであれば低刺激のものを選んであげたいものです。赤ちゃんのシャンプー剤について、成分などについてまとめました。

Sponsored Links

赤ちゃんのシャンプーはミノンがいい?

赤ちゃん用のシャンプーとして最近ではいろいろな製品がありますね。

いわゆるベビーシャンプーは赤ちゃんのデリケートな肌にやさしい成分で、もし目に入ったとしても痛くない低刺激成分が使われています。

生後半年ぐらいまでは赤ちゃんの髪はまだ少ないですし、そんなに汚れることもないのでお湯シャンでも十分でしょう。

つまりシャンプー剤は必要ないということです。

もしシャンプーを使うにしても3ヶ月ぐらいからです。

あまり早くからシャンプーを使うと必要な皮脂まで落としてしまう場合があるからです。

赤ちゃんのシャンプーは大人用のもので代用するのではなく、ミノンなどのベビーシャンプーにしましょう。

ミノン全身ベビーシャンプーとは?

文字通り、赤ちゃんのための全身シャンプーです。

つまり頭だけでなくからだもこれで洗えるのですね。泡タイプなので扱いやすいです。

成分は水以外は5種類しか入っていない、とてもシンプルな低刺激のアミノ酸系シャンプーです。

もちろん、香料も着色料も入っていません。

赤ちゃんの肌と同じ弱酸性なので皮膚に余分な負担をかけずに潤いそのままで汚れを洗い流すことができます。

赤ちゃんだけでなく大人でも敏感肌の方にはよいでしょう。

Sponsored Links

赤ちゃんにも使える低刺激成分のシャンプー3種類

シャンプーの成分表は小さな字なのでとても読みにくいのですが、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naが含まれているものは赤ちゃんには向いていません。

ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naは洗浄力は強いのですが、刺激もとても強いのです。

ベビーシャンプーでこうした成分を含んでいるものはないと思いますが、赤ちゃん用として購入するときには成分表をよく見るようにしてください。

次の3種類は赤ちゃんのデリケートな肌でも大丈夫な洗浄成分が含まれている低刺激のシャンプーです。

  • アミノ酸系シャンプー
  • ベタイン系シャンプー
  • タウリン系シャンプー

アミノ酸系シャンプー

文字通りアミノ酸から作られるシャンプーで大豆やコラーゲンなど天然由来のものから作られています。

水の次にラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸TEAといった成分があればアミノ酸系シャンプーです。

低刺激な分、洗浄力も高いとはいえませんが、赤ちゃんのように敏感な肌には安心して使えます。

Sponsored Links

ベタイン系シャンプー

ベタインはビートやヤシなどの天然由来の成分が使われており、低刺激で弱酸性です。

アミノ酸系シャンプーよりは種類が少ないですね。

成分表で水の次にラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタインなどが出ているのがベタイン系シャンプーです。

タウリン系シャンプー

洗浄成分はココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNaなどで、上記の2種類よりも洗浄力がありますが、肌への負担が少ないシャンプーです。

配合成分によっては合わないことも

個人差があるのでベビーシャンプーとして売られているものでも、成分によっては赤ちゃんの肌に合わない場合もあります。

最初は、できれば多少高価格でもパラベン・アルコール(エタノール)・鉱物油・石油系界面活性剤等、合成化学物質が無添加で天然由来成分のより肌に優しい成分のものを使い、トラブルがなければ低価格のものに移行するとよいでしょう。

Sponsored Links

赤ちゃんのシャンプーは洗い方も重要

赤ちゃんの髪が少ない時期は全身用のシャンプーだけで済ませることができます。

髪の毛が増えてくると全身用ベビーシャンプーではメーカーによって髪がきしんでくることもあります。

そんなときは髪専用のベビーシャンプーに切り替えるとよいでしょう。

もちろん、成分表をよく見て選んでくださいね。

個人的な感想ですが、ミノン全身用シャンプーはきしみは少ないように感じました。

だからといって沐浴のときに毎回これを使っていたわけではありません。

月齢が小さいうちはそんなに汚れるわけではないので毎回せっけんやシャンプーなどを使わなくてもいいように思います。

また、シャンプーを使ったときにはシャンプーが残らないようにしっかり洗い流します。

中には洗い流すのを嫌がる赤ちゃんもいますが、濡れたガーゼなどでしっかり拭き取ってあげてくださいね。

徐々に水に慣れていけるように沐浴タイムを楽しい時間にしてあげましょう。

>赤ちゃんのシャンプーはいつから?使い始めの注意点とは

>赤ちゃんの頭皮がカサカサになる主な2つの原因と対処法

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。