赤ちゃんが顔をこする主な2つの原因とかゆい時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ほっぺの赤い赤ちゃん

赤ちゃんはよく自分の顔をこすることがあります。自分でこすって顔が真っ赤になったり、ときには傷がついてしまったりすることもあります。顔に湿疹が出ていると痒くなってこすることがあるようですが、それだけでもないようです。赤ちゃんはどんなときに顔をこするのでしょう。原因がちゃんと分かれば対処の仕方もわかりますね。

Sponsored Links

赤ちゃんが顔をこする主な原因

赤ちゃんはよく顔をこすります。抱っこしていると服に顔をこすりつけくることもありますね。どうして顔をこするのでしょうか。

主に2つの原因が考えられます。ひとつは眠たいとき、もうひとつはかゆいときです。

赤ちゃんは眠たいときに顔をこする

赤ちゃんだけではないかもしれませんね、眠たいときに顔をこするのは。大人でも眠くなると顔をこするというより目をこすりませんか。眠気を覚まそうとする本能的な行動なのです。

起きているときは涙が自然に出ていて目は潤っているのですが、眠気が来ると涙腺の活動が抑えられてしまいます。

涙腺の活動が抑えられると涙が減って目が乾燥するので無意識のうちに目をこすって刺激して涙を出そうとするのですね。

赤ちゃんも同じことなのですが、赤ちゃんはまだ十分に手を動かせないので目をこすっているつもりが顔をこすってしまうのです。

あまりこすっていると真っ赤になったり傷をつけたりするので眠たそうにしたら寝かせる態勢に入りましょう。

また、眠たいのにうまく眠れないことが原因の場合もあります。瞼が重いのに、うまく眠りに入れないと赤ちゃんもイライラして顔をこすってしまうのです。

Sponsored Links

赤ちゃんも痒いときには顔をこする

顔に湿疹ができていて乾燥していると痒くなってこすることもあります。赤ちゃんの皮膚は弱いのでちょっとした刺激でもすぐに真っ赤になります。

また、こするときの加減ができないのでこすりすぎて傷つけてしまうこともあるのです。

先ほどの眠たい時に顔をこする原因にも関係しますが、赤ちゃんは眠くなると体温が上がるため、頭や顔が熱くなって汗をかいたりするので、汗が皮膚を刺激してかゆみが生じたりもします。

また、眠い時以外にも赤ちゃんは体温調節がまだ未熟なので、体が熱い時は頭や足の裏に大量の汗をかいて熱を放出し、体を冷やして体温を下げます。厚着しすぎると体に熱がこもります。

遊んで動きまわった後は頭から大量の汗が流れ出ることがあり、同じように汗が皮膚を刺激して強いかゆみが生じ、無意識のうちに顔をごしごしとこすってしまうのです。

このように赤ちゃんは、眠たい時や、肌が痒い時に顔をこすると考えられています。

Sponsored Links

湿疹はなぜできる?

新生児のころには毛穴が未発達なため詰まりやすく、新生児ニキビができることがあります。

思春期のニキビのような赤いぶつぶつがおでこやほおに出ます。おかあさんからもらった女性ホルモンの影響で皮脂が多くその皮脂が毛穴に詰まってニキビができるのです。

> 新生児ニキビが顔や体にできる原因とすぐに出来る5つの対処法

新生児期を過ぎると今度は黄色いかさぶたやフケのようなものが顔や頭部ににできることがあります。

これは乳児脂漏性湿疹といってあまり痒くないはずなのですが、気になって手でこすっているうちに炎症が起きてかゆくなってしまうです。そこでまたこすってしまうのですね。

> 赤ちゃんの頭にかさぶたが!乳児脂漏性湿疹のケアと対処法

また、汗をかいたままにしておくと、汗が溜まってあせもができやすくなります。こういった湿疹やあせもがかゆみを引き起こすことも要因の一つとされています。

湿疹で痒いときの対処法

新生児ニキビも乳児脂漏性湿疹も皮脂が多くできるので、症状がある部分をやさしくしっかりと洗って清潔にしておきましょう。

乳児脂漏性湿疹でかさぶたがひどい場合にはお風呂に入れる前に植物性のオイルでふやかしておくといいですよ。

新生児ニキビも乳児脂漏性湿疹も皮膚を清潔にしておくとよいのですが、洗いすぎて乾燥してしまうのもよくありません。石鹸で洗ったときには石鹸分をよく洗い流してしっかり拭いてあげてくださいね。

赤ちゃんの爪はすぐ伸びます。気をつけておいて短く切っておきましょう。湿疹がかゆくて顔をこすっているときには抱いていてもおかあさんの服にこすりつけてくるときがあります。

おかあさんもなるべく綿素材で赤ちゃんの肌に刺激のすくない服を着るようにしてあげるといいですね。

Sponsored Links

乳幼児のアトピー性皮膚炎の場合も

乳児脂漏性湿疹でない場合にはアレルギーやアトピー性皮膚炎の疑いがあります。アトピー性皮膚炎はかなり痒くなります。

症状がおさまったりひどくなったりを繰り返します。離乳食が始まっていると食物アレルギーを起こして痒くなることもありますね。

アトピー性皮膚炎やアレルギーの場合には受診してアレルゲンを確認するといいでしょう。

顔や体を拭くときには綿素材のガーゼを使うと赤ちゃんの肌への刺激も少ないですね

洗剤も刺激の少ない石鹸洗剤かベビー用洗剤にするといいかもしれません。

赤ちゃんが顔をこする時の対処法

赤ちゃんが顔を頻繁にこすってしまうときは以下の対処法を試してみましょう。

汗をかいたらこまめに拭いたり着替えたり、シャワーで洗い流すなどして、汗ができるだけ残らないようにしましょう。

特に頭皮は汗に敏感に反応するので、できるだけ汗で濡らさないように清潔に保てるようにケアしてあげましょう

Sponsored Links

冬でも厚着させたり加温しすぎると汗をかくので、服は大人よりも1枚少な目にし、室温も23℃位にするなど注意しましょう。

夏、暑くてなかなか寝つけない時は、アイスノンや保冷剤をタオルでくるんで枕にのせるなどして少し頭を冷やしてあげるのも効果的です。

> 赤ちゃんが寝るときの服装は?月齢で変わる最適なパジャマ

洗髪には刺激の弱いベビー用シャンプーを使い、皮膚を傷つけないように優しく洗うことも余計な痒みをひき起こさないための重要なポイントです。

顔をこすったり、かきむしって傷を作らないように爪はこまめに切って短くしましょう。赤ちゃんの爪は薄くて鋭いので、弱い力でかいても皮膚が切れて傷になってしまうことがあります。

どうしてもこするのをやめないならミトンをはめて、顔が傷つかないようにしてあげましょう。

また、それでも痒そうにしている場合は、赤ちゃんが引っかいてしまわないように、傷つけないようにおかあさんが優しくかいてあげるのも一つの手です。

ひどく顔をこする時は病院を受診しましょう

赤ちゃんが顔をこするのは眠いときか湿疹ができてかゆいときがほとんどです。

眠くてこすっているとき、肌が乾燥していたり皮脂が多くて湿疹ができているのであればそう心配することはありません。そのための対処をしてあげましょう。

それでもひどく顔をこするようなときは受診して適切なケアをしてあげると安心ですね。

> 赤ちゃんの顔に湿疹が!悪化させないためにできること

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。