赤ちゃんはいつママを認識する?声や匂いも分かるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんと遊ぶおかあさん

赤ちゃんがちゃんとママをママと認識するのはいつごろからなんでしょう。ママ、ママって後追いをされるのも大変だけれど誰にでもなついてしまう子を見るとほんとうにママとわかってくれているのかなとちょっと不安に思ってしまうかもしれませんね。でも大丈夫!赤ちゃんはちゃんとママってわかっていますよ。

Sponsored Links

生まれてすぐからママをわかってる

赤ちゃんの目は生まれてすぐはよく見えていないと言われています。私たちが見えているようには見えてはいないでしょうし、焦点がぼやけてぼーっとした感じかもしれません。

でもおっぱいを飲ませているときにママをじっと見つめているときははっきりとではないけれどママだということはわかっているんです。

生まれたばかりの赤ちゃんは顔から25㎝ぐらい離れているところが一番よく見えるようです。それはちょうど赤ちゃんを抱っこしてミルクを飲ませたりおっぱいをあげているママの顔との距離ぐらいなんですね。

私たちが見えてるような見え方ではないかもしれませんが、赤ちゃんはちゃんと分かっているんです。

ママの匂いや声も認識してる?

赤ちゃんは鼻もとってもいいんですよ。ママの母乳と他の人の母乳をガーゼに染み込ませて赤ちゃんの両側においたら必ずママの母乳の方を向くのだそうです。ママの母乳の匂いだけでなくてママの匂いもわかると言われています。

そしてママの声。お腹の中からずっと聞いているんですからわかりますよね。お腹の中で一番先に働くようになる感覚器官が聴覚なんです。

お腹の中では外の世界で聞こえているような聞こえ方とはちょっと違うけれどそれでも毎日聞いていた声です。ママの声はちゃんとわかっています。

生まれたばかりの赤ちゃんのベッドの両側からママと看護師さんとが交代で声をかけたら赤ちゃんは必ずママの方を向いたというちょっとした実験もありますよ。

Sponsored Links

赤ちゃんがママの顔を認識するはいつごろ?

新生児が笑うのはまわりの人や外の刺激に反応して笑っているので「生理的微笑」と言われています。刺激に対する反応なんです。

それが、生後2か月ぐらいになると周りの人の表情を意識して笑うようになるので「社会的微笑」と言われています。このころには人間の顔とそうでないものは区別できています。

ただし2カ月より前の赤ちゃんは個人差はあるとはいえママの顔とそれ以外の周りの人の顔との区別はできないみたいなのです。

人間の顔とそうでないものはちゃんとわかっているけれど、ママの顔というふうにはちゃんとわかってはいないようです。でも匂いや声でわかるのですね。

それが4カ月ごろになるとママの顔と他の人の顔はちゃんと区別がつくようになってくるのです。それでも2カ月過ぎたころからこちらの語りかけに反応を示すようになるのでわかってくれているみたいに思ってしまいますね。

もしかしたら研究云々は置いておいてほんとうはちゃんとわかっているのかもしれません。

3カ月を過ぎたらこちらの語りかけに対して「バブバブ」とか「ダァ」とか意味不明の言葉を発してくれるようになります。「喃語(なんご)」いいます。

このころの赤ちゃんからのアプローチにはママやパパも笑顔で語りかけてあげましょう。とはいっても、ママは生まれたときから赤ちゃんが泣いたときには声かけしてあげていることが多いですよね。

Sponsored Links

赤ちゃんからのアプローチには応えてあげて

4カ月ぐらいにならないとはっきりとママの顔を認識することは難しいようですが、声や匂いではちゃんとわかっています。

だから赤ちゃんが泣いたらそばにいって笑顔で声をかけてあげてくださいね。生まれたときからそうしてるって?そう、自然とやっているママが多いですよね。

何でも要求を聞いていたらわがままになるからしばらく我慢させた方がいいからと、泣いてもほおっておくなんてことはしないでください。

コミュニケーション能力や感情表現を育てていくためにも周りがちゃんとコミュニケーションをとってあげたほうがいいんです。

ママの顔ということがはっきりわからなくても声や匂いではちゃんと感じているし、自分にとって大事な人が来てくれて相手をしてくれているということもちゃんとわかっているのです。

特に仕事をしながら育児をしているママの場合は、ゆっくりと赤ちゃんと過ごす時間がないかもしれませんが、子供はすぐに成長してしまいます。今しかない赤ちゃんとの時間をしっかりと楽しんでくださいね。

> 仕事と育児の両立のための簡単に実践できる7つのヒント

Sponsored Links

ママの顔が一番好き?

笑顔の母子

ママの顔は赤ちゃんにとって特別みたいですよ。実は早くて生後4日から生後2~3カ月くらいにはママの顔がわかるという研究もあるのです。

いろいろな顔の中でもママの顔が特別というのは赤ちゃんが社会とつながるためにはママがとっても大事だからなんですね。

それだけじゃなくて赤ちゃんがママを大好きなのは、抱っこしてもらったりおっぱいもらったりしてママと一番長い時間いっしょにいるからなんです。

イギリスの研究によるとパパがメインで育児をしていたらパパの顔が一番好きらしいという結果も出ているみたいです。

ママは一番長く赤ちゃんといっしょにいるから一番よく見るのがママの顔。それでママの顔が一番好きになるのでしょう。

人見知りのころ

人見知りが始まるころはなじみが薄い顔に対しては拒否反応を示してしまいます。女の人の顔はよく見るけれど男の人やおじいちゃんおばあちゃんの顔は普段からあんまり見ていないことが多いからどうしても泣いてしまうことが多いようなのですね。

> 赤ちゃんの人見知り時期はいつからいつまで?効果的な対策は?

ある程度大きくなったら外に連れ出していろんな人と接するようにしましょう。いろんな顔を見る経験というのはとても大事です。でもあんまり頑張りすぎないでくださいね。生後10ヵ月ぐらいの赤ちゃんはママの様子を見ながらいろいろなことを判断しているらしいです。

ママが相手を信頼してにこやかに接していたら「ママが笑ってるからこの人は大丈夫なんだ」と感じ取るみたいなんですよね。人見知りのころは無理せずママが安心していられるいろんな人との出会いを作ってあげるといいでしょう。

Sponsored Links

赤ちゃんは五感すべてでママがわかる

ママの顔をちゃんと認識できるようになるには少しかかっても、生まれてすぐの赤ちゃんの五感はとっても鋭いのでそのすべてを総動員してママがママだということはちゃんとわかってるんですよ。赤ちゃんってほんとうにすごいですね。

どうしても用ができたので見ててほしいと頼まれて友だちの4ヵ月の赤ちゃんを短い時間だったけれど預かったことがありました。

泣かれたらどうしようと少しと不安だったのですが、ほんとうに手がかからないいい子で安心。

それなのにママが迎えに来てママの顔を見たとたんギャーって泣き出してしまったものだから友だちはショック受けてしまったんですよね。

それまでいい子にしていたのにママである自分の顔を見たとたん泣き出してしまったって。ママの顔わかってないのねって。

でも、私にはママの顔を見て安心して「早く抱っこしてぇ」って泣いているみたいに思ったのでそのまま友だちに言ったら「あーそうなんだ」って。

だってママが抱っこしたら「ヒックヒック」言いながらもほんとに安心したみたいに気持ちよさそうに抱かさっていましたからね。赤ちゃんってほんとによくわかってるんですよね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。