赤ちゃんの便が緑色だけど大丈夫?危険なうんちは何色?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オムツを替えてもらう赤ちゃん

離乳食前の赤ちゃんのうんちは黄色だと思っていたのに緑色の便になっているとギョッとしてしまうかもしれませんが、たまに緑色のうんちが出ても心配いりません。今回は、うんちが緑色になる理由など気になる赤ちゃんの便についてまとめてみました。

Sponsored Links

赤ちゃんのうんちの色は何色?

うんちは健康のバロメーターであるのは赤ちゃんも大人も同じです。

ただ、離乳食前までの赤ちゃんのうんちは大人のうんちとはずいぶん違っています。

離乳食が始まる前、ミルクや母乳を飲んでいる赤ちゃんのうんちは黄色か黄緑色をしています。

そして、新生児期のうんちは大人の便からするとまるで下痢かと思うようなうんちです。

赤ちゃんの消化器官は未熟なのですぐ下痢をしてしまうことがありますが、離乳食が始まる前のうんちはもともと水分が多く下痢のようなうんちなのです。

赤ちゃんのうんちは大人のうんちとは違ってなぜ黄色なのでしょう。

赤ちゃんのうんちが黄色いのは肝臓から出ている胆汁色素のビリルビンの色がそのまま出て来るからなのです。ビリルビンは黄色なのですね。

ですから、通常、離乳食が始まる前のミルクや母乳だけの赤ちゃんのうんちは基本的に黄色ですが、いろいろなバリエーションの色があり、淡い黄色だったり、黄緑色っぽかったり、濃い鮮やかな黄色だったりします。

Sponsored Links

赤ちゃんの便が緑になるのは体調不良?

離乳食前の赤ちゃんのうんちは黄色だと思っていたのに、ある日おむつを替えようとしたときに緑色のうんちになっているとびっくりしてしまいますね。

緑色のうんちが何日も続いたらどこか異常があるのではないかと心配になるかもしれません。

実は、離乳食前の赤ちゃんのうんちが緑色になるのはそんなに珍しいことではないのです。

うんちが長いこと赤ちゃんのお腹の中にたまっていたり、ガスが多かったりすると酸化して緑色になるのです。

緑色のうんちになった前のことを思い出してみてください。

うんちはいつも通りに出ていましたか。

うんちの回数が減っていたのなら、うんちがお腹の中にいつもより長くたまっていて、それで酸化して緑色になったのかもしれませんね。

また、赤ちゃんの腸の中にも乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌がいるのですが、その腸内細菌が変化したり、腸の中の酸性度の違いによってうんちが緑色になることもあります。

これはミルクであっても母乳であっても関係なく起こるのですが、母乳の場合の方が多いといえます。

母乳の場合は母乳に含まれている乳糖が乳酸菌の生成を促進するのでうんちが酸性になりやすいのです。

それで母乳の場合には緑色になりやすいのですね。緑色のうんちのときには甘酸っぱい臭いがするでしょう。

Sponsored Links

こんな色のうんちが出たら要注意!

赤ちゃんのうんちの色が黄色のバリエーションや緑色の場合には心配いりません。

ただし、赤や白、黒っぽいといったときには注意が必要です。

赤色のうんち

離乳食が始まって赤色のうんちが出るときには、トマトやニンジンなど食べたものの色がそのまま出て来ている場合もあるので、それは心配いりません。

ただし、離乳食開始前に赤色のうんちが出てきたときは出血している可能性があります。

消化管からの出血の場合もありますし、便秘気味で肛門が切れて血が混じっている場合もあります。

もし機嫌が悪ければ消化管からの出血かもしれないので要注意です。

赤いジャムのようなうんちが出て急に泣き出したときは腸重積かもしれません。

うんちがついているおむつを持って受診しましょう。

ただ、赤ちゃんの機嫌がよくてずっと続くのでなければそう慌てることはありません。

赤ちゃんの機嫌をよく見てあげてくださいね。

黒いうんち

黒いうんちの場合も血が混じっています。

肛門が切れたりしてその血が混じっている場合は赤い色ですが、消化管の出血は黒い色になります。

ただ、生まれたばかりの赤ちゃんのうんちも黒いのですが、これは胎便といっておかあさんのお腹の中にいたときに腸の中にたまったカスなので心配いりません。

Sponsored Links

白いうんち

白い粒粒のようなものが混じっているときも心配いらないでしょう。

ミルクや母乳の成分が他の成分に反応してできた粒粒です。腸の粘液が混じることもありますが、異常ではありません。

また、全体が白っぽくても黄色みを帯びていれば心配いりません。

もし、うんちが全体的に白っぽくて酸っぱい臭いがするときはウイルス感染している場合があります。

また、新生児期に灰白色のうんちが出たときは胆汁が分泌していない可能性があり、胆道閉鎖や胆道狭窄の疑いがあることもあります。

赤、黒、白のうんちのときは受診を

赤ちゃんの黄色や緑色のうんちは心配いりませんが、赤、黒、白のうんちが出たときは早めに受診したほうがいいでしょう。

受診するときはうんちのついたオムツを持っていくといいですね。うんちの色の観察も大事ですが、赤ちゃんの全身の様子も観察するようにしてくださいね。

いつもとは違う色のうんちでも食欲があって、機嫌がよければほとんどの場合は問題ありません。

またいつもと同じようなうんちであっても親の直感のようなものが働いて、何かおかしい、いつもと違うと感じることもあります。

そんなときは受診したほうがよいかもしれません。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。