赤ちゃんのうんちが黒い!どうして?離乳食前後で異なる原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オムツを替えてもらう赤ちゃん

赤ちゃんのうんちは黄色のはずなのに中に黒いものが混ざっているとびっくりしますね。赤ちゃんのうんちに黒いものが混ざるのは離乳食前後によって原因が異なることがあります。赤ちゃんのうんちに黒いものが混ざる原因や対処法についてまとめました。

Sponsored Links

赤ちゃんのうんちに黒いものが!

赤ちゃんのうんちも大人と同じで健康のバロメーターです。

赤ちゃんのうんちは黄色いものだと思っていると他の色のうんちが出て来るとびっくりしますね。

生まれたばかりの赤ちゃんのうんちが黒い

生まれてすぐ母子同室になる産院の場合には生まれてすぐから赤ちゃんのお世話が始まります。

そういった場合には生まれたばかりの赤ちゃんの黒いうんちを見ることがあるかもしれません。びっくりするかもしれませんが、全然心配いりませんよ。

赤ちゃんの初めてのうんちは緑色っぽい黒い色をしています。おかあさんのお腹の中にいたときに飲んだ羊水に含まれていたものやいろいろな老廃物が含まれているので黒い色をしているのです。

胎内にいたときのものが出て来るので赤ちゃんにとって初めてのこの黒いうんちのことを「胎便」といいます。

2,3日でだんだん茶色っぽくなってきておっぱいを飲み始めるころになると黄色に変わります。

Sponsored Links

離乳食はまだなのにうんちの中に黒いものが!

離乳食でいろいろなものを食べ出すとうんちの色が変わるかもしれないというのはわかりますよね。

ところが、おっぱいやミルクしか飲んでいないのにうんちに黒いぶつぶつが混ざっているとびっくりするでしょう。

実は便秘気味で長時間お腹の中に便が溜まった状態だと酸化して黒い便になることもあるのです。

おっぱいやミルクに含まれている乳糖が腸内で発酵して酸化して黒くなるのですね。

また黒いつぶつぶは新陳代謝によって腸の内側の膜の組織などが剥がれ落ちたものが混ざっているからではないかと考えられることもあるようです。

またおっぱいを飲ませていておかあさんの乳首が傷ついて血が滲んでいておっぱいに血が混じっているとそれが原因でうんちに黒いものが混ざることもあります。

また完全母乳の場合にはうんちがゆるいために腸壁が少し傷つくことがありそれが原因になっていることもあるようです。

まれにしかありませんが、鼻血を飲み込んでそれがうんちに混じって黒くなることもあります。

ただし、うんちに黒いものが混じるときは消化器が炎症を起こして出血している場合もあるので、何度も黒い便が続くようであれば大事をとって受診してみたほうがいいでしょう。

Sponsored Links

離乳食が始まってからのうんち

離乳食が始まってからは食べたものがうんちに出て来ることがあったり、食べたものによってうんちの色が変わったりします。

黒いぶつぶつとか黒い繊維状のものが混じっていたときにはその前に何を食べたか思い出してみてください。

バナナを食べたあとにはよく黒いものが混じっていることがあります。

まさかバナナでうんちに黒いものが混じるとは思わないでしょうから、初めてのときは驚いてしまうかもしれません。

ホウレンソウなどの緑黄色野菜であれば緑色のものが混ざるかもかもしれないと思うかもしれませんが、腸内で酸化して黒っぽい色になることもあって、黒っぽい緑のものが混じることもあります。

消化しきれなかった食べたものがうんちに混じって出て来るのですね。消化しきれないといっても最初の内はいろいろな食べ物を食べてどう消化するかを消化器官もお勉強中といったところなので心配いりませんよ。

離乳食が始まってしばらくするとミルクやおっぱいが少なくなり、どうしても水分不足になりがちなのでうんちも硬くなって便秘気味になりがちです。

便秘気味になるとうんちをするときにいきんだりして肛門が傷ついて出血し、うんちに混じって出て来ることもあります。

離乳食が始まってミルクやおっぱいの量が減ったときは水分補給にも気をつけましょう。

また、うんちの中の黒いものの正体が何かの繊維だったりすることもあります。服や布団などの細かい繊維が口の中に入ってうんちといっしょに出て来ることがあるのですね。

ときにおかあさんの髪の毛が混じってしまっていることもあるようですよ。

Sponsored Links

赤ちゃんのうんちは黄色とは限らない

赤ちゃんのうんちは黄色と思っていると他の色のうんちのときには心配になります。

赤ちゃんのうんちは以上のように黒い場合もあってほとんどの場合は心配いりません。

またお腹の中にうんちが長くたまっていると酸化して黒くなることが多いのですが、ときに緑色になることもあります。

腸内環境の違いで色が変わるのですね。ですから、緑色のうんちであっても赤ちゃんの機嫌がよければ何ら問題はありません。

> 赤ちゃんの便が緑色だけど大丈夫?危険なうんちは何色?

受診したほうがよいとき

赤ちゃんのうんちの中に黒いものが混じっていたり、うんち自体が黒い色をしているときでも1~2回程度であれば心配いりません。

もし何回も続くようであれば内臓のどこかが出血している可能性もあります。

赤ちゃんのうんちの色で気をつけたいのは赤いものを食べていないのに真っ赤なうんちのとき、黒いうんちでもタール便のようなとき、また白っぽい便のときなどは気をつけたほうがいいでしょう。

うんちの状態がいつもの違うときには赤ちゃんの全身の状態もよくみてあげてください。

機嫌が悪かったり、お腹を痛そうにして泣いていたり、食欲がない、熱があったりするときには感染症にかかっていたり、食物アレルギーの場合もあります。

そんなときは小児科を受診してください。うんちのおむつをビニル袋に入れて病院に持っていきましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。