新生児ニキビが顔や体にできる原因とすぐに出来る5つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんのニキビ

新生児の赤ちゃんの肌はスベスベできれいと思っていたのに、ふと顔や体にニキビのようなものができているとびっくりしてしまいますよね。母乳やミルクがよくないのかと心配になるおかあさんが多いですが、新生児の場合もニキビができる原因は様々です。今回は新生児ニキビが顔や体にできる原因と対処法をまとめてみたのでじょうずにケアしてあげてくださいね。

Sponsored Links

新生児の顔や体にニキビができる意外な原因とは

生後間もない赤ちゃんの顔や首、胸などに、赤いぽつぽつとしたしたニキビ状のものができることがあります。

まるで思春期のニキビみたいで心配になりますが、生後2~3ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんにはできやすいので安心してください。

成長と共に自然に落ち着いてくるので心配はいりません。顔の場合も頬やおでこだけでなく髪の生え際や口の周りにできることもあります。

お腹の中にいたときのホルモンの影響?

新生児期は、お母さんのお腹の中で受けたホルモンの影響により、皮脂の分泌量が増えます。

ところが、新生児の皮膚の皮脂腺は細くて、まだ十分に機能しないため、余分な皮脂を上手く排出することができません。

そのため皮脂で毛穴が詰まってしまってニキビの原因となるのです。

また母乳育児の場合には母乳に含まれるホルモンの影響で新生児ニキビができやすくなります。

新生児ニキビの原因がおかあさんのお腹にいたときのホルモンの影響とか母乳に含まれるホルモンの影響といわれると自分を責めてしまうおかあさんも多いようです。

しかし、これは自然現象であり、3ヶ月ごろになると新陳代謝のサイクルも発達してきて自然に治まってしまうことが多いので、できるだけおおらかな気持ちでこのページの後半で紹介しているケアをしてあげてみてください。

Sponsored Links

肌への刺激でできることも

新生児は寝返りができないので同じ姿勢で一日の大半をお布団の上で過ごすことになります。

顔を動かすとどうしてもシーツやタオルに肌がこすれてしまいます。

顔がシーツなどにこすれる度に肌が刺激されるだけでなく、そのシーツやタオルが汚れているとその汚れに敏感に反応してニキビができやすくなります。

赤ちゃんの顔にニキビができた時は、寝る時に敷いているシーツやタオルもこまめに洗濯するようにしましょう。

また、体を動かす度に首や胸も肌着にこすれます。そのため、体にできるニキビは肌着にこすれることが原因の場合もあるので、肌着が汚れていると汚れに反応してニキビができやすくなります。

すぐに実践できる新生児ニキビの対処法

新生児のニキビには、いくつか対処法がありますが、神経質にならずにできることをしてあげましょう。

シーツやタオル、肌着は清潔に

先ほども少し触れましたが、まずは赤ちゃんの肌にあたるものを清潔にしておくようにしましょう。

赤ちゃんの顔に触れる布団やシーツ、タオルや肌着、顔をふくガーゼなどはこまめに洗濯したり、干したりして清潔にしておきましょう。

また、赤ちゃんの頭の下には、肌に優しい素材のタオルやガーゼを敷いてこまめに取り換えてあげるといいですね。

Sponsored Links

余分な皮脂を流す

顔などに皮脂が溜まっていると毛穴が詰まってニキビができやすくなります。余分な皮脂を流してあげることも大事です。

沐浴時には石鹸を十分に泡立てて顔に乗せ、指先で優しく円を描くように洗い、あとは泡が残らないように十分流してあげましょう。体も同じように洗ってあげましょう。

やさしく洗ってあげてゴシゴシこすらないようにしてくださいね。

石鹸は刺激の少ないベビー用を使いましょう。石鹸で洗った後の乾燥がひどい場合には低刺激のベビーローションやクリームで保湿してあげるといいですね。

肌を清潔に

赤ちゃんは暑がりですが、特に夏場は汗をかきやすく、雑菌の繁殖によりニキビがひどくなることがあります。ガーゼでこまめに汗を拭いてあげたり、着替えをしてあげましょう。

かさぶたができていても無理にはがしてはいけません。無理にはがすとニキビが悪化する可能性があるのでその部分はそっとしておきます。

かさぶたのようになってくるとどうしても気になってしまうかもしれませんが、沐浴時に洗っているとふやけて自然に取れてくるのでそれまでは触らないようにしましょう。

ニキビができても、症状が軽いうちにきちんとケアすればすぐ病院にかからなくても大丈夫です。

Sponsored Links

爪を切る

赤ちゃんの爪はすぐに伸びるのでこまめに切ってあげてください。

治りかけていたのに爪でひっかいて傷になってそこからばい菌が入ってしまうこともあります。またせっかくかさぶたになったところをひっかけてはがしてしまうなんてことになったら困りますね。

ちょっと伸びたかなと思ったら、寝ているときに赤ちゃん用の爪切りで切ってあげてくださいね。

大人用の爪切りでは深爪の危険性があるので赤ちゃん用の爪切りを使いましょう。

 ひどくなったら早めに受診

初めは赤いぼつぼつだったニキビがもっと赤く腫れたり、ジュクジュクしてきて黄色の膿が出て来ることがあります。

また、広範囲に広がってカサカサになってしまうこともあります。そんなときは皮膚科や小児科を受診して、薬を処方してもらったほうが治りが早くなります。

新生児ニキビが治るのはいつごろ?

一体いつまでニキビが続くのかと不安になるお母さんもいるでしょう。生後3ヶ月ころになると自然に治ってくることが多いですね。

3ヶ月ころになると赤ちゃんの皮脂腺が発達して、毛穴に溜まった皮脂を上手に排出できるようになり、母体から受け取ったホルモン量が減ってくることにより新生児ニキビも治まってきます。

ですから、あまり心配せずに肌を清潔な状態のままキープできるよう、こまめにケアをして様子をみてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。