赤ちゃんのおならの回数が多いしくさい!臭いの元は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オムツを履いた赤ちゃん

我が子であれば赤ちゃんのウンチもおならもかわいいと思うのが親心。ところが、赤ちゃんってときどきとっても臭いおならをするときがありますね。それに回数も多くなると少し心配になるかもしれません。赤ちゃんのおならが臭くなったり回数が多くなる理由とその対処法についてまとめてみました。

Sponsored Links

赤ちゃんはおならが多くて、臭い?

赤ちゃんのおならの回数は大人並みです。寝ていてもおならをして自分のおならでびっくりして起きて泣いてしまうこともあります。

ときには両足とお尻を持ち上げて豪快におならをするきときもありますね。新生児のおならはだいたいそんなにくさい臭いはしません。

新生児期のウンチは酸っぱいような臭いですが、おならもだいたい同じような臭いです。

新生児期はミルクや母乳を飲んでからお腹の中に滞在している時間が短いのですぐにうんちになって出てきます。

だからおならもそんなにくさい臭いを発しないのです。また、ミルクや母乳を飲むときに空気もいっしょに飲み込むのでげっぷのかわりにおならで出す場合もあります。

一般的にミルクの赤ちゃんよりも母乳の赤ちゃんのほうがおならの回数も多いようです。

母乳が腸管に届くと母乳からガスが発生するからなのです。おならがよく出るのは腸が正常に働いているからです。

Sponsored Links

どうしておならがくさくなる?

おならがくさくなるころの便の回数はどうでしょう。それまでよりも回数が減ってはいませんか。

便の状態はどうでしょう。ミルクや母乳の腸内の滞在時間が長くなってくるとガスによる酸化が起きて便の色が変わることがあります。

成長とともに腸内環境も変化してくるので便もおならもくさくなってくるのです。

早い場合には腸内環境が変化してくる生後2~3ヵ月ころからくさいおならをするようになります。

おならがくさくなるのは赤ちゃんが成長しているからなんですね。離乳食が始まっていろいろなものを食べるようになるとうんちの形やにおいもだんだん大人のようになってきます。

くさいおならももっと増えるかもしれませんがこれも赤ちゃんの成長の証しです。

母乳の場合はおかあさんの食べたものが関係することも

母乳の場合にはおかあさんの食べたものによっておならがくさくなることもあります。

おかあさんがカロリーの高いものや発酵食品を多くとりすぎるとおならがくさくなることもあります。

おならや便におかあさんの食べたものの影響が必ず出るわけではありませんが、たまにそういうこともあるということです。

Sponsored Links

におい対策は便秘対策

あかちゃんのおならがくさいときには便秘をしている場合があります。そんなときは便秘を解消してあげることです。

おなかを「の」の字を書くようにやさしくマッサージしてあげるのもいいでしょう。オイルや石鹸を塗った綿棒で肛門を刺激する方法もあります。

綿棒を肛門に入れて2~3分ほどクルクルと刺激するのですが、肛門に綿棒を入れるのに不安があるときには綿棒の先から2㎝ぐらいのところのマジックなどで印をつけておいてそこまで入れる目安としましょう。

この綿棒浣腸であれば赤ちゃんに負担をかけずに便を促すことができます。

> 赤ちゃんが便秘の時は綿棒浣腸|失敗しない方法とは

おならが多いときは病院に行く?

おならの回数があまりに多く、げっぷが出にくい、ミルクや母乳を吐く、いつもお腹がはっているようなときは受診したほうがよいときもあります。

新生児にこのような症状があるときには「胃軸捻転」を起こしている場合があるからです。

「胃軸捻転」は立って歩くようになる1歳ごろには自然とよくなることが多いのですが、気になるようであれば受診しましょう。

便やおならの状態を日ごろからよく把握しておくとちょっとした異常も早めに発見することができ早めの対応をすることができますね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。