赤ちゃんの蕁麻疹は寒暖差でも出る!症状改善のために工夫すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
体に湿疹ができた赤ちゃん

寒暖差で出る蕁麻疹には寒冷蕁麻疹と温熱蕁麻疹がありますが、赤ちゃんも寒暖差で蕁麻疹が出ることがあります。赤ちゃんに蕁麻疹が出る原因や対処法についてまとめました。

Sponsored Links

赤ちゃんが寒暖差で蕁麻疹が出るのはなぜ?

赤ちゃんの皮膚はデリケートで免疫機能も不完全なため、外部からの刺激に弱くなっています。

皮膚が急に冷やされたり、急に温められたりすると、その温度差が刺激になって蕁麻疹がおきるのです。

急な温度変化で肥満細胞が刺激されるとヒスタミンが放出されます。このヒスタミンによって皮膚が赤く腫れてかゆみも出てくるのです。

寒冷蕁麻疹について

体が急に冷やされたとき、その温度差が刺激となっておきる蕁麻疹を寒冷蕁麻疹といいます。

体全体が冷えたときだけでなく、体の一部分が冷えたときにも蕁麻疹がおきることがあります。

寒冷蕁麻疹が出やすいのは次のようなときです。

  • 冬、戸外で冷たい風にあたったとき
  • 冬、暖かいお風呂場から寒い脱衣場に来たとき
  • 薄着や防寒が不十分で寒い思いをしたとき
  • スキー場など非常に寒い場所に行ったとき
  • 暖かい室内から寒い外へ出たとき

など、さらに冬は寒いだけでなく空気も乾燥しているので肌への刺激が強くなりやすいのです。

ところが暑い夏でも寒冷蕁麻疹が出ることがあります。

  • 冷たいプールやシャワーを浴びたとき
  • クーラーやドライヤーの冷気に触れたとき
  • 冷たいアイスや冷えたジュースなどを食べたり飲んだりしたとき
  • 汗をかいたあとそのままにしていてからだが冷えたとき
  • 冷房の効いた部屋に入ったとき

など急な温度差を感じると腕や足、顔など体の露出しているところに寒冷蕁麻疹が出ることがあるのです。

Sponsored Links

寒冷蕁麻疹の症状

鳥肌のような小さなブツブツから始まることが多いようです。

普通の蕁麻疹よりブツブツが細かいのが特徴です。

体の冷えた所だけに出る局所性蕁麻疹と、体全体に細かい赤みと膨らみが出る全身性蕁麻疹があります。

かゆみがあるので無意識に引っ掻いてしまい、症状を悪化させてしまうこともあります。

ほとんどの蕁麻疹は数分から数時間で消えてしまいますが、出たり消えたりを繰り返しながらだんだんと消えていくものもあります。

通常は様子を見ているだけで大丈夫ですが、呼吸困難、めまい、意識障害、全身のむくみ、のどの強いかゆみ、嘔吐や下痢、腹痛などなどの症状が出たら急いで皮膚科の診察を受けてください。

寒冷蕁麻疹の対処法

ほとんどの場合、蕁麻疹は数時間以内に自然に消えてしまうので特にケアの必要はありませんが、なかには症状がひどくなることもあるので、赤ちゃんの様子を注意して観察してください。

寒冷蕁麻疹が出たときは、かかないように気をつけて寒いところや冷たいものから離れることが大事です。

できるだけ暖かい場所に行き、冷えた体を温めてあげてください。

またかゆみが強いと赤ちゃんはかきむしってしまいます。

皮膚を傷つけないように爪は短く切っておきましょう。

症状がひどく赤ちゃんがかゆがってつらい場合は、皮膚科の診察を受けましょう。

寒冷蕁麻疹を予防するには、急な温度変化や皮膚への刺激をさけるように工夫するのが一番です。

  • 脱衣場や着替えは前もって温めておく
  • 長湯やゴシゴシ洗うことは控える
  • 外に出るときは、冷たい風があたらないように露出部分を少なくする
  • かゆくなりにくい素材の暖かい服を着せる
  • 汗をかいたらすぐにふき、着替えさせる
  • 部屋や自動車内の冷やし過ぎに注意するとともに、冷気の吹き出し口に近づけないようにする
  • 冷たい食べものや飲み物を一気に食べたり飲んだりしないよう少しずつ与える

など寒冷蕁麻疹の予防のために普段の生活のなかで気をつけてください。

Sponsored Links

温熱蕁麻疹について

急な温度変化で皮膚の温度が急激に上がり、かゆみや湿疹が出るのを温熱蕁麻疹といいます。

温熱蕁麻疹が出やすいのは肌が熱を持ちやすい状況になったときです。

  • 寒い屋外から暖かい室内に入ったとき
  • 体が冷えているとき、いきなり熱いお風呂に入ったとき
  • 暖房機の温風が直接当たったところ、湯たんぽやカイロなどが直接触れたところ
  • 特に冬場、運動をしたあと皮膚の温度が上がることによる

などにより、温熱蕁麻疹がでることがあります。

温熱蕁麻疹の症状

小さなブツブツが体に出ると同時に強いかゆみを伴います。

小さなブツブツが固まって大きく腫れることもあります。

通常は症状が現れてから数十分以内で消えてしまいます。

しかしなかには、皮膚の表面だけに症状が出るのではなく、喉の痛み、呼吸困難、内蔵に影響が出ることがあります。

Sponsored Links

温熱蕁麻疹の対処法

かゆみが強いので赤ちゃんがかきむしり、症状を悪化させることのないよう注意し、様子を見ましょう。

まずは冷たいタオルなどで患部を冷やしかゆみを止めてあげましょう。

蕁麻疹がおさまるまで、体温の上昇や皮膚への刺激を避けるため、できるだけ静かに過ごさせましょう。

体が温まるとかゆくなるので、お風呂のお湯はぬるめにして短時間で入れるか、できればシャワーにするといいでしょう。

さらに皮膚を刺激するとかゆみが出やすいので、体はゴシゴシこすらないようにしましょう。

温度差が刺激になるので、体が急に熱くならないよう工夫してください。

それでも蕁麻疹がなかなか収まらなかったり、強いかゆみに我慢できないときは、皮膚科を受診しましょう。

寒暖差による蕁麻疹は治る?

寒暖差による蕁麻疹は自律神経と関係があるといわれています。

赤ちゃんのころに温度差で蕁麻疹が出ていても成長して自律神経が発達するとともによくなっていきます。

それまではできるだけ激しい症状が出ないよう、刺激を少なくする工夫をして様子を見ていきましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。