幼児の高熱が続くけど大丈夫?病院に行った方がいい場合とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
風邪で寝込む女の子

子どもは生後6ヶ月を過ぎたころから3歳くらいになるまではよく高熱を出します。幼児の場合は平熱自体が高いことが多いので、40度以上の高熱も出やすいのですね。また、幼児が高熱を出すとけいれんを起こすこともあります。幼児が高熱を出す原因や症状、その対処法についてご紹介します。

Sponsored Links

幼児が高熱を出す原因とは?

幼児が発熱するのはほとんどの場合、風邪でしょう。

熱が出ることはけっして悪いことではなく、体内に侵入した病原菌をやっつけるために熱が出ているので熱を下げればよいというものではありません。

40度以上の高熱が続くときには麻疹や水疱瘡やおたふく風邪、インフルエンザなどの場合もあります。

発熱、咳、鼻水、喉の痛みなどの風邪症状以外の症状が現れていないか、よく見てあげてくださいね。

幼児の高熱が続くときの対処法

幼児が、熱があるというのは何度以上のことをいうのでしょう。体温は測る時間、測り方によっても異なります。

年齢が低いほど平熱は高く、一般的に朝低く夕方になるとあがります。個人差もあるので自分のお子さんの平熱は知っておいてくださいね。

一般的には、わきの下ではかって37.5度以上あるとき、平熱より1度以上高いときを熱があるといいます。

40度以上の高熱が続いていても普通の風邪であれば子どもは案外元気があるものです。

多少食欲がなくても水分補給がしっかりできていて夜も眠れて、日中遊ぶ元気があるようであれば高熱が続いていてもほとんど心配ないでしょう。

ただし、高熱が3日以上続く場合は、病院を受診したほうがいい場合もあります。

> 子供が高熱で頭痛があるけど脳への影響は?症状別3つの対処法

Sponsored Links

こんなときは受診した方がいい

高熱が3日以上続いてる場合には受診したほうがよいかもしれません。

たいていの感染症は高熱が続いても3日ほどすれば熱が下がるので、それ以上高熱が続いている場合は合併症を引き起こしている可能性があるかもしれないからです。

また、高熱でなくても、元気がなくぐったりしていたり、発熱だけでなく、喉の痛みや鼻水、咳などの他の症状がひどい場合には、かかりつけの医師に相談したほうがいいでしょう。

幼児の高熱が続くときの解熱剤は?

小児科医によっては高熱が続く場合であっても解熱剤を処方しないこともあります。

熱が出ているのはからだの防衛反応なので解熱剤で無理に下げる必要はなく、自然に下がるのを待っているのが一番いいのです。

熱があるときにはゆっくり休ませてあげましょう。放熱のためには局所的に冷やすよりも薄着にして涼しくして寝かせるほうがよいですね。

高熱が続くと脳に障害が出るのではないかと心配するかもしれませんが、熱だけで脳に障害がおこることはありません。

ただし、機嫌が悪くて眠れなかったり、水分摂取ができないときには一時的に熱を下げるとよい場合もあります。解熱剤の処方、使用に関しては医師とよく相談してくださいね。

夜に高熱が出たときは

日中熱が下がっていても夜になると高熱にある場合もありますが、夜間に急に高熱が出たからといって、熱があるだけで夜間救急に連れて行かなくてはならないほど急を要することはほとんどありません。

夜間救急で連れて行かなければならないほど急を要するのは次のようなときです。

  • 意識がはっきりしていない
  • 呼びかけたり、体をたたいても反応がない
  • 嘔吐してぐったりしている
  • 呼吸困難を起こしている
  • けいれんが10分以上続いたり、何回も繰り返す

上記のような症状がなくても高熱が続いていて心配なときは診察時間内に連れて行くようにしましょう。

Sponsored Links

自宅で出来る対処法

自宅でできる対処方法としては、しっかりと水分を補給させるということです。

高熱が続くとどうしても脱水症状が起こりやすくなります。

そのため、水分補給が大切です。赤ちゃんの場合にはミルクや母乳で十分です。

水だとあまり飲まない場合はスポーツ飲料を少し薄めて与えるようにしましょう。汗をかいたら体を拭いてあげて着替えさせてくださいね。

熱があるときには安静に

幼児は高熱が続いていても元気ならすぐに遊びたがりますが、熱があるときにはできるだけ静かにさせておきましょう。布団に寝せられるなら、それが一番です。

もし、なかなか布団に寝てくれない場合でもソファに寝かせたり、本を読んだり、お話をしてあげるなど工夫してなるべく安静にしていられるようにしてあげましょう。

食欲がない場合には無理に食べさせることはありませんが、何か食べたがるときにはお粥やすりおろしりんごなど食べやすいものをあげましょう。

高熱が続くと心配になるかもしれませんが、たいていの場合は数日すると下がります。慌てず冷静に対処しましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。