新生児の頭が長いけど大丈夫?変形する原因と3つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんの髪の毛

生まれてしばらくたっているのに「うちの赤ちゃん、頭が長いかも」と感じるおかあさんがいるかもしれません。心配になって病院に行く方もいるようですが、新生児の頭が長いのは、案外よくあることなのです。今回は、新生児の赤ちゃんの頭が長くなる原因と対処法についてまとめてみました。

Sponsored Links

赤ちゃんの頭が長くてびっくり!

出産直後、初めて対面した赤ちゃんの頭が長くてびっくりしているおかあさんはいませんか。

少ししたらきっとまぁるくなるだろうと思っていたのに1ヶ月たっても2ヶ月たっても長いままだと心配になってしまいますね。

実は生まれたばかりの赤ちゃんの頭が長いのはそう珍しいことではありません。

数日後には気にならないくらいにまでなる子もいれば1ヶ月、2ヶ月、中には半年ぐらいたってやっとまぁるくなってくる赤ちゃんもいます。

なぜ生まれたばかりの赤ちゃんの頭は長いのでしょうか。

新生児の頭が長い原因

帝王切開や経腟分娩でも短時間でつるんと生まれてきた赤ちゃんの頭はとてもきれいな形をしている赤ちゃんが多いですね。

経腟分娩の場合には何かしらの理由で赤ちゃんが長い時間産道にとどまっていたり、最後に鉗子分娩や吸引分娩になったりすると頭が長くなります。

赤ちゃんは生まれてくるときに細長い産道を通ってくるので大きな頭が産道を通りやすいように細長くなってしまうのです。

また、鉗子でひっぱたり吸引したりすると頭が長くなったりたんこぶみたいなものができたりすることもあります。

Sponsored Links

赤ちゃんの頭の骨は変形する

頭の骨は4枚のプレートのような骨なのですが、新生児期にはまだそれがくっついていないのです。

生まれてくるときも細い産道の中を通りやすいようにその4枚の骨のプレートが重なり合って頭が細長くなるのですね。

生まれた直後の頭の形が長くてもたいていは1週間もすればなおるのですが、半年以上かかる場合もあります。

寝かせ方や向き癖

新生児の寝かせ方によって頭が変形することもあります。右もしくは左だけ後頭部が平らに長くなってしまい、左右非対称の形になることもあります。

これは赤ちゃんがどちらか一方だけをずっと向いていたことによるものです。

赤ちゃんによってはどちらか一方に向きやすいという向き癖がある子もいます。

産道を通ってくるときに頭の骨が微妙に歪んでしまうのでそれが向き癖につながってくるようです。同じ方向ばかり向きたがるのですね。

Sponsored Links

新生児の頭が長いときの対処法

頭の変形を直すには向き癖に対処することです。つまり、同じ方向ばかり向いてしまう赤ちゃんは寝かせ方に気を付けてあげることです。

新生児期は頭の骨がまだ柔らかいので、外から少しの力が加わるだけでも骨の形はかわります。同じ方向ばかり見ないように工夫してあげましょう。

ドーナツ枕を使ったり、向き癖のある反対側を向かせて頭から腰にかけてバスタオルを筒状に丸めて当てたり、向き癖のある側と反対側に気を引くおもちゃを置いたり、呼びかけてみたりするのもいいでしょう。

それでもどうしても癖があるのでなかなか難しいかもしれませんね。気をつけてこまめに反対側を向かせてあげてくださいね。

首が座ってきたら時々うつ伏せに

とにかく、長時間同じ向きで寝かせておかないようにしてあげることです。抱っこするときも同じ側で抱っこせずにかわりばんこにしてあげます。

首がすわって反ることができるようになったら、時にはうつぶせにしてあげてください。

> 赤ちゃんにうつ伏せの練習は必要?首の座りが早くなる?

ベビーピローを使う

ドーナツの形をしたベビーピローに寝かせると後頭部に圧力がかかりにくくなります。

ベビーピローは赤ちゃんにフィットしやすく、柔らかくて首を圧迫しない高さのちょうどよいものを選んであげるようにしましょう。

Sponsored Links

タオルを使って向き癖を直す

赤ちゃんがいつも同じ方向を向いてしまう、向き癖を直すにはバスタオルを丸めて筒状にして敷布団と赤ちゃんの間に挟んであげるといいでしょう。

背中に壁を作ってあげていつも向いている方と反対側に方を向かせてあげます。

いつも向いている方向とは逆、赤ちゃんの頭が出っ張っている部分を下にすると、重みで徐々に元の形へと戻っていきます。

上記にも書きましたが、赤ちゃんの向き癖対策には、反対の方向から赤ちゃんを呼んでみたり、反対側に音が出たり光るおもちゃなどを置いて気を引くことも効果的です。

リモルディング・ヘルメットを使う

日本ではあまり見かけませんが、海外では新生児期から幼児期の赤ちゃんの頭の形の矯正にリモルディング・ヘルメットという革製の矯正ヘルメットを使うこともあるようです。

海外では絶壁頭はよくないという価値観があるからなのですね。

お風呂の時以外ほぼ一日中装着していなくてはいけないこと、高価であることなどから日本では使っている方は少ないようです。

たいていは自然に整う

仰向けでしか寝ていられない時期を過ぎて、寝返りを打つようになったり、ハイハイしたり、座っていられるようになると頭の形もずいぶん変わってきます。

半年もたてばきれいな形に整っていく場合が多いのであまり心配しすぎないようにしてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。