赤ちゃんの頭皮がカサカサになる主な2つの原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
今にも泣きそうな赤ちゃん

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートなので、少しの刺激でもすぐ肌トラブルを起こします。髪の毛でカバーされているはずの頭皮も荒れやすいので注意が必要です。今回は、赤ちゃんの頭皮がカサカサになる原因と対処法についてまとめてみました。

Sponsored Links

赤ちゃんの頭皮がカサカサになる原因

生まれてから3ヶ月頃までになるのは乳児脂漏性湿疹

赤ちゃんの頭皮は月齢によって肌質が変化していきます

生後すぐから3ヶ月頃までは、頭皮の新陳代謝が盛んなだけでなく、おかあさんからの女性ホルモンの影響も残っているために皮脂の分泌量が多くなっています。

その上毛穴が未発達なので詰まりやすく、赤ちゃんは汗っかきなので大量の汗と過剰な皮脂で皮膚が刺激を受けて乳児脂漏性湿疹が起こります。

毛穴が未発達なので毛穴に溜まった汗や皮脂をうまく排出することができずに詰まってしまうのですね。

患部には黄色っぽいかさぶたができて、うまく剥がれ落ちない古い角質がフケとなって固まって頭皮を覆い、かさつきがひどくなってしまいます。

生後3ヶ月頃からは逆に乾燥がひどくなる

その後皮脂の分泌量は極端に減っていき、今度は皮脂量が大人の3分の1、肌の角質層の水分量は3分の2にまで激減して乾燥がひどくなってしまいます。

すると、頭皮がカサカサし始めて、乳児乾性湿疹を起こすようになります。

特に秋口から春先にかけて空気が乾燥するシーズンにその時期が重なると、頭皮の乾燥がかなり進んでしまいます。

頭皮がひび割れたりカサカサが刺激となってかゆみが増し、掻きむしって傷を作り、湿疹が悪化してしまうこともあります。

Sponsored Links

赤ちゃんの頭皮がカサカサする時の対処法

乳児脂漏性湿疹の場合

頭皮のカサカサの対処としては、乳児脂漏性湿疹の場合は毛穴に皮脂を溜めないことです。

また、乳児乾性湿疹の場合にはとにかく肌を乾燥させないようにすることが最優先になります。

乳児脂漏性湿疹の場合には、毎日の沐浴で保湿効果のあるベビーシャンプーを泡立て、頭皮を優しく撫でるように洗い、脂の塊を取り除いて清潔な状態にしてあげてください。

沐浴前にオイルを頭皮につけると、かさぶたがふやけて取り除きやすくなります。しばらくすると自然に湿疹が治まってくるので、それまではこまめにケアを続けましょう。

ただし汗をかいたからといって、1日何度もシャンプーで頭を洗うと頭皮の潤いに必要な皮脂まで洗い流されてしまうので乾燥がひどくなってしまいます。

暑い時期には一日に何度か沐浴をしたとしても、シャンプーを使うのは1日1回までにしたほうがいいでしょう。

乳児脂漏性湿疹の詳しい対処法は以下のページを参考にしてくださいね。

> 赤ちゃんの頭にかさぶたが!乳児脂漏性湿疹のケアと対処法

Sponsored Links

赤ちゃんの頭皮が乾燥している場合

頭皮が乾燥していてかさつきがひどいときにはシャンプーは使わずにお湯だけで洗ってあげたほうがいいですね。

シャンプーを使うと必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

ごしごしこすると頭皮を傷つけてしまうので、指の腹で頭皮をマッサージするようにソフトタッチで洗いましょう。

また、寒い時期でも熱いお湯を使うと水分の蒸発を招き、皮脂も流してしまうので、できれば頭を洗うのは38℃以下のぬるま湯の方がいいですね。

お風呂上りは急速に水分が失われていきます。

手早く軽くタオルで押さえるように水分を拭いたら、5分以内に赤ちゃんの肌に合うベビー保湿ローションやクリームを塗ってケアしてあげましょう。

乾燥性の湿疹の場合には頭皮だけでなくほっぺやお腹もカサカサになっていることがあります。

かさつきがひどい場合には入浴後だけでなく寝起きやおむつ交換の時など、1日数回は保湿剤を塗るなどしてこまめケアを忘れないようにしましょう。

脂漏性湿疹と乾燥性湿疹の場合には対処法が全く異なります。間違った対処をしていては返って治りが遅くなってしまいます。

赤ちゃんの頭皮の様子を観察して異常に早く気づいてあげましょう。

かかせないようにしていてもどうしても我慢できなくてかゆくてかいてしまっていたり、湿疹が広がるようであれば、一度皮膚科を受診して正しいケアの方法を確認したほうがいいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。