離乳食でたらはいつからあげるといい?扱い方と調理のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離乳食を食べる赤ちゃん

離乳食初期で魚を使う場合、鯛、ヒラメ、カレイなどの白身魚がいいのですが、気をつけなければいけないのがたらです。アレルギーがあるから使わないほうがいいとも言われたりしています。今回は離乳食でたらをいつから使ったらいいのかなどについてまとめてみました。

Sponsored Links

離乳食に白身魚を使いましょう 

白身魚は赤身魚や青皮魚より味が淡白で、脂肪分が少なく消化吸収がいいので、離乳食にはもってこいの食材です。

さらに白身魚には必須アミノ酸をバランスよく含む良質なタンパク質源です。必須アミノ酸は体内では作れず食品からしか摂取できません。

赤ちゃんの元気な身体をつくる栄養素なので、積極的に白身魚を使いましょう。

代表的な白身魚

代表的な魚は、鯛やヒラメ、カレイ、たら、鮭、ホッケなどです。

その中で赤ちゃんの白身魚デビューに一番適しているのが鯛です。脂肪分や塩分が少なく、アレルギーもほとんど心配ありません。

鯛に慣れたらヒラメやカレイも食べさせることができます。

さらに鯛やヒラメ、カレイに慣れたら、たらや鮭、ホッケなどの食物アレルギーやヒスタミン中毒の出る可能性がある白身魚を少しずつあげてみましょう。

白身魚はそれぞれの離乳食の時期に合った大きさに切ったり、すりつぶしたものを冷凍保存することができます。

離乳食で白身魚の扱い方

下ごしらえをして小分けしてパックに詰めて冷凍しておくとすぐに使えるので便利です。

刺身用を購入すると、新鮮で骨もなく調理も楽ですね。

初めは全て裏ごしするか、すり鉢ですってペースト状にしましょう。1ヶ月過ぎたら少しずつ水分を減らしてベタベタ状にというようにゆっくり進めて下さい。

白身魚は骨に気をつけて、すりつぶすときは骨をよく取り除いて下さい。

そして少しパサパサするので、お粥に混ぜたりとろみをつけてあんかけにしてあげると、赤ちゃんも食べやすいでしょう。

赤ちゃんの様子を見て心配な時は、量を増やすスピードをゆっくりにするとか、お魚を食べさせる時期を遅らせるとか、すりつぶしてあげる期間を長くするとか、調節しながらやってみましょう。

そして白身魚に慣れてきたら赤身魚、そのあと青皮魚の順にすすんでいくといいでしょう。

白身魚のすり身の作り方

離乳食でたらを使うのはいつから?

たらは白身でくせがなく、栄養素が豊富に含まれいます。さらにいろいろな食材との相性もよく調理がしやすい魚です。

しかしまれにアレルギーを起こすことがあるので、離乳食でたらを使う場合には後期から使う方がいいでしょう。

たらは油分が多いので赤ちゃんにとっては消化・吸収にかなり負担がかかるので早い時期にはあげないほうがいいとされているのですね。

たらを初めてあげるときには病院の開いている日中に、ひと匙から始めてみて下さい。そして赤ちゃんの様子を見ながら、大丈夫であれば少しずつ増やしていくといいでしょう。

たらでも、塩だらや干物は茹でても塩分が残るので離乳食にはむいていません。また銀だらも脂肪分が多いのでやめておきましょう。

真だらなら塩気がないので、こちらを使いましょう。

Sponsored Links

たらの調理法

たらを調理するときは、骨や皮を取ったあとだし汁でよくゆでます。最初は2度ゆでするといいでしょう。

たらはゆでるとパサパサしてしまうので、とろみをつけると赤ちゃんも食べやすくなります。

たらの身はそのまま与えると、身が大きので喉につかえてしまいます。細かくほぐしてあげて下さい。

離乳食は焦らないほうがいい

離乳食がなかなか進まないと焦ってしまうし心配にもなってくるかもしれません。でも赤ちゃんが元気であれば心配はいりません。

一口食べれたら褒めてあげて、まだ食べたそうだったらもう一口あげる。嫌そうだったらやめるぐらいでいいのです。

離乳食をいろいろあげてみても食べないときは、その子にとってそれはまだ食べる必要がないのだということなのかもしれません。しばらく待つぐらいの余裕をもちましょう。

そのうち大人が食べていると欲しがったり、口をパクパクさせたりなど食べたいというサインが出てきます。気長に待ちましょう。

離乳食はゆっくり進めて行ってもいいのです。早くいろいろ食べさせたいと焦らないほうがいいですね。

> 離乳食初期にタンパク質をあげるときの3つの注意点

アレルギーには万全の対策で

アレルギーが怖いからといって初めから除去する必要はありません。

初めての食材はまず一口食べさせて、アレルギーが出るかどうかをチェックしながら進めましょう。

身体に赤いポツポツなどの異常が見られたときは、1週間程度あけてもう1度与えてみる。全身に激しい反応が見られたときは、すぐにお医者さんに診てもらう。

といように、アレルギーが出た場合の万全の対策をしておけば安心です。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。