離乳食でしらすが冷凍しても生臭いときは?保存方法と調理法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離乳食を食べる赤ちゃん

しらすは簡単に手に入り、やわらかく下処理も簡単なので扱いやすく、冷凍も可能な便利な食材です。離乳食では少しずつしか使わないので冷凍してしらすを使おうと思ったけれど生臭くて躊躇しているという声もあるようです。今回は離乳食にしらすを使うときの注意点や保存方法などについてまとめてみました。

Sponsored Links

しらすは栄養豊富な食材です

しらすにはタンパク質、カルシュウム、鉄分などが多く含まれています

タンパク質は血液や筋肉などをつくるのに必要な栄養素です。

またカルシュウムは骨や歯などのもとになり、丈夫な体をつくるのに欠かせない栄養素です。

カルシュウムは吸収を高める他の栄養素といっしょに摂取する必要があります。

しらすにはこのカルシュウムの吸収を手助けするビタミンDも含まれているため、効率よくカルシュウムを取り入れることができます。

このように赤ちゃんの丈夫な体づくりに必要な栄養素をしらすはもっています。

しらすはいつから離乳食に使える?

離乳食が生後5、6ヶ月ぐらいからスタートし、食べ物を上手に飲み込めるようになったら、次は豆腐などのタンパク質に挑戦が始まります。

そして豆腐に慣れてきたら、白身魚などにチャレンジです。

しらすもこの時期から使うこができます。

ただし、しらすは塩分を多く含んでいるのでそのままでは使えません。離乳食として使うときは必ず塩抜きをしてから使うようにしましょう。

Sponsored Links

しらすの塩抜きのしかた

塩抜きの簡単な方法としては、使う分のしらすを茶こしに入れてから熱湯を回しかけます。

また、水を沸騰させた鍋にしらすを入れ、再び沸騰したらざるにあげて冷まします。長時間ゆですぎると臭みが出てしまいます。

離乳食初期で使うときには、塩抜きしたしらすをすりつぶしてペースト状にしたり、裏ごしして使います。

離乳食中期になるとみじんぎりに刻んで使えます。

離乳食後期になると、塩抜きをしただけで刻んだりしなくてもそのままの形のしらすでも大丈夫です。

離乳食用のしらすの保存方法

しらすは傷みやすいのでそのままおいておくよりも冷凍保存したほうがいいでしょう。

使う分量に小分けして製氷皿に入れたり、薄く平らにしてビニール袋などに入れて冷凍すると、あとで使いやすく便利です。

しらすは新鮮なものが一番

ひと口にしらすといってもいろいろな名前で売られています。

生のしらす、水分が8割の釜揚げしらす、しらす干しは干しているので水分量は7割となっています。

水分量が多いものほど賞味期限も短くなっています。

日にちがたつと生臭みが出てきてしまうことがあります。

大人が食べるのであれば多少生臭くても、加熱したりにおいのきつい薬味といっしょに濃いめの味に調理をすれば大丈夫な場合もありますが、離乳食として使うときには必ず新鮮なしらすを使うようにします。

新鮮なしらすかどうかを見分ける方法があります。

新鮮なしらすは臭みがありません。

また、お腹側に曲がっているものは新鮮です。

黄色っぽくなっているものは古いのでやめましょう。

離乳食のしらすを冷凍したけど生臭いとき

長時間ゆでると魚は生臭くなります。

塩抜きをして冷凍すると次に使うときが楽に思えますが、しらすは買ってきたらそのまますぐに冷凍したほうがいいでしょう。

冷凍したしらすが生臭いのは賞味期限が近いものだったからもしれませんし、塩抜きをするために熱湯をかけてから冷凍したからかもしれません。

冷凍しらすを離乳食で使うときには塩抜きも兼ねてさっと熱湯をかけるか、熱湯でさっとゆでてから使います。

冷凍したからといって長期保存ができるわけではありません。離乳食で使うときには冷凍しても特に早めに使い切るようにしましょう。

Sponsored Links

しらすを離乳食に使うときの注意点

乾燥したちりめんじゃこは硬くて塩分も高いので赤ちゃんの離乳食にはむいていません。

離乳食に使うときにはやわらかい釜揚げしらすかしらす干しを使いましょう。

釜揚げしらすにしてもしらす干しにしてもそのままでは塩分が多いので必ず塩抜きをしてから使います。

他の食材と同じように、初めてしらすを食べさせるときは、ごく少量を赤ちゃんの様子を見ながら、医療機関が開いている平日の午前中に与えるようにしましょう。

離乳食初期には一度にたくさん与えすぎると、胃腸の未発達な赤ちゃんには負担になってしまいます。

はじめはほんの少しの量からにし、離乳食の時期が進むにつれ少しずつ増やしていきましょう。

離乳食初期から手軽に使えるしらすを上手に使って、楽しい食事になるといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。