離乳食の後期の食事総量はどのくらい?噛む練習になる調理法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離乳食を手づかみで食べる赤ちゃん

離乳食後期では食事の総量はどのくらいになるのでしょう。離乳食の進め方を見ながらここでは特に離乳食後期の食事の量やカミカミ期のこのころに噛む練習ができる調理法まとめました。

Sponsored Links

離乳食のステップアップ

赤ちゃんが母乳やミルク以外のものを初めて口にするのが離乳食です。

口や消化・吸収機能の発達に応じて食材の種類、食材の固さや大きさなどをステップアップしていきます。

離乳食初期

消化機能が発達しつつある5~6ヶ月ごろが離乳食の始めどきですが、このころは離乳食で栄養補給というよりも食べ物に慣れていく時期ですね。

離乳食中期

消化・吸収機能が発達する7~8ヶ月ごろは食べられる食材の種類が増えてくる離乳食中期ですが、このころになると2~3㎜ぐらいの角切り野菜が食べられるようになるので少しずつサイズを大きくしてあげましょう。

離乳食後期

そして、離乳食の完了期前の離乳食後期はカミカミ期ともいわれ、歯茎でつぶせるぐらいの固さのものが食べられるようになります。

Sponsored Links

離乳食後期の進め方

離乳食の進め方はだいたい上記の月齢に沿って行きますが、当然個人差も出てくるので赤ちゃんの様子を見ながら進めていきましょう。

9ヶ月ぐらいから離乳食後期へと移行しますが、上手にお座りができるようになって下半身が安定している、食材を歯茎で押しつぶせるようになっているなどを移行の目安とします。

離乳食後期になると3回食になり栄養の半分くらいは離乳食でとるようになります。

味付け

だし汁だけの味付けから塩、しょうゆ、みそ、バターなどでの味付けもOKです。

卵アレルギーがなければマヨネーズも大丈夫です。

ただし、できるだけ素材の味を生かした薄味を心がけましょう。

自分で食べたがる

自分で食べることに意欲を示す時期ですが、好き嫌いが増えたり遊び食べも始まります。

一度食べなかったからといって嫌いと決めつけず調理法などを変えてみてください

野菜をスティックにするなど手づかみで食べやすいメニューを増やすといいですね。

食べ散らかしたり、食べむらがあったり、遊び食べが始まるとついイライラしてしまうかもしれません。

そんなに長くは続きません。イライラしそうになるときはちょっと大きく深呼吸して、この時期はそういう時期だと割り切って付き合ってあげくださいね。

Sponsored Links

離乳食後期の総食事量は?

3回食に慣れてきたら大人と同じ時間帯にいっしょに食べるようにするといいですね。

食事の間は3時間以上あいたほうがお腹がすいてよく食べます。

1回の食事は主食・主菜・副菜・汁物で3~4品と考え、主食で炭水化物、主菜はタンパク質や脂質、副菜でビタミンやミネラルを取るというふうに考えるといいでしょう。

もちろん、毎食必ずこうしなければならないということはありません。

1食分の目安量はありますが、それほど厳密に考えなくても1日3食でどれぐらい取れているか、トータルに見ていきましょう。

1食分の目安量

主食の炭水化物

  • 8枚切の食パン 3/4枚
  • ゆでうどん  1/2玉
  • 5倍がゆ  大さじ4~5杯

主菜のタンパク質

  • 魚 1/4切れ (15g)
  • 肉 ひき肉なら大匙1 (15g)
  • 豆腐 3cm角1個 (45g)
  • 全卵 1/2個
  • 乳製品 ヨーグルトなら80g

副菜のビタミン・ミネラル

  • 野菜類 30~40g
    かぼちゃなら3~4㎝角1個 人参なら3~4㎝厚さの輪切り1切れ ほうれん草なら葉先12~16枚
  • 焼き海苔      1/8枚
Sponsored Links

離乳食後期の噛む練習になる調理法

バナナの固さが目安になります。

後期に入りたてのころはいくぶん柔らかめにして、少しずつ指でつぶせるぐらいの固さのものを増やしていきます。

ご飯は米と水が1対5の5倍がゆが基本ですが、慣れてきたら少しずつ固くしていきます。

麺類は大人が食べるよりも柔らかめで1~2㎝の長さに切ります。

イモ類や根菜類は柔らかめにゆでたり煮たりして1㎝角にしたり、1㎝角×3~4㎝の長さのスティック状にして手づかみで食べられるようにしてもいいですね。

野菜や上記のような角切りや拍子切りの他、いちょう切り、くし切りにします。

豆腐は7~8㎜ぐらいの角切りにします。

白身魚は加熱して最初は7~8㎜ぐらいに荒くほぐし、慣れてきたら少し大きめにします。

肉類は脂身の少ない部分を加熱し3~5㎜ぐらいに細かく裂きます。

赤ちゃん用に特別なレシピをと気負わずに、大人用に調理したものから味付け前に取り分けて、サイズを変えたり少し柔らかくしてから薄味をつけてあげるという方法もあります。

食事のときの困ったこと

カミカミ期とはいえ、なかなかカミカミしてくれずに丸呑みしてしまう子も多いようです。

だからといって食材をあまり小さくしすぎるとカミカミせずに丸呑みしてむせてしまうことがあるので、食べ方を見ながら食材の大きさや固さを調整してあげるといいでしょう。

おかあさんがおおげさに「カミカミ、ゴックン」といいながらいっしょに食べてみせるのもいいですね。

このころは手づかみで食べたがったり、そこらじゅうにこぼしてしまうことも多々あります。

遊び食べもある時期必要なことですが、お腹がいっぱいになると食べ物で遊び始めることもあります。

食事時間は30分ぐらいと決めて遊び食べが始まったら切り上げるようにします。

好き嫌いは一時期のことなので無理強いは禁物ですが、食べないからと出さないのではなく、大きさや固さ、味付けなどを変えてときどきは献立に入れてみてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。