離乳食初期に豆腐を冷凍して使える?4つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離乳食

離乳食初期から使いたい食材に豆腐があります。栄養があり料理もしやすく、赤ちゃんにも食べやすい食材です。しかし冷凍はできないという話もあります。今回は離乳食における豆腐についてまとめてみました。

Sponsored Links

離乳食に豆腐を使いましょう

豆腐には良質なタンパク質など、赤ちゃんに必要な栄養素が多く含まれています。さらにやわらかくて消化もよく、赤ちゃんにとっても食べやすい食材です。

また手軽に手に入るうえ料理もしやすいので、レシピの幅も広がりとても便利な食材ですね。味も淡白でくせがなく、野菜などほかの食材ともよくなじみます。

豆腐には絹ごし豆腐ともめん豆腐があります。離乳食にはどちらも使えますが、絹ごし豆腐の方が水分が多くてつぶしやすく、舌触りもなめらかなので離乳食初期には絹ごし豆腐のほうがいいですね。

豆腐はお粥や野菜にだいぶ慣れてきた離乳食2ヶ月目あたりからあげ始めるといいでしょう。

大豆はアレルゲンの一つ

豆腐は大豆から作られていますが、実は大豆によってアレルギーが起きることがあります。大豆アレルギーの原因は大豆たんぱくです。

赤ちゃんは消化器官がまだ十分に発達していないためにたんぱく質に対する耐性が弱くたんぱく質を異物として認識してしまいやすいのでアレルギー反応を起こしやすいのです。

他の食材と同様に、豆腐を初めてあげるときには平日の病院の開いている時間帯に、ひと匙から始めましょう。

さらにもっと気をつけたいという方は、豆腐の原料である大豆がどのような大豆であるかを確認することです。国産大豆や遺伝子組み換えでない大豆を使うようにするといいでしょう。

Sponsored Links

離乳食初期に豆腐を使うとき冷凍はできる?

豆腐を冷凍保存することはできますが、水分が抜け食感がもそもそした高野豆腐のような感じになります。全く違うものとして使う場合にはいいでしょう。冷凍しても栄養的には変わりはありません。

高野豆腐のような感じで離乳食にも使えるのですが、離乳期初期の赤ちゃんには少し食べにくいですね。離乳食初期に使う場合には冷凍前の豆腐の方が食べやすいでしょう。

冷凍した豆腐は離乳食中期から

離乳食中期になると冷凍した豆腐を解凍したものを使うことができます。

豆腐を冷凍するときは、下ごしらえをしたあとですり鉢などですりつぶすとよいですね。製氷皿に小分けして冷凍すると使うときに便利です。

冷凍した豆腐は食感が変わってしまうので、とろみをつけたり、ゆで汁やスープごと冷凍するといいかもしれません。

解凍するときは、自然解凍にせず冷蔵庫の中でゆっくり解凍してから熱を加えるか、温めただし汁に冷凍のまま入れてしっかりと加熱して下さい。

赤ちゃんは抵抗力が弱いので、冷凍したものはできるだけ早く使い切って下さいね。

解凍後もそのままの食感の冷凍豆腐

もともと冷凍された「マメックス」という豆腐もあります。豆乳とにがりで昔ながらの製法にこだわった絹ごしタイプの冷凍豆腐で解凍後も豆腐の食感はそのままです。

「マメックス」は出汁に冷凍のまま入れて使うことができます。冷凍庫に常備しておくと便利かもしれませんね。

Sponsored Links

豆腐は加熱して使いましょう

豆腐を離乳食で使うときは加熱してからにします。一度火を通すことで殺菌されますし、消化にもよいようです。

茶こしに豆腐を入れて、上からお湯をかけたり、沸騰したお湯にさっと湯通しするといいでしょう。あまり長い時間煮込むとせっかくの柔らかい豆腐が硬くなってしまうので気をつけてくださいね。

レンジを使うときは、豆腐の半分ぐらいが水に浸るようにしてチンをすると、中まで熱が通り硬くならずにすみます。

豆腐はその日に使い切るようにしましょう

離乳食のために開封した豆腐はその日のうちに使い切り、持ち越しはしないほうがいいでしょう。

小さめの豆腐を買って赤ちゃん用に使ったら、残りは大人が食べるといいですね。

賞味期限に余裕があっても、豆腐は早めに食べたほうがいいので、開封したら食べきってしまいましょう。

次使うときには新しいものを使ってくださいね。

Sponsored Links

豆腐を調理するとき

離乳食初期の頃は、加熱した絹ごし豆腐をスプーンやフォークで潰すこともできますが、裏ごしをしてあげるとより滑らかな食感になり、赤ちゃんにとってはより食べやすくなります。

またゆでたあと水気を切って、すり鉢などですりつぶす方法もあります。

豆腐を湯通しをするときには茶こしを使うと便利ですよ。

豆腐は味が薄いので、だし汁とかお粥にまぜてあげるといいでしょう。

離乳食初期はミルクや母乳以外の食べ物に慣れていく準備段階です。このころの栄養はまだほとんど母乳やミルクからとっています。

豆腐は栄養があって便利な食材ですが、離乳食初期の段階では量をたくさん食べないといけないわけではありません。まだ食べることの練習の段階です。焦らずに少しずつから始めて下さい。

離乳食初期で豆腐を使うときの注意点のまとめ

  • 離乳食開始2ヶ月目ぐらいから
  • 加熱して使う
  • その日のうちに使い切る
  • 冷凍すると食感が変わるので冷凍せずに使うほうがいい
Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。