赤ちゃんの顔に湿疹が!悪化させないためにできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
顔に湿疹のできた赤ちゃん

赤ちゃんの顔は湿疹ができやすいですね。赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚よりもバリア機能が弱いのでどうしても肌トラブルが起こりやすいのです。赤ちゃんの顔にできた湿疹の原因や対処法をまとめてみました。

Sponsored Links

赤ちゃんの顔は湿疹ができやすい?

生まれたばかりの赤ちゃんはツルツルスベスベの肌をしているのに、しばらくするといつの間にかブツブツが出てきてしまいます。

きれいだった肌に湿疹ができると、あんなにスベスベだったのにどうして・・・と思ってしまいますね。

でもたいていの場合は新生児期によくあることなので安心してください。

我が家の子どもたちもみんな乳児湿疹が出て、赤ちゃんの肌はツルツルスベスベだと思っていたからどうしてうちの子だけ?なんて思いました。

赤ちゃんの肌はツルツルスベスベだと思っているのにブツブツが出てきたらあわててしまいますよね。

ツルツルスベスベのはずがブツブツができたり赤くなったりしたら、もしかして「アトピー?アレルギー?」なんて思うかもしれません。

赤ちゃんの皮膚は薄いのですが、それは保護防壁の役割をする角質層が薄いからなのです。だから赤ちゃんの肌は荒れやすいんですね。

生後2~3カ月ごろまでは皮脂が多いのでそれはそれでトラブルの元になりますし、それ以降は皮脂が減ってしまうので乾燥しやすくなります。

乳児期に表れるいろいろな湿疹を乳児湿疹といいますが、たいていの場合は1~2歳ぐらいまでに自然に治ります。

> 赤ちゃんの顔が湿疹で赤い!よくある3つの原因と対処法

Sponsored Links

乳児湿疹のいろいろ

ひとくちに乳児湿疹といってもいろいろあります。特に多くみられる乳児湿疹について取り上げてみましょう。

乳児脂漏性湿疹

脂漏性湿疹自体は大人にもありますが、乳児に見られるのは乳児脂漏性湿疹と言って乳児湿疹の中では多い方でしょう。

生後4か月ぐらいまでに多く、黄色いかさぶた状のものやフケのようなものが出てきます。

かゆくはないようですが、炎症を起こしたら赤く腫れあがったりジュクジュクしたりします。

新生児期は皮脂が多くて肌表面や毛穴に溜まるのでそれが外からの刺激や汚れで炎症が起こってしまうのですね。

お風呂に入れたときにきれいに洗ってあげましょう。

かさぶたのようになっている部分もほおっておけばそのうちにとれますが、気になるのであれば植物性のオイルでふやかしてとってあげるといいでしょう。

> 赤ちゃんの頭にかさぶたが!乳児脂漏性湿疹のケアと対処法

新生児ニキビ(新生児座瘡)

生まれてしばらくすると赤ちゃんの顔にできるニキビのことを新生児座瘡といいます。いわゆるニキビのことです。

頬や額に赤いぶつぶつができてくるのがそれです。見た目は大人のニキビによく似ています。顔中に広がって真っ赤になってしまうこともあります。

お風呂のときに清潔にしておけば生後1~2カ月ぐらいで自然とおさまるのでそんなに心配することはありません。

余計な皮脂をとってあげればいいのですが、洗いすぎて肌が乾燥するのもよくないので洗いすぎは要注意です!

> 新生児ニキビが顔や体にできる原因とすぐに出来る5つの対処法

Sponsored Links

乳児湿疹を悪化させないために

乳児湿疹は時期が来ると自然治癒するとはいえそれまでの間悪化させないようにしてあげたいですね。

赤ちゃんは汗っかきで新生児期は皮脂の分泌が多いので石鹸を使ってしっかり泡立ててその泡で包み込むように洗ってあげます。

とはいっても我が家の子どもたちはほとんど石鹸は使いませんでした。特に新生児期はお湯でやさしく洗うだけでした。

乳児湿疹が出ていたのでていねいに洗ってあげていましたよ。でも石鹸は毎日は使いませんでしたね。

特に臭いがきついときや気になるときだけしか使いませんでしたが、だからといって悪化はしませんでした。

石鹸を使って洗ったときは石鹸分が残らないようにしっかり流してあげてきちんと拭いてあげましょう。

赤ちゃんの肌はとってもデリケートなので、このときもゴシゴシこすらないようにやさしく拭いてあげてくださいね。

> 赤ちゃんの顔の洗い方|石鹸は必要?湿疹がある場合は?

赤ちゃんの爪はすぐ伸びるので自分でひっかいて肌を傷つけないように短くしておいてあげましょう。

痒いからかくというよりはあちこち手を振り回しているうちにひっかいて傷つけてしまうのですね。肌が傷ついて菌に感染して化膿したら大変です。

汗もこまめに拭きとってあげましょう。しょっちゅう汗をかくときには乾いたタオルやガーゼでごしごしこすらずガーゼを濡らしてやさしく拭きとってあげたほうがいいでしょう。

赤ちゃんの肌は弱くてデリケートなのでいつもきれいにしておいてあげてくださいね。

Sponsored Links

乳児アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の場合には湿疹は生後1~2カ月ぐらいのころから頭や顔に出て来ることが多いようです。

顔だけではなくて体や手足にも出てくることもあります。ジュクジュクしてきたり皮膚が厚くなってガサガサしたり耳が切れたりすることもありますね。

湿疹は消えたり出たりしますが、1歳半から2歳ごろには軽くなったり治ってしまうこともあります。

1歳半~2歳ころまでは湿疹が出たり消えたりを繰り返しますが、特別な治療法はないようです。

1歳半~2歳ころまでには免疫のバランスがよくなって自然に治っていくのですね。治るのが難しい成人アトピー性皮膚炎とは根本的に違うのです。

乳児アトピー性皮膚炎でできている顔の湿疹は1歳ころにはほとんどなくなります。

症状のピークは生後3~5カ月ぐらいで1歳半ぐらいまでには少しずつよくなっていきますよ。

季節でいうと夏には軽くなって秋から冬にかけては悪化する傾向があるようです。

乳児アトピー性皮膚炎になったときには離乳食を始める時期はなるべく遅い方がいいですね。特に卵や乳製品は1歳ごろまでは食べさせないほうがいいでしょう。

> 赤ちゃんのアトピーは母乳が原因?食事制限は効果があるの?

Sponsored Links

乳児期の湿疹は心配することはない

乳児アトピー性湿疹も時期がくると治るので乳児湿疹はたいていの場合にはそんなに心配することはありません。

ただ赤ちゃん肌というように赤ちゃんの肌はツルツルスベスベという思い込みがあるので特に顔に湿疹が出てくると大変だと思ってしまうでしょう。

乳児アトピー性皮膚炎の場合にはステロイドを使ってでも短期間で治したほうがいい(ほんとうは対症療法でしかありません)というお医者さんもいれば、正しいスキンケアをして離乳食の開始時期や内容などを相談しながら経過をみていけば自然によくなっていくというお医者さんもいます。

どちらのお医者さんを選ぶかは親の考え方次第でしょう。もしテロイドを処方されて使い始めたら勝手にやめたりつけたりとかは絶対にしないでくださいね。

ステロイドを使うのがいやだったらセカンドオピニオンをとったほうがいいですし、もし使うと決めたのであればお医者さんの処方通りにすることです。

最近ではステロイドフリーの治療をしているお医者さんもいるようです。

赤ちゃんの肌は必ずしもツルツルスベスベではないことや湿疹もよくできるということがわかっていたら多少湿疹が出てきても心配しすぎたりあわてたりしないですみますね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。