赤ちゃんの顔が乾燥でカサカサ!洗いすぎが原因って本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんのニキビ

赤ちゃんの肌はみずみずしくてプルプルですべすべで、触るととても気持ちがいいものですが、時には赤ちゃんも乾燥肌になってしまいます。赤ちゃんの顔がカサカサしてくると可哀想になりますよね。今回は、赤ちゃんの顔が乾燥してカサカサになる原因と対処法、赤ちゃんのスキンケアについてまとめました。

Sponsored Links

赤ちゃんの顔は乾燥でカサカサしやすい?

赤ちゃんの顔が乾燥でカサカサになるのはどんな時なのでしょうか?

赤ちゃんの皮膚はとても薄く、大人の半分程度の厚みしかありません。

そのため、外気温や湿度の変化にはとても敏感で、影響を受けやすいのです。そのため、とくに冬の時期は赤ちゃんの肌も乾燥しやすく、荒れやすくなります。

皮膚の外側は角質層でおおわれていますが、赤ちゃんの肌の角質層は未発達で、角質層にある水分量は大人の3分の2の量しかありません。

ですから、赤ちゃんの肌、特に顔部分は大人よりも乾燥に弱く、カサカサになりやすいのです。

乾燥する時期は赤ちゃんもお肌のトラブルに注意

空気が乾燥してくると肌がカサカサになるだけでなく、湿疹ができてしまうこともあります。

水分を保持できなくなると皮膚はもろくなって肌があれてしまうのですね。

かゆみを伴う湿疹の場合、かき壊してしまったり、洗顔のときにゴシゴシと洗い過ぎてしまい悪化させてしまうこともあります。

カサカサ、ブツブツ、かゆみや赤みがある場合には肌がトラブルを起こしています。

たいていの場合には、正しくお手入れすれば薬を使わずによくなります。赤ちゃんのツルツルスベスベ肌のためのお手入れ方法をご紹介しましょう。

Sponsored Links

赤ちゃんの肌トラブルは洗いすぎが原因?

赤ちゃんの肌がトラブルを起こす原因は、汚れの放置か洗い過ぎによるものがほとんどです。

きれいにしておかなければと思うとつい一生懸命に洗顔してしまいがちですが、洗顔のし過ぎは大切な皮脂まで流してしまうので逆効果になってしまいます。

冬の乾燥時期のカサカサ肌はほとんどの場合、洗い過ぎていることから起こっています。

洗いすぎずに赤ちゃんの肌をきれいに保つための正しい洗い方があります。洗い方を工夫しましょう。

カサカサ肌の正しい洗顔方法とは?

顔を洗う前に指で触ってみましょう。指先で触ってみて脂っぽかったり、垢を感じることがなければたいていは石鹸を使う必要はありません。

もし汚れを感じて石鹸を使うのであれば、赤ちゃん用の刺激の少ないものにします。

この洗い方は顔だけではなくてからだを洗うときも同じです。

Sponsored Links

手でやさしく洗う

赤ちゃんの敏感な肌を刺激しないよう、石鹸をしっかり泡立ててその泡で包むようにしてやさしく手で洗います。

肌がカサカサしている時はスポンジやタオルは肌を傷つける恐れがあるので使わないほうがいいでしょう。

実はガーゼも赤ちゃんの肌にはあまりよいとはいえません。石鹸を使わないときも手でやさしく洗ってあげましょう。

洗いすぎが肌トラブルの原因に

汚れを感じないのに清潔にしておかなければといつも石鹸で洗うと、必要な皮脂も落としてしまいます。皮脂には肌の乾燥を防ぐ成分が含まれています。

赤ちゃんをお風呂に入れるときに石鹸を使うのはほんとうに必要最低限にしておきましょう。

石鹸を使ったらすすぎを十分に

石鹸成分が残っていると肌荒れの原因にもなるので石鹸を使ったときにはすすぎは十分に行います。

すすいであげるときもスポンジやガーゼなどを使わずに手や指でやさしく洗い流してあげます。けっしてゴシゴシしないでくださいね。

からだを流すときにはかけ湯かシャワーで手や指を使ってやさしくしっかり流してあげてくださいね。このとき、シャワーの圧には気をつけましょう。

また、お風呂上りに顔や体を拭くときもタオルでゴシゴシこすらないようにしましょう。

吸水性のよい肌触りのよいタオルでやさしく水滴を吸い取るようにします。

Sponsored Links

赤ちゃんに保湿剤は必要?

肌トラブルのない赤ちゃんにわざわざ保湿剤を使う必要はありません。

それよりも冬の乾燥時期には部屋の湿度に気を配ってあげてください。

加湿器を使うといいのですが、加湿器がなくても濡れタオルを干しておくだけでも違います。

肌トラブルがある赤ちゃんに限っては保湿剤を使ってあげましょう。しかし、保湿のし過ぎもよくありません。

赤ちゃんの肌が乾燥してカサカサする時に保湿剤を使う場合は市販のものを自己判断で使わずに、小児科か皮膚科の医師に相談してからにしましょう。

口の周りのカサカサは?

よだれがついて口の周りが赤くなったりカサカサになると思って、ついゴシゴシこすってしまいがちです。

実は赤くなったりカサカサになるのは、よだれが悪いのではなくゴシゴシこするからなのです。

お口周りは何かといろいろなものがつきがちですが、こすりとるのはやめましょう。

おっぱいやミルク、食べかすなどが口周りについているときはおかあさんの指を濡らして汚れている部分をぬぐってあげてください。

そして、タオルで水分をとってあげるといいですね。

もし、ガーゼで拭きとるにしてもたっぷり水分を含ませて洗い流すようにしてあげます。

赤ちゃんの肌はデリケートなのでゴシゴシこするのは禁物です。

石鹸を使っての洗い過ぎは肌のカサカサにつながるので石鹸で洗うのは必要最低限にしてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。