赤ちゃんの耳が臭い!主な2つの原因と家庭で出来る対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
うつ伏せになる赤ちゃん

赤ちゃんを抱っこしているときに赤ちゃんの耳が「臭い!」と気づいたことはありませんか?実は、赤ちゃんの耳が臭くなるのにはある原因があるのです。もちろん、その原因に応じた対処法もあります。今回は、赤ちゃんの耳が臭い原因とその対処法について順に解説していきます。

Sponsored Links

赤ちゃんの耳が臭いのは羊水の名残?

ひとつめの原因として、羊水の名残があることが考えられます

おかあさんのお腹にいたころ、赤ちゃんは胎盤の中で「羊水」という水に浸かっています。

お腹の中にいるときに羊水は赤ちゃんの耳の中にも侵入します

そのため、生まれた後で体を洗ったりしてきれいにしたときも耳の中に残っていあ羊水は拭きとられないでそのまま耳の中に残ってしまっていることがあるのです。

この羊水は赤ちゃんの耳の奥で黒い塊となってしまってることもあります。

赤ちゃんの耳の中に黒い塊があるのを見るとびっくりしてしまいますね。

羊水の名残の対処法は?

この黒い塊は少しづつ小さくなって外部に排出されていつの間にかなくなってしまうのでほおっておいて大丈夫です。

どうしても気になるようであれば軽く掃除をしてあげて、綿棒などでかきだせる分は出してあげるとよいかもしれません。臭いが少しは軽減できるはずです。

Sponsored Links

赤ちゃんの耳掃除は念入りにしてもいいの?

結論から言うと、新生児の場合は、極力耳掃除はしないようにしたほうがいいでしょう。

どうしても気になるときは、耳の外に出ているものだけ、綿棒などでそっと払ってあげてください

赤ちゃんは新陳代謝が激しいので羊水の黒い塊のほかにも耳垢がたまりやすく耳垢が臭うこともあります。

耳垢はいらないものではなく、耳の中の皮膚の乾燥を防いだり、外部から耳の中に雑菌や虫が入りこまないようにしたり、細菌の繁殖を防ぐ為にあります

ですから、全然耳垢がないというのは問題なのです。新生児の耳の皮膚はとてもデリケートなので、強くかきだすと傷つけてしまう恐れもあります

また、綿棒を使うと掻き出せずに中に押し込んでしまうこともあります。

耳の中を傷つけると中耳炎などの原因になることもあるので、できれば耳掃除は多少耳が臭くてもあまりしないようにしたほうがいいのです。

どうしても気になるようであれば耳鼻科でとってもらった方が安心です。日ごろはお風呂上りに耳の周りや入り口付近を軽く拭いてあげるぐらいにしておいてくださいね。

Sponsored Links

頭の傾き癖が原因の場合も

新生児の頃は頭蓋骨がきちんと合わさっていないので、ふにゃふにゃしていて頭の形も定まっていません。

そのため、赤ちゃんはゴロゴロ左を向いたり、右を向いたりして頭の形を徐々に整えていきます。この時、左と右のわずかな差によって、傾き癖が付く場合があります

例えば左の方ばかりを向いている子の場合は左耳、右の方ばかりを見ている子の場合は右耳が布団についたままになるので、下になったいる方は通気性が悪くなってしまいますね。

下になった方の耳垢が蒸れてしまうのでどうしてもそちら側の耳の臭いが気になってくるのですね。

傾き癖は直せるの?

基本的には傾き癖は直せます。

同じ方向ばかり向いているのであれば、逆の方向を向かせるようにそっと頭を傾けてあげて、傾き癖を直してあげて下さい

おかあさんが添い寝をするときの位置を変えてみたり、いつも向いている方とは反対側から声をかけたり音の出るおもちゃで音を出したりするとよいでしょう。

片方の耳だけが臭い場合、傾き癖が原因の場合が多いようです。

また、赤ちゃんは寝ている時間が長いのでよだれやミルクなどが流れて耳に入りやすくなります。

よだれや涙、ミルクやおっぱいが耳に流れこまないようにきちんとぬぐってあげましょう。そうすると耳の臭いも徐々に改善されていきます。

Sponsored Links

赤ちゃんの耳が臭い原因と対処法のまとめ

赤ちゃんの耳が臭い原因には、大きく分けると羊水が耳の中に黒い塊となって残っていること、傾き癖があって片方が蒸れたり、そちらの方向におっぱいやミルクなどが流れて臭うということのふたつが考えられます。

耳が臭っていても、耳だれがでるなどの他の症状がなく、機嫌がよければ特に病気ではないので心配しなくても大丈夫です。

どうしても赤ちゃんの耳の臭いが気になる場合には、それぞれの対処法を実践してあげて下さい。

そして、耳垢が溜まっていて気になるようであれば検診のときに医師に相談して、必要ならば耳鼻科に行って取ってもらうようにしてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。