新生児が母乳を飲みすぎると弊害はあるの?過飲症候群とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
母乳

1カ月健診で母乳の飲みすぎと言われたおかあさんはいませんか。「過飲症候群」って知っているでしょうか?母乳の飲みすぎの弊害だといわれています。でもおっぱいの飲みすぎでほんとうに弊害なんてあるのでしょうか。新生児の母乳の飲みすぎについてまとめてみました。

Sponsored Links

新生児が母乳を飲みすぎることはある?

母乳に比べるとミルクの場合には赤ちゃんの胃に負担がかかってしまうのである程度時間をあけて飲ませるといいと言われています。

授乳時間を3時間はあけるようにというのは消化吸収に時間がかかるミルクのことなのです。

母乳とミルクでは消化にかかる時間が違うんですね。

赤ちゃんによって体の大きさも違えば消化器の発達も違います。

ですから赤ちゃんによってはミルクの量でも一般に適正だといわれている量よりも多かったり少なかったりすることもあります。

ただミルクの場合には欲しがるからといって欲しがるだけあげていたらほんとうに飲みすぎになってしまうこともあるので気を付けてくださいね。

> 新生児に必要な母乳の量はどれくらい?上手に飲ますコツとは

では母乳の飲みすぎというのはあるのでしょうか。母乳は欲しがるだけあげても大丈夫と言われていたのに1カ月健診に行ったら母乳の飲ませすぎだと言われた友だちがいました。

産院にいたころあまり飲まなかったので飲みたがるだけ飲ませてねと言われたのでそうしていたそうです。

ところが1カ月健診に行ったら体重がずいぶん増えていて過飲症候群だと言われ、このままいったら将来は肥満になったり生活習慣病になる可能性があるとまで言われたとずいぶん気落ちしていました。

> 新生児に必要な母乳の回数や間隔は?ミルクと混合の場合は?

Sponsored Links

どうして飲みすぎになるんだろう

おっぱいには前乳、後乳ってあるのは知っていますか。飲み初めに出てくるのが前乳、しばらくして出てくるのが後乳。

タンパク質、糖質、免疫物質、ミネラルなどの成分は変わらないのですが、後乳のほうが脂肪分が断然多いのです。

交互に飲ませていると脂肪分が少ないカロリー低めの前乳だけを飲むことになるので満足するにはたくさん飲むようになってしまうのですね。

つまり赤ちゃんが必要なカロリーを得るには量を多く飲まないといけない。

ところが量が多すぎるとおなかがはって苦しくなったり吐いたりするのです。

そしてまたおっぱいが欲しくなってしまうのですが、必要なカロリーがとれていないからしかたないことなのです。

そんなときは飲ませ方を工夫しましょう。

> 母乳が片方から出ない3つの原因と対処法|正しい授乳姿勢とは

うまく母乳をあげるコツ

乳は初めはうまくできなく当然です。

まずはリラックスしてくださいね。

生まれてすぐのころは赤ちゃんも慣れていないのでうまく飲めないかもしれません。

でも、赤ちゃんもだんだんコツがつかめてきます。

授乳するタイミングがあります。

ちょとしか飲んでいないのに飲むのをやめてしまう子や寝てしまう子もいます。

しょっちゅう飲みたがるのは実はよくあることなんです。

泣き始める前に飲ませてあげたほうがスムーズに行きます。

その子によって違う飲みたがるサインに早めに気づいてあげましょう。

例えば、口をもぐもぐ動かしたり手をバタバタさせる子もいれば、手を口に持っていく子もいます。

目をキョロキョロ動かしてむずかっておかあさんを探している子もいます。

そんな授乳のタイミングを見計らっておっぱいをあげるようにします。

赤ちゃんとアイコンタクトをとって声をかけながら抱っこしてあげます。

おかあさんのおなかと赤ちゃんをぴったりくっつけます。

顔だけ乳首に向いて体は上に向いているということがないようにしてくださいね。

赤ちゃんは口元におっぱいが触れると口を大きく開けます。

おっぱいを探して大きな口を開けたら胸元に引き寄せてあげましょう。

深くくわえやすくなりますよ。

横抱きにして乳首だけでなく乳輪が隠れるぐらい深くくわえさせます。

チュパチュパと音がしていたり乳首が痛いときには浅くしかくわえていないのでうまく飲めていません。

そんなときはもう一度深くくわえさせてくださいね。

片方だけを飲ませてしまいがちですが、両方の乳房からバランスよく飲ませるようにするといいでしょう。

一回目の授乳のとき、飲み始めのおっぱいよりも後乳といって後のほうにでる母乳のほうが脂肪やカロリーが多く含まれています。

左右両方赤ちゃんが満足するまで飲ませると赤ちゃんにバランスよく栄養を与えてあげられます。

たくさんおっぱいを飲んだときには赤ちゃんの口からおっぱいがあふれてくることもありますが、心配しなくて大丈夫です。

おっぱいといっしょに空気も飲み込んでしまうこともあるので飲まし終わったらげっぷをさせるようにします。

赤ちゃんの頭をおかあさんの肩にのせて背中を軽くトントンとするとげっぷが出ることが多いですよ。

過飲症候群とは

ミルクや混合の場合にはミルクの飲みすぎの弊害が言われてきましたが、母乳も飲みすぎによる弊害があるのではないかということなんですね。

過飲症候群というのは聖マリア学院大学の橋本武夫さんという小児科のお医者さんが言っていることなのですが、賛否両論はあるようです。

過飲症候群というのは飲みすぎで体重が増えすぎたりいつも胃がパンパンになっていて赤ちゃんが唸ったり、ゼイゼイとぜんそくのような息をしたり便秘がちだったりすることをさすのだそうです。

だからといって病気というわけではなくて飲ませすぎに注意ということなのですね。

Sponsored Links

母乳の飲みすぎによる弊害?

ほんとうに母乳の飲みすぎの弊害はあるのでしょうか。

新生児の場合には満腹中枢がまだ育っていないと言われています。

そのため、しょっちゅうおっぱいを欲しがったり飲みすぎては吐いてしまうという悪循環になってしまいます。そして体重の増え具合は赤ちゃんによって違います。

> 新生児が母乳やミルクを吐くけど大丈夫?効果的な5つの対処法

「母乳の飲みすぎによる弊害です」などとお医者さんから言われるとおかあさんはほんとうに心配になってしまいますね。

赤ちゃんが母乳を飲みすぎと言われると、おっぱいをコントロールしようとするかもしれませんが、最近ではあまりその必要はないのではないかと言われるようになってきています。

おっぱいを制限したらおかあさんの方がおっぱいがしこってしまって乳腺炎になってしまいますし、赤ちゃんも情緒不安定になってしまうこともあります。

> 授乳中で胸のしこりが痛い!主な2つの原因と対処法

Sponsored Links

新生児のうちに将来のことはわからない

赤ちゃんのころプクプクしていたのに小学生になったら背も伸びてすらっとなる子はたくさんいます。

赤ちゃんのときに多少おっぱいを飲みすぎたからといって将来生活習慣病になるという因果関係も正確には分かっていないようです。

おっぱいの飲みすぎも過飲性症候群と名前をつけてしまえば「母乳の飲みすぎによる弊害」ということになってしまいますが、3カ月ぐらいまでの赤ちゃんはまだ授乳のリズムもついてないので飲ませ方によっては飲みすぎてしまうこともあるかもしれません。

しかし、みんながみんな弊害になってしまうほどではありません。

飲みすぎが気になる時の対処法

産院にいるころはおっぱいの出もまだそんなによくありません。

赤ちゃんもあまり上手に飲めないのでしょっちゅう飲ませることで飲み方も上手になるしおっぱいもどんどん出てくるようになります。

産院でも飲みたいだけ飲ませるように言われるし泣いたらおっぱいが足りてないと思ってどんどん飲ませているとそのうちいきみだしたり唸りだしたりするようになる赤ちゃんもいます。

必要なカロリーをとるために飲みすぎてしまうのですね。

そんなときは飲ませ方を工夫しましょう。両方のおっぱいをまんべんなく飲ますようにと言われるので片方を飲ましてすぐもう片方というふうに交互に飲ましている方が多いかもしれませんね。

初めに飲ませたほうを赤ちゃんが自然に口を離すまで飲ませましょう

飲み始めのおっぱいは脂肪分が少ないので脂肪分の多いおっぱいになる前に反対側のおっぱいに移ると満足するには量を多く飲まなくてはいけなくなるからなんです。

Sponsored Links

赤ちゃんの様子をよく見て

おっぱいを飲む赤ちゃん

過飲性症候群だと言われた友人がいたのですが、そのときは落ち込んで赤ちゃんの様子を見ながら授乳間隔を少しあけるようにしてみたけれどやっぱり飲みたいだけ飲ませるようにしたようです。

いくらお医者さんや保健師さんに言われたからといって飲みたがってるのに飲ませないなんてできないし、自分もおっぱいがはってきて痛い思いをするのは嫌だったからと言っていました。

確かに飲みすぎかなと思ったときは吐いたりしていたけれどそうやって赤ちゃん自身が調整しているんだと思うようにしたんだそうです。

彼女はそのころ前乳や後乳のことは知らなかったから飲ませ方の工夫も知らなかったんですね。

それでも3カ月ぐらいしたらずいぶん落ち着いてきてある程度授乳間隔もあいてきたし吐くこともなくなったそうです。そして赤ちゃんはとっても元気にスクスク育っていますよ。

初めての育児は心配だらけ

初めての育児というのはどうしてもいろいろなことが気になるし心配になってしまいます。

それが当たり前です。でもたいていのことはそんなに心配ありません。

赤ちゃんの様子をよく見て元気にスクスク育っていれば問題ないのです。

いろいろな情報や専門家のいうことに惑わされないで自分の目で赤ちゃんをちゃんと見てあげてくださいね。

ほんとうに困ったときにちゃんと相談できる信頼できる小児科のお医者さんや保健師さんに出会えるといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。