赤ちゃんが便秘で泣くけど大丈夫?すぐに出来る4つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オムツをつけた赤ちゃん

赤ちゃんが便秘になるとほんとうにかわいそうですよね。なかなかうんちが出なくて泣く赤ちゃんを見るとかわいそうでこっちまで泣きたくなってしまいますよね。今回は、家庭でできる赤ちゃんの便秘対処法についてまとめてみました。

Sponsored Links

便秘で泣くときは赤ちゃんからのサイン

便秘しやすい赤ちゃんは、泣いてお母さんに苦しいことを伝えようとすることもあります。

赤ちゃんが泣いているときはどうして泣いているのか見極めることです。

いつもよりも便の回数が減っていたり、固くて出にくかったりして機嫌が悪い場合には便秘で泣いているのかもしれません。

赤ちゃんからのサインを受け取ってできるだけ早めに対処してあげることが大切です。

何日間便が出ていないから便秘だという定義はありません。

2日に1回でもその子のペースで出ていれば便秘とはいえないでしょう。

ただ便をするときに苦しそうにしていたり、あまりにも機嫌が悪かったり、便が出なくて泣いてばかりいるのであれば、病院を受診して薬を処方してもらうという方法もあります。

家庭でできる赤ちゃんの便秘解消法

病院を受診する前に自宅でできる4つの便秘解消法をご紹介します。

綿棒浣腸をする時の注意点

家庭でできる便秘解消方法としてよく知られているのが綿棒浣腸です。綿棒浣腸の方法はとても簡単です。

綿棒の先にベビーオイルを垂らして、お尻の穴にその綿棒を入れてそのままゆっくりと回してあげるだけです。

ベビーオイルを使わないと肛門が傷ついてしまうので、必ず使うようにします。綿棒でやさしく肛門を刺激してあげると便がでやすくなるのでおすすめです。

> 赤ちゃんが便秘の時は綿棒浣腸|失敗しない方法とは

ただ、この綿棒浣腸をするときに赤ちゃんが泣く場合があります。

痛かったのかと不安になるかもしれませんが、綿棒浣腸をするときに赤ちゃんが泣く場合は痛いというより、びっくりして泣いていることが多いようです。

綿棒浣腸をするときはやさしく声をかけながらしてあげましょう。

Sponsored Links

お腹をやさしくマッサージ

綿棒浣腸以外ではお腹のマッサージがあります。赤ちゃんのお腹を優しく触ってお腹を「の」の字のマッサージをしてあげます。

綿棒浣腸より「の」の字のマッサージは赤ちゃんも気持ちが良いことが多いので、綿棒浣腸が苦手な場合には「の」の字マッサージがおすすめです。

優しく声をかけてあげて、赤ちゃんを安心させてあげながら、丁寧にマッサージしてあげましょう。

便秘の時は水分補給

さらに自宅でできることはできるだけ水分を多めに摂らせることです。

水分補給がしっかりできていると便が柔らかくなるので便が固くて痛くて泣くことが少なくなります。

あえて水分補給をしなくても母乳であればしっかり飲ませてあげるといいでしょう。

> 赤ちゃんが便秘の時に砂糖水は効果あり?作る時の注意点とは

離乳食のメニューを工夫しましょう

離乳食が始まっているなら、毎日の離乳食のメニューも少し工夫してあげるといいですね。

それでも便秘になってしまって、機嫌があまりに悪くて痛くて泣いたりする場合には病院を受診しましょう。

かかりつけの小児科があるといいですね。かかりつけ医であれば日ごろから様子をよくわかっているので状態をチェックして整腸剤などを処方してくれるでしょう。

さらにすぐに便を出すために、病院で浣腸をしてくれるので、赤ちゃんもすっきりするでしょう。

便秘は大人でも苦しいものですので、赤ちゃんならなおさらです。できるだけ早めに対処してあげるようにしましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。