赤ちゃんの咳と鼻水がでる原因と対処法|寝かしつけのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鼻水が出てる赤ちゃん

赤ちゃんは熱がなくてもよく鼻水や咳が出るのですが、昼間はそれほどでもなくても夜になって咳き込んだり鼻水ズルズルがひどくなってしまうと心配になりますね。赤ちゃんの咳や鼻水が出る原因や対処法についてまとめました。

Sponsored Links

赤ちゃんの咳と鼻水

赤ちゃんはちょっとした気温の変化や湿度の変化で咳が出たり鼻水が出たりします。

鼻の粘膜が炎症を起こしているときは鼻水で粘膜を守っていることもあります。鼻水が出ていたり咳も軽いものであれば風邪とは限りません。

寒くなると胸のあたりがゼエゼエいう赤ちゃんもいますが、気管支炎や肺炎をおこしてるわけではありません。

呼吸器の粘膜が敏感なので冷たい空気に触れてできた分泌物が気管にひっかかって音がしているのです。寒くなってすぐゼエゼエいっても肺炎になりやすいということではないので大丈夫ですよ。

鼻水や咳は体を守るためにとても大事な働きをしています。鼻水や咳が出ていても元気で食欲もあれば風邪であっても経過を見ます。

病院に連れて行ったほうがいいかどうかは熱があるかどうか、機嫌がいいかどうか、食欲はあるかどうか、よく眠れるかどうか、表情はどうかなど全身状態をよく観察して判断しましょう。

軽い症状であれば家でのケアでもよくなっていくのにウイルスや細菌がいっぱいの病院に連れて行って他の感染症にかかってしまったなんてことがないようにしましょう。

ただ咳がだんだんひどくなるようであれば診察時間内に受診するようしてください。

咳が出る原因は?

風邪のときに咳が出るのは鼻水や痰といっしょに外に細菌やウイルスを出そうとしているからなのです。痰を出そうとして咳をしてるときには止めないほうがいいのです。

このときの咳を止めてしまうと痰がたまって苦しくなってしまいます。

風邪の引きはじめの咳は「コンコン」という感じで痰が絡まない咳が出ます。

鼻水が出だすと鼻水がのどのほうまでいくので「ゴホッゴホッ」というような咳になり、気管支や肺が炎症を起こしてるときには痰が絡んだ咳になります。

Sponsored Links

咳が出るときの対処法

痰を切れやすくするために水分を多めにとらせましょう。

6ヵ月未満の赤ちゃんは母乳やミルクで水分補給ができるのでおっぱいをしっかり飲ませてあげてくださいね。

離乳食が始まっていたら咳が途切れたときに白湯や番茶などで水分を与え温かくてのどごしのよいものを食べさせます。

部屋の温度と湿度に気を配り新鮮な空気を入れるようこまめに換気をしてあげてください。

空気が乾燥していると咳が出やすくなるので加湿器で加湿したり、ない場合は濡れタオルをかけておくだけでも違います。

寝ると咳が出やすくなりますが、横向きに寝かせたり頭を少し高くして寝かせると少し楽になります。

小さい赤ちゃんのころはたて抱きにして背中をやさしくトントンしてあげましょう。

ひどく咳き込んでいるときは痰が出やすくなるように背中や胸のあたりをトントンとやさしくたたいてあげるのもよいですよ。

赤ちゃんが咳が出る時の寝かし方

鼻水が出る原因は?

からだの中に入った細菌やウイルスを外に出そうとしているときだけでなくからだの中に細菌やウイルスを入れないようにするときも鼻水は出ます。

赤ちゃんはちょっとした気温の変化にも敏感で 鼻の粘膜が刺激されて出ることもあります。

鼻水には透明なもの、白くてネバネバしているもの、緑や黄色で粘り気のあるものがあり風邪で鼻水が出るときにはこの順番で変化していきます。

緑や黄色で粘り気のあるいわゆる「あおっぱな」には菌やウイルスの死骸が混ざっていて風邪の治りかけのころに出てきますが、治ってしまったわけでありません。

風邪が治まるときには「あおっぱな」から逆の順に鼻水が変化していって透明になっていきます。

2~3カ月ぐらいの赤ちゃんは鼻の穴の内側が狭くて粘膜からの分泌物も多いので空気が冷たかったり乾燥していると鼻詰まりも起こしやすくなります。

鼻水が出るときの対処法

鼻水が出るときにはこまめに拭いてあげます。

頻繁に鼻水が出るときは何度も拭いていると鼻の下の肌が荒れてしまうので軽く濡らしたティッシュやガーゼなどで拭いてあげましょう。

鼻水がのどに落ちると痰が絡んでいる咳が出ます。

上手に鼻をかめない赤ちゃんの場合には鼻水がのどに落ちて行かないように吸い取ってあげましょう。

鼻をかめるぐらいになっていれば片方ずつ軽くかませるようにします。

強くかむと炎症がひどくなることがあるので片方ずつ軽くかむ練習をさせるといいでしょう。

鼻水を吸い取る方法としてはお母さんが直接口で鼻水を吸い取る方法や市販の鼻水吸い取り器を使う方法があります。加湿すると鼻水が吸い取りやすくなります。

> 赤ちゃんの鼻水を取る4つの方法

鼻詰まりを起こしているときも加湿すると楽になり固まっている鼻水も柔らかくなって吸い取りやすくなります。

あまりにも鼻詰まりがひどかったり家では吸い取れない場合には耳鼻科で吸い取ってもらいましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。