赤ちゃんの体重平均値|グラフの成長曲線から外れてる場合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
横になっている赤ちゃん

生まれてから1年間の赤ちゃんの成長は目を見張るものがあります。身長は生まれたときの約1.5倍、体重は約3倍にもなるのです。赤ちゃん時期は1カ月違うだけで身長や体重、いろいろな機能の発達においてもずいぶんと違ってきます。成長の目安のひとつが体重。今回は赤ちゃんの平均体重についてまとめてみました。

Sponsored Links

生まれてから1年間の平均体重と身長

母子健康手帳には身長と体重の発育曲線グラフが掲載されています。厚生労働省が10年ごとに全国1万人以上の乳幼児を調査して得た結果に基づいて平均値をグラフに表したものです。

乳幼児(男子)身体発育曲線(体重)

乳幼児(男子)身体発育曲線(体重)

出典:厚生労働省 平成22年乳幼児身体発育調査の概況について

乳幼児(女子)身体発育曲線(体重)

乳幼児(女子)身体発育曲線(体重)

出典:厚生労働省 平成22年乳幼児身体発育調査の概況について

赤ちゃんの体重がやっぱり気になる

新生児のころはどれだけおっぱいが飲めているかを見るために飲む前と飲ませた後の体重を測っておっぱいが足りているかどうかの判断の目安とします。

また1ヵ月健診で生まれたときからどれだけ体重が増えているかも成長の目安とされますね。

このように赤ちゃんの成長度合いを体重の増加で測ることが多いので赤ちゃんの体重がなかなか増えない、または増えすぎといっては一喜一憂してしまうのもしかたないかもしれません。

> 赤ちゃんの体重が増えない!月齢によって異なる理由とは

特に赤ちゃんの平均体重の目安とされる発育曲線の体重より少なかったり多かったりすると心配になってしまうものです。

Sponsored Links

赤ちゃんの平均体重はあくまでも目安

平均体重というのはあくまでも目安にしかすぎません。大きく生まれた子もいれば小さく生まれた子もいます。体重の増え方にも個性があります。

もともと小さく生まれた赤ちゃんは成長曲線から大きく外れてしまうこともあるでしょう。

成長曲線より下回っている場合でも曲線のカーブに沿って右肩上がりに増えているのであれば心配いりません。

赤ちゃんの成長曲線はパーセンタイルグラフです。パーセンタイルというのは小さい方から並べて何パーセント目にあたるかを示す方法です。

上の線は97パーセンタイル値、下の線は3パーセンタイル値で、線と線の間の帯の中に94パーセントの子の値が入るというわけなのです。

例えば10パーセンタイル値というのは100人の中で低い方から10番目以内ということになります。

> 新生児の平均体重はどれくらい?低出生児が増加する理由とは

Sponsored Links

体重の増え方

生まれて間もない赤ちゃんは一時的に体重が減少します。母乳やミルクを飲む量よりもウンチなどで排泄する量の方が多いからなので心配いりません。

この「生理的体重減少」は1~2週間もすると元の体重に戻ります。その後は1日30g(母乳の場合は1日15~20g)ずつ増加していきます。

母乳育児の場合には最初の3ヶ月までは1ヶ月に500~600g増えていれば足りていると言われています。

母乳を飲む量は赤ちゃんによっても色々です。母乳を飲みすぎる赤ちゃんもいれば、飲まなすぎる赤ちゃんもいておかあさんによって悩みも様々です。

運動量が多くなってくる乳児期後半になると成長曲線も緩やかになっているように体重は前半よりもゆっくりした増え方になります。

いずれにしても生まれたときの体重からどれぐらい増えているか、成長曲線に沿った増え方をしているかを目安に考えましょう。

> 新生児の体重は増えすぎても大丈夫?肥満になる可能性は?

成長曲線から外れていたら

中には成長曲線に沿わない増え方をする場合もあります。生まれたときの季節や出生体重やによっても成長のしかたは異なります。

その子その子に個性があるので必ずしも成長曲線が目安にならない場合もあります。機嫌よく毎日元気に過ごせていることが大切です。

もしどうしても心配なことがあれば信頼できる小児科のお医者さんや地域の保健所の保健師さんに相談してみましょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。