赤ちゃんのアトピーは母乳が原因?食事制限は効果があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
母乳

乳児湿疹がなかなか治らず、アトピーと診断された赤ちゃん。授乳の後に湿疹が ひどくなると感じるお母さんも多いようです。母乳はアトピーに影響するのでしょうか?今回は赤ちゃんのアトピーと母乳の関係 についてまとめました。

Sponsored Links

赤ちゃんのアトピーとは?

赤ちゃんのアトピーとよく似たものに乳児湿疹がありますが、どのように違うのでしょうか?

簡単にいうと、赤ちゃんのアトピーとは、強い痒みを伴う肌の疾患が二ヶ月以上続き、湿疹のでる場所が頭部や顔から徐々に体・手足におりていく状態をいいます。

湿疹がでても赤ちゃんがあまり痒がらず、短期で治るようであればアトピーとは診断されないようですが、乳児湿疹かアトピーなのかは医師にとっても判断するのが難しい場合も多いようです。

> 乳児湿疹がでる原因が母乳って本当?ママの食事制限は必要?

アトピーをひきおこす原因

赤ちゃんのアトピーの原因は大人のアトピーとは違い、食物に対するアレルギーであることが多いと言われています。これは赤ちゃんの消化器官がまだ発達していないためであり、実際に成長とともに胃腸が発達すればアトピーの症状がでなくなったり、改善されるお子さんが多いようです。

私の娘も乳児湿疹からアトピーと診断され、ジュクジュクした湿疹が中々治らず顔の皮がむけるような状態でしたが、、1歳頃には症状も落ち着き痒がることもなくなりました。

当時は保湿とステロイドの治療の他に漢方なども試していましたが、今思うと治療の効果というよりも体の成長に伴って治る時期がきたので治ったという感じがします。

赤ちゃんのアトピーと食物アレルギー

母乳でアトピーが悪化する?

授乳の後に赤ちゃんの湿疹がひどくなったり、母乳をやめたら赤ちゃんの湿疹がよくなってきたという話を聞くことがあります。

これは、乳児アトピーの主な原因である食物アレルギーを持つ赤ちゃんが母乳に含まれるアレルギーを引き起こす成分(アレルゲン)に反応しているためと考えられ、医師によっては、母親にアレルゲンの除去食を指示する場合もあります。

しかし実際のところ、お母さんの食べたものが母乳に影響するかどうかは医師の間でも意見がわかれるようで、私の娘がお世話になったアレルギー専門の先生の説明では、現在はお母さんが食べた物から母乳に移行するアレルゲンは微量であり、湿疹と母乳は関係ないという考えかたが主流とのことでした。

Sponsored Links

自己判断で食事制限をするのは危険

赤ちゃんが生後半年近くになれば食物アレルギーの検査もできますので、アレルゲンの特定のために受けてみるのもいいかもしれません。

実際に検査でお子さんの小麦アレルギーがわかり、母親の食事から小麦を完全に除去したところ、赤ちゃんのアトピーがよくなったという人もいます。病院へ行く前に、お母さんが何を食べたか、その時の赤ちゃんの様子を記録した日記をつけてみるのもよいかもしれません。

ただ、赤ちゃんによっては複数の食べ物にアレルギーがあり、お母さんが食事制限をするとなると、赤ちゃんの成長必要な栄養素も足りなくなってしまう場合もあるので、自己判断で除去食を行うのではなく必ず専門の医師に相談しましょう。

実際に私の友達が小麦・卵・乳製品を除去していましたが、かなりストレスが溜まると言っていました。もしもお子さんが乳製品にアレルギーがある場合でも、乳製品アレルギーの赤ちゃん用のミルクもあります。

除去食がお母さんにとって負担になるようであれば、母乳をやめてミルクに切り替えるのもよいかもしれませんね。

離乳食の導入は慎重に

赤ちゃんのアトピーの原因が食物アレルギーであれば、離乳食の導入は慎重に行うようにしましょう。これはもしも特定の食べ物に強いアレルギーを持っていた場合、命にかかわるような反応を示すことがあるためです。実際に学校給食の誤食で、食物アレルギーによる死亡事故も起きています。新しい食べ物を与える際は、もちろん少量から。担当の医師と相談しつつ、あせらずに離乳食を進めていくのがよいでしょう。

信頼できる医師を見つけることが大切

赤ちゃんが痒がっているのをみるのは、ただでさえ親にとってとてもつらいことです。食事制限をすることもしないことも、どちらが正しいということはありません。いずれの方法であっても、信頼できる医師と一緒に、最終的に自分が納得できる判断ができればよいでしょう。

私も自分で調べて疑問に思ったことは、どんなに小さいことでも担当の医師に相談するようにしました。先生も私の質問に丁寧に答えてくれましたので信頼することができ、落ち着いた気持ちで娘のアトピーに向き合えたのだと思います。

お母さんのストレスは、お母さん自身だけでなく、赤ちゃんにも良くありません。できればあまり神経質になりすぎず、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんに接してあげられればいいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。