赤ちゃんの生後100日のお祝いはお宮参りに神社へ行く?お食い初めはいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
目が充血している赤ちゃん

赤ちゃんが生まれると節目節目でお祝い事があります。昔は大きくなるまで育たなかった赤ちゃんも多かったので、ある節目まで成長したことを神仏に感謝しお祝いしたのですね。生後100日のお祝い、お宮参り、お食い初めなど赤ちゃんが誕生して早い時期のお祝い事についてまとめました。

Sponsored Links

赤ちゃんの生後100日のお宮参りは神社?

お宮参りというのはその土地の守り神がおられる神社に子どもが生まれたことを報告し、成長を祈って参拝することをいいます。

昔からのならわしとしては男の子は生後31日目、女の子は32日目に参拝しますが、日にちも方法も地域によっていろいろです。

参拝者は正式には赤ちゃんと赤ちゃんの父親、父方の祖父母と言われています。

おそらく生後30日ぐらいのおかあさんの体調のことを考えてのことだったのでしょう。

最近では赤ちゃんの両親だけで行く場合や両家の祖父母もいっしょにという場合もあるようです。

参拝する日も生後1ヶ月ぐらいでは赤ちゃんもまだ小さく、産後はおかあさんも疲れやすいので生後100日以降にお参りすることも多いようですね。

お宮参りというと一般的にはその土地の神社に行く場合が多いのですが、お寺に参る場合もあります。

もっとも、お寺に参るときにはお宮参りとは言わずに初参りといいます。

日本では神社と寺院が同居していることが多かったのですが、明治政府が神社から仏教色をなくすために神仏分離令を発布しました。

神社と寺院をはっきりとわけたのは長い歴史から見ればごく最近のことです。

昔は赤ちゃんのうちに亡くなることも多く、生後1ヶ月ほどの新生児期を無事に成長しきれたことを神仏に報告したのが初めての神社仏閣への初参りだったのす。

ですから、菩提寺にお参りしてもよいのです。

Sponsored Links

100日参り(ももかまいり)もある

地域によっては生まれて100日目に100日参り(ももかまいり)を行うことがあります。

また、生後30日ぐらいが真冬や真夏だったりして赤ちゃんを連れ出すにはあまり良い気候ではないときには100日まで待って初めてのお参りをする場合もあるでしょう。

いずれにしてもここまで成長したことを神仏に報告し感謝するお参りです。

最近では生まれた赤ちゃんとおかあさんの体調を考慮して生後30日目ぐらいに行うよりも100日ぐらいにお参りに行くという方も増えているようです。

神社でもお寺でも自分たちで行って自分たちだけでお参りする場合と個別にご祈祷をお願いする場合があります。

個別に御祈祷をお願いするときにはご祈祷料がかかります。

神社にお参りするときには事前に神社に日にちと時間を予約し、祈祷料をあらかじめ聞いておきます。

紅白の水引ののし袋に「初穂料」「玉串料」と書いてお札を中袋に入れてお渡しします。

「初穂料」「玉串料」の金額は神社によって異なるので事前に確認しておきましょう。

お寺によっては初参りとして対応しているところと健康祈願ということで個別に祈祷をしてくれるところがあるようです。

お寺の場合には紅白の水引ののし袋に「御布施」「御祈祷料」と書いて中袋にお札を入れるのが一般的ですが、金額はお寺によって異なりますし、お初参り自体も宗派によってもかなり異なるのでお参りに行くお寺に聞くのが一番よいでしょう。

Sponsored Links

初宮参りの服装は?

赤ちゃんの両親や祖父母の服装は一般的には男性はスーツで、女性は和装でもスーツかワンピースなどがよいのですが、皆のバランスを考えて事前に相談しましょう。

一般的には赤ちゃんには祝い着をかけますが、ベビードレスの上にケープをかけたりすることもあります。

祝い着はちょっとした手直しで七五三のときにも使えるので自前で用意する場合もありますが、最近はレンタルする方が多いですね。

お食い初めは生後100日

一般的には生後100日に赤ちゃんの成長を願い赤ちゃんが一生食べることが困らないようにと願って行われるのがお食い初めです。

お食い初めの行事の歴史はかなり古く日本伝統のお祝い事として今も引き継がれているのですね。

そうはいっても地域によってやり方は微妙に異なっているようです。

>お食い初めのやり方は地方で違う?願いを込めて自分たちのやり方で

最近では生後100日に初宮参りをしてその後皆で食事をするときにいっしょにお食い初めをすることも多くなっているようです。

いずれにしても赤ちゃんやおかあさんの体調を重視して両家の祖父母にも相談して決めるとよいかもしれません。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。