お年玉相場は小学生でどれ位?金額で悩まない意外な方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お年玉の相場

子供のころはお年玉をもらう側だったのに今度はあげる側になって悩むのはなんといっても金額ではないでしょうか。親戚や友だちが多いと結構な額になってしまうのでお正月は大きな悩みの種という方もいるかもしれません。そこで、お年玉の相場だけでなくちょっとした工夫であげる金額を悩まなくなる方法やちょっと変わった金額の決め方などを紹介するので参考にしてくださいね。

Sponsored Links

小学生や中学生のお年玉の相場は?

気になるお年玉の相場ですが、子どもの年齢によって違うということは見当がつくでしょう。そこで、ちょっと調べてみました。きっと統計やアンケートのとりかたなどによっていろいろな結果が出るとは思いますが・・・・

まだ学校に行ってない子 500~1000円
小学生 低学年 1000~3000円
小学生 高学年 3000~5000円
中学生 5000~10000円
高校生 5000~10000円

というところのようです。

大学生になってもあげることもある場合もありそのときは10000円が目安となっているようです。中には大学生どころかなんと社会人になってもあげることもあるようです。

金額は、あげる子や親との関係性にもよるので相場はあくまでも参考程度にしたほうがいいでしょう。

相場通りあげなくてもいい?

お年玉の平均

ですから、必ずしも相場通りにあげなくてはいけないということではありません。たまたま調べた相場がこうだったということで参考程度にしておいてくださいね。

お年玉の相場といいますが、日ごろあげるお小遣いの相場もあるわけで何でもかんでも相場にそってあげなくてもいいのです。

とは言っても何か基準が欲しいのであれば自分なりのあげかたみたいなのを決めてはどうでしょう。

私の友だちでも、自分であげ方を決めていていつもそれを元にしてあげているからお年玉の金額では悩まないという人もいます。

例えば、学年×500円とか、学年ごとに1000円ずつあげていくといったルールを決めてしまうのです。

学年×500円であれば1年生は500円、6年生は3000円になりますね。

学年ごとに1000円ずつあげていくと1年生は1000円、6年生だと6000円になってしまいますが・・・・

Sponsored Links

ちょっとした工夫でお年玉がもっと喜ばれる?

うちの子がまだ幼稚園年少さんのとき独身の弟がお年玉をくれたのですが、そのときは「えーお年玉なんてまだ早いよ」と思いました。

でも、袋の中身を見たらピッカピカの1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉がそれぞれ1個ずつ入っていてきれいな硬貨に大喜びしていました。

他にも語呂合わせの金額を入れるなんて粋なことをする人もいるようですよ。

例えば千円単位に+115円で「いいこ」とか、2525円で「にこにこ」とか、4651円で「よろこび」など、なかなかおもしろいですよね。どういう語呂合わせになっているのか子どもにあてさせるのもいいかもしれません。

きょうだい間、親同士で協定を結ぶ!

姪っ子や甥っ子にいくらぐらいあげたらいいか、お互いに子どもがいるのであれば親同士で話し合っておくという手もあります。

こっちはこれだけあげたのにあっちはこれしかくれない・・・とか、こっちはこれしかあげていないのにこんなにもらってどうしよう・・・とか、あとでおかしな感情の行き違いがないためにも親同士で協定を結んでおくのは結構大事です。

独身のときはあげる一方でもあまり甥っ子や姪っ子が多くなければあげる楽しみもあるけれど、甥っ子や姪っ子が多かったら型どおりに考えていたら楽しみが苦しみになってしまいます。

お互い結婚して子どもがいてもきょうだい間で子どもの数に差があったら悩みどころでしょう。

いっそのこときょうだい間の子どものお年玉のやりとりはしないという方法もいいかもしれません。

Sponsored Links

友だちの子にお年玉は?

お年玉の金額にびっくりする子供

友だちの子にお年玉をあげるかどうか。これは付き合いのしかたや関係の深さにもよるから一概には何ともいえないでしょう。

自分が独身でふだんから付き合いがあるとても仲がいい友だちの子にだったらあげるかもしれないし、結婚していてお互いに子どもがいる場合には子どもの人数や金額とかで気を遣うから初めからしないのもありですね。

だいたいお年玉というのは親戚の子にあげることが多いですよね。それもきょうだいの子でしょうか。

親戚のつきあいがもっと広くてそれも日ごろから懇意にしているというのであればあげる場合もあるかもしれません。

これもお互いに子どもがいる場合は親同士で話し合ってみるのは大事かもしれませんね。

子どもは楽しみにしてる?

むか~しむかし私が子どものころは冬休み明けに学校で「お年玉いくらもらいましたか」なんて調査がありました。

私は親戚が少なかったのでそんなに金額は多くなかったけれど同級生の中にはとんでもない額をもらっている子もいましたよ。

お年玉をもらったことが特別なことでうれしかったのは覚えているのだけれど、自分が他の子より少ないからどうとかはあんまり思いませんでした。

でもこれは私の感じ方。だいたいほんとうは学校でそんな調査すること自体今だったらおかしいと思いますが。

今の学校はどうなのでしょうね。ものがあふれている今の子たちの金銭感覚はよくわからないけれど、額にかかわらずお年玉はきっと楽しみなのではないでしょうか。

Sponsored Links

相場よりも気持ち?

相場がいくらだからこれだけはあげなくちゃと思ってもこれだけあげたら自分が痛いと思うのであれば金額よりも工夫してみてはいかがでしょう。

語呂合わせの金額にしてクイズにしてみたり、入れる袋をちょっと面白いものにしてみるといった工夫をするとお年玉をあげる楽しみも増えそうですね。

かわいい手作りの袋に入ったお年玉はいかがでしょう。

また、とっても親しい関係でその子が何かで頑張っていて応援してあげたいと思うのであれば相場を気にせずお年玉の名目で応援金額をあげるのもいいですよね。

もっとも出す側にある程度余裕がないと気持ちがあっても難しいかもしれませんが。

周りに相談して妥協策を考えるのはいいですが、あげるかあげないかとか、あげるとすればいくらあげるかなどは世間や相場に振り回されずに関係性などを考えて自分でルールを決めてしまうといいでしょう。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。