喪中はがきを連名で送るときの続柄は?書き方のマナーや送る範囲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お彼岸にお墓参りをする夫婦

毎年年賀状を出していて身内で亡くなった方がいる年には年賀欠礼の挨拶状を出す必要があります。喪中はがきを夫婦連名で出す場合に続柄はどのように記したらいいかご存知でしょうか。喪中はがきの書き方のマナーや送る範囲などまとめました。

Sponsored Links

喪中はがきはいつまでに出す?

最近は年賀状を出さない方も多くなっているようですが、毎年年賀状を出していて身内で亡くなった方がいる場合には喪中はがきを送るのが一般的です。

年賀はがきは11月1日に発売され、それから年賀状を出す準備が始まるので、喪中はがきはできれば12月初旬ころまでには送られた方がいいでしょう。

対象となる親族は?

亡くなられた方との関わりの深さや思い入れや気持ちにもよりますが、喪中はがきは一般的には二親等までの親族が亡くなった場合に出します。

一親等というのは両親、配偶者、子ども、配偶者の両親で、二親等は祖父母、配偶者の祖父母、兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者などになります。

最近では二親等の祖父母で同居していない場合には出さないという方が増えているようです。

Sponsored Links

喪中はがきを送る範囲は?

毎年年賀状をやりとりしている相手には出します。

ただし、仕事関係の相手先や亡くなった方とまったく面識のない友人には喪中はがきは出さずに例年通り年賀状を出す方も増えているようです。

親族間で毎年年賀状を交換している方もいますね。この場合、喪中であることをすでに知っている親族には出さない場合が多いかもしれません。

喪中はがきを連名で送るときの続柄はどうしたらいい?

毎年連名で年賀状を送っている場合には喪中はがきも連名で出すことが多いですね。

喪中はがきはその年だけなので、毎年夫婦別々に年賀状を送っている場合でも喪中はがきは連名で印刷するという方もいます。

連名で喪中はがきを送る場合には亡くなった方の続柄をどのように記せばいいでしょう。

夫婦連名にする場合には一般的には夫の名前が筆頭になりますね。

夫婦連名で喪中はがきを出す場合には亡くなった方の続柄は筆頭者から見たものになります。

ですから、夫の父親が亡くなった場合はそのまま「父」または「岳父」、母親が亡くなった場合には「母」または「岳母」、妻の父親が亡くなった場合には「義父」、妻の母親が亡くなった場合には「義母」と書きます。

ただ、妻の両親のどちらかが亡くなったときの続柄を単に「父」「母」と記す場合もよくあるのですが、その場合には喪中はがきを受け取った方がわかるように亡くなった方の姓名を書いた方がいいでしょう。

Sponsored Links

実は喪中はがきには決まったルールはない

喪中はがきは年賀欠礼のお詫びを意味するものなので必ずしも誰が亡くなったかを書かなければいけないというものではありません。

喪中はがきには特に決まったルールはないので文面は差出人の裁量で決めていいのです。

ただ、受け取る人が余計な心配をしないように亡くなった方の名前や続柄は記しておいたほうがよいかもしれませんね。

ほとんどの場合は喪中はがきは印刷する場合が多いでしょう。

ひとこと添えてもいい?

年賀状を印刷しても手書きでひとこと添える方は多いですね。

喪中はがきであっても何かひとこと添え書きをしたい相手もいるかもしれません。

このとき「お元気ですか」とか「家族が増えました」「いつもお世話になっています」「今度ランチをしましょう」などのような内容はやめておいたほうがいいですね。

喪中はがきにはこちらの近況報告は書かないということです。

ひとこと添えるときには「葬儀の際にはありがとうございました」「お心遣いありがとうございました」など喪中はがきの内容に沿ったものにしましょう。

喪中はがきに手書きでひとこと添えたい場合には内容について熟慮したほうがいいですね。

こちらからの年賀のご挨拶は失礼する旨の喪中はがきを出しても年賀状を受け取るのはやぶさかではない場合には「なお 皆様からの年賀状は励みにもなりますので例年通りお送りいただけましたら幸いです」などと記すこともあります。

だからといって必ず年賀状を出してもらえるとは限りません。

喪中はがき=年賀状出さないと思う方が多いので、添え書きがあっても受け取った側がどのように判断するかでしょう。

Sponsored Links

やっぱり近況を知らせたい

喪中はがきに手書きでひとこと添えたいときにははその内容に沿ったことを書きますが、やはり近況を知らせたい相手はいるかもしれません。

そのときは松の内(1月7日)から立春(2月3日ごろ)までの間に寒中見舞いを出すといいでしょう。

喪中はがきを出していなくて年賀状をいただいた方にも寒中見舞いで知らせることができます。

寒中見舞いにはさらりと近況報告を書いても大丈夫です。

喪中はがきの書き方の決まりごと

喪中はがきには決まったルールがないと上記に書きましたが、実は書き方には決まりごとがあります。

  • 句読点はいれない
  • 行頭の一字下げはしない
  • 数字は漢数字にする
  • 頭語・結語はいれない

年賀のご挨拶は失礼するお知らせの喪中はがきですが、「新年がよい年になりますようお祈り申し上げます」「よい年をお迎えくださいますよう心よりお祈り申し上げます」などの来年の挨拶を入れるのは構いません。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。