生後9ヶ月の離乳食の手づかみ食べの食材は?おすすめレシピとポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離乳食を手づかみで食べる赤ちゃん

生後9ヶ月ぐらになるとあかちゃんはいろいろな食材が食べられるようになってきます。それと同時に手づかみ食べが始まります。今回は離乳食の手づかみ食べの食材やおすすめのメニューとポイントについてまとめてみました。

Sponsored Links

手づかみ食べはいつから?

離乳食後期、生後9ヶ月前後になると、赤ちゃんはお母さんが食べさせてくれているスプーンをつかもうとしたり、食べ物に手をのばしたりし始めます。

このような自分で食べたがる兆候が見られたら、手づかみ食べを始めてみましょう

あくまでも個人差がありますので、焦らず赤ちゃんの様子を見ながら進めていくようにしましょう。

生後9ヶ月の離乳食の手づかみ食べの食材は?

生後9ヶ月ごろになると歯ぐきでつぶせるぐらいの固さのものが食べられるようになります。

バナナぐらいの固さが目安になりますね。

アレルギーがなければ、卵、肉、魚、乳製品など食べられる食材も増えてきます。

赤ちゃんが手でつかむので汁気が多かったり、ベトベトするものは後始末が大変ですね。

最初のうちは特に赤ちゃんが手で持ちやすい大きさで、汁気が少なくてあまりベトベトしないものにしてあげましょう。

あまり小さいと丸呑みしてのどに詰まってしまう危険があるので、ある程度の大きさにしてあげたほうがいいですね。

初めは野菜を煮てスティック状に切ったものを少しずつあげて様子を見ましょう。

スティック状になっているものは握りやすく食べやすいですね。

あまり軟らかく煮てしまうと握りつぶしてしまうので歯茎で噛みやすいバナナぐらいの固さにします。

慣れてきたら、スティック状にこだわることはありません。手づかみしやすいいろいろな大きさにしてあげると手でつまんだりつかんだりする練習にもなります。

慣れてきたら、ご飯ものはおにぎり状にしたり、肉や魚はハンバーグ状にしたり、赤ちゃんが手で持ちやすいようにしてあげるといいですね。

そしてこの頃になると、生まれるとき母親からもらってきた体の中の鉄分が少なくなってくる時期になります。

手づかみ食べの食材のなかに、鉄分の豊富な赤身の肉や魚、ほうれん草や小松菜、納豆などを上手に入れてあげるといいでしょう。

Sponsored Links

手づかみ食べは赤ちゃんの成長に重要

手づかみ食べは親の側にしてみれば、せっかくつくった食事をぐちゃぐちゃにされたり、着てる服や床を汚してしまうなど大変な面もあります。

しかし赤ちゃんにとっては、食べ物に触ったり、手でつかんだり、自分で口に運んだりすることでいろいろなことを吸収していくのです。

硬い、やわらかい、暖かい、冷たい、べとべとするなど実際に食物に触ることによって学習していく、赤ちゃんの成長にとって必要なステップなのです。

また赤ちゃんにも個人差があり、積極的に手づかみ食べをしようとする子もいれば、なかなかしようとしない子もいます。

そこは焦らず、赤ちゃんの様子を見ながら進めていきましょう。

なかには手にべとつく感覚が嫌でなかなか手が出ない子もいるようなので、初めは手にべたつきにくいものから始めるといいでしょう。

また、手づかみで食べるようになると口いっぱいに押し込もうとする赤ちゃんもいるので、一度にいっぱい押し込んで喉を詰まらせないように気をつけてあげてくださいね。

Sponsored Links

離乳食づくりは大変?

手づかみ食べをするころには離乳食も1日3回になります。

離乳食をつくる準備や、後片付けなども増えてきますね。

また手づかみ食べの食事をつくろうと思っても、いつも同じメニューになったり、やわらかすぎたり、硬かったり、なかなかうまくいかない場合もあります。

あまり毎回意気込むと、疲れてしまいます。

冷凍ストックやベビーフードなどを上手に活用して、苦にならない離乳食づくりにしましょう。

大人メニューから取り分ける

このころはまだ食材の味を生かしてほんのり薄味がいいので大人の食事を作るときに味付けをする前に取り分けてあげると楽ですよ。

例えば、大人メニューではサラダや煮物にするジャガイモやサツマイモ、カボチャをしっかり味付けする前にとりわけてマッシュにし、そのときにある他の野菜、例えばほうれん草、小松菜、ニンジン、コーンなどを軟らかく煮て混ぜたおやきは手づかみ食べにぴったりですね。

中に入れるのは納豆、ひじき、しらす、豆腐などいろいろ工夫してみましょう。

おやきをフライパンで焼くとぱさぱさしてしまうので食べない赤ちゃんもいるかもしれません。

そんなときは蒸してあげるといいかもしれません。

赤ちゃんのやる気を感じることができる手づかみ食べ。

できる限り自由に、ゆっくりと、寛容の気持ちで見守ってあげましょう。

家族でいっしょに楽しい食卓になるといいですね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。