妊娠7ヶ月でレンドルミンは大丈夫?眠れないときにはどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
悩む女性

妊娠中はとても眠たくなったり、なかなか眠れなくなったりします。妊娠7ヶ月でなかなか眠れないときにレンドルミンなどの薬に頼ってよいのかどうかなども含めて、妊娠中の不眠対策についてまとめました。

Sponsored Links

妊娠月数と眠りの関係

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

妊娠初期は一気にプロゲステロンが増加するので眠くなりますが、妊娠7ヶ月ぐらいになるとエストロゲンの分泌が増えるために今度は眠れなくなることがあります。

妊娠7ヶ月は中期の終わりになりますが、このころから後期にかけてはエストロゲンの関係でどうしても睡眠が浅くなってしまいます。

また夜なかなか眠れないために逆に日中眠くなってしまうこともあります。

ホルモンバランスの崩れだけでなく、次のような理由でなかなか眠れないということもでてきます。

お腹が大きい

お腹が大きくなってくるとどうしても寝返りが打ちづらくなります。

寝返りが打ちづらくなるとどうしても寝つきが悪くなってしまいますね。

また、お腹が大きくなると大きくなった子宮で膀胱が圧迫されるのでトイレが近くなってぐっすり眠れなくなるのです。

胎動が激しくなる

7ヶ月ぐらいになるとお腹の中の赤ちゃんも大きくなっているので胎動も激しくなり、痛みを感じるぐらい強く感じることもあって、眠れなかったり、眠ったとしても夜中に何度も目を覚ましたりすることもあります。

赤ちゃんはどうして夜になるとよく動くのでしょう。

日中はおかあさんがよく動くので酸素や血液などをなるべくおかあさんに使ってもらうようにお腹の中の赤ちゃんはなるべくおとなしくしています。

夜になっておかあさんが横になるとおかあさんが使わなくなった酸素や血液などが赤ちゃんに行きやすくなるので今度は赤ちゃんがよく動くようになるのですね。

Sponsored Links

睡眠薬は飲んでもいい?

いろいろな状況で妊娠中によく眠れないのはほんとうにつらいですね。

妊娠前から寝つき悪くて薬のお世話になっているという方もいるかもしれません。

妊娠中は睡眠薬を飲んでも大丈夫なのでしょうか。

妊娠7ヶ月でレンドルミンは?

睡眠薬と言ってもいろいろな種類があります。

大きく分けるとベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、メラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬となります。

睡眠薬としてよく耳にするマイスリーは非ベンゾジアゼピン系、ハルシオン、デパス、レンドルミンはベンゾジアゼピン系、ロゼレムはメラトニン受容体作動薬、ベルソムラはオレキシン受容体拮抗薬です。

非ベンゾジアゼピン系はレンドルミンなどのベンゾジアゼピン系よりも比較的安全と考えられています。

特に妊娠中のレンドルミンは避けたほうがよいのですが、医師がやむを得ないと判断したときは出されることもあります。

妊娠中はできれば薬に頼らないほうがいいのですが、おかあさんが不眠で不安定になってしまうと赤ちゃんにもよくありません。

だからといって妊娠前に服用していた薬や市販薬を勝手に服用せずに必ず医師に相談して処方してもらうようにしましょう。

Sponsored Links

質のよい睡眠を確保するために

体力とエネルギーを使う出産に備えて眠れるときにはしっかり眠っておきたいものです。

質のよい睡眠を確保するためのいくつかの方法をあげてみましょう。

適度な運動

お腹が大きくなってくると動くのが億劫になってできるだけ動きたくないと思ってしまうかもしれません。

軽い疲労感があるぐらい歩いたり家事をしたりしてからだを疲れさせると自然と眠れるようになりますよ。

からだを動かすことで気分転換にもなります。

リッラクスする

本を読んだり好きな音楽を聴いたり、好きなDVDを見たりなど、自分が好きなことをしてリラックスしましょう。

ただ、ブルーライトが出ているのでテレビやスマホは寝る前の1時間はやめておいたほうがいいですね。

ブルーライト自体は体に悪いものではないのですが、ブルーライトが目から入ると脳を活性化してしまうので眠る前にはやめたほうがいいのです。

Sponsored Links

寝る前にお風呂に入る

シャワーだけにしないで少しぬるめのお湯にゆっくり入ると芯まで温まり身体はリラックスしますね。

しっかりと温まった身体はお風呂から上がると徐々に体温が下がってきます。この下がったときに寝ると眠りを促してくれる効果があります。

眠るときに楽な体位を

シムスの体位というのはご存知でしょうか。

お腹が大きくなってくると横になっているのも大変です。

身体の左側を下にして横向きに寝るシムスの体位は血液の循環がよくなるのでおすすめです。

左側の足は下になっていますが、まっすぐに伸ばします。

右足は前に出して膝は曲げてお腹に負担がかからないようにしてうつ伏せになる体位をシムスの体位といいます。

抱き枕があると姿勢が安定します。クッションや掛け布団などを抱き枕代わりに調整してもいいでしょう。

その時その時でとにかく自分が一番楽でおさまりのいい体勢で寝るのが一番です。

妊娠中に眠れないときには

上記のように妊娠中、特に妊娠後期には寝つきが悪くなったりなかなか眠れなかったりすることがあります。

夜しっかり眠れるようにいろいろと工夫をしてみてくださいね。

何日も眠れない日が続くようなときには医師に相談して妊娠中でも安全な睡眠薬を処方してもらうとよいでしょう。

自分で勝手に市販薬を飲むのだけはやめてくださいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。