7ヶ月の離乳食で鮭フレークは大丈夫?加工品の使い方と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
離乳食を食べる赤ちゃん

離乳食中期になる7ヶ月ごろには鮭フレークを使っても大丈夫でしょうか。手軽でおいしいものでも離乳食には使わないほうがよいものもあります。7ヶ月の離乳食で鮭フレークなどの加工品の使い方や注意点をまとめました。

Sponsored Links

7ヶ月の離乳食に鮭フレークは?

7ヶ月は離乳食中期のモグモグ期といわれています。

このころになると使える食材も増えてきます。

離乳食初期にはたいやカレイなどの白身魚を食べさせていたと思いますが、離乳食中期のこのころには鮭を食べさせても大丈夫です。

離乳食での魚の使い方

鮭の身はピンク色ですが、たいやひらめ、カレイなどと同じ白身魚になります。

白身魚は離乳食初期の比較的早い時期から食べさせても大丈夫なのですが、白身魚でもタラや鮭にはヒスタミンが含まれているので中期以降がよいとされています。

ヒスタミンはヒスタミン中毒を起こす恐れがあって食物アレルギーを起こしやすいからなのです。

鮭やタラを食べさせるのは、カレイやひらめ、たいなどの白身魚に慣れてからのほうがいいですね。

離乳食中期には赤身魚もOKですが、鮭やタラと同じように他の白身魚に慣れてからにしましょう。

赤身魚は脂分が多いので茹でてしっかりと火を通して脂分を抜いてから使いますが、火を通すと固くなってボソボソとした感じになるので、タンパク質に慣れる離乳食後期になってからでもいいですね。

Sponsored Links

鮭はどうやって食べさせる?

市販の鮭フレークはそのまま使えるので大人にとっては簡単で便利でおいしい食材ですね。

鮭フレークとして加工されたものにはいろいろな調味料や添加物が含まれています。

ですから、加工品として売られている鮭フレークを離乳食として食べさせるのは避けたほうがよいでしょう。

7ヶ月で離乳食に鮭を使うときには塩鮭ではなく生の鮭にします。

生鮭の切り身の骨や皮、血合いを取り除いて取り分けるか、お刺身の鮭でもいいですね。

熱湯でしっかりと茹でて脂分を抜きます。中まできちんと火が通っていることを確認してください。

加工品の鮭フレークではなく、このようにして茹でた鮭を小さくフレーク状にした鮭フレークであれば7ヶ月でも大丈夫です。

鮭缶はいつから大丈夫?

加工品の鮭フレークは味も濃く、添加物も多いですが、水煮の鮭缶であればどうでしょう。

鮭缶の鮭は脂分が多く、水煮であっても添加物が使われているので離乳食中期では避けたほうがいいでしょう。

もう少し後になってからであれば湯通しをして骨を取り除くと大丈夫ですが、できるだけ添加物が少ないものにしましょう。

Sponsored Links

離乳食で加工品を使うときの注意点

魚の加工品としては鮭フレークのほかにツナ缶、鮭缶などの缶詰類、はんぺんやちくわ、かまぼこなどの練り物などがありますね。

加工品は大人にとっては手軽に使える便利なものですが、離乳食中期の赤ちゃんに使うものとしてはどれも避けたほうがいいものです。

ただ、塩分無添加の水煮やスープ煮のツナ缶であれば離乳食中期でも使えます。

魚の加工品といえば缶詰や練り物だけでなく、干物もありますね。

干物はどうしても塩分がきつすぎるので塩抜きをして使うのがいいのですが、離乳食中期にはまだ早いでしょう。

離乳食後期になってから塩抜きをしてからにします。

魚の加工品だけでなく、商品として加工してあるものには添加物が多く含まれているものが多いですね。

加工品を離乳食で使う場合には添加物が含まれていないもの、味のうすいものなど素材だけなく調理法にも気をつけてくださいね。

Sponsored Links

離乳食でツナ缶を使うとき

ツナ缶とひとまとめにして言われていますが、実は商品によって使われている魚はまぐろ、かつおといろいろです。

ツナ缶に使われているかつおやまぐろは赤身魚になるので、ツナ缶は赤身魚に慣れてからにしましょう。

鮭缶はいくら柔らかくなっているとはいえ骨が入っているものもありますが、ツナ缶は骨や皮を取り除かなくていいので便利ですね。

ただし、缶詰は一度開けると日持ちがしません。

離乳食として使ったツナ缶の残りは大人が食べきってしまうか、保存しておくのであれば冷凍しておきましょう。

1回分ずつ製氷皿などに小分けにして冷凍しておくと使いやすいですよ。

7ヶ月の離乳食での鮭フレークは手作りで

離乳食で鮭フレークを使うときは加工品として売っているものではなく、刺身か皮や骨を取り除いた切り身を茹でて火をしっかり通してフレーク状にしたものを使いましょう。

多めに作って小分けにして冷凍しておけば次に使いたいときにすぐ使えるので便利です。

ただし、冷凍したから保存がきくから大丈夫といつまでも置いておくことはせずに早めに使った方がいいでしょう。

>離乳食の冷凍って保存期間はどれ位?便利な保存方法とは

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。