6ヶ月の赤ちゃんの春夏の服は何がいい?素材やタイプ、着せる枚数は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
横になっている赤ちゃん

6ヶ月の赤ちゃんが初めて迎える春夏にはどんな服は着せたらいいでしょう。赤ちゃんの服もいろいろな素材、デザインが多いので初めての赤ちゃんであれば迷うかもしれませんね。このころの赤ちゃんの服に最適な素材やタイプ、着せる枚数などについてまとめました。

Sponsored Links

6ヶ月の赤ちゃんの春夏の服

このころになると赤ちゃんを連れて外に出ることも多くなるので赤ちゃんの服も外に出ることを意識したものになってきますね。

どんな素材がいい?

天竺やフライスは赤ちゃん服の素材として季節を選ばないで着せられます。

春夏の服の素材としておすすめはガーゼやパイル生地のものでしょう。

ガーゼは生地自体が柔らかいので赤ちゃんのデリケートな皮膚にもやさしく、目が粗くて通気性がよいので特に夏の服としてはぴったりの素材ですね。

タオルにも使われているパイル地は吸水性にすぐれていて、よだれやおっぱい、ミルクの染みがつきにくく洗濯もしやすいのですが、パイル地特有のループが赤ちゃんの指やつめに引っかかる場合もあるので織目のこまかいものがいいでしょう。

どんなタイプがいい?

このころはまだカバーオールのように上下がつながった服を着せるほうが多いですが、お出かけのときには上下がわかれたセパレートタイプの服を着せる場合も出てくるでしょう。

このころになると寝返りがうてるようになり、ずって動いたりハイハイをしたりする赤ちゃんも出てきます。

動くことで着ているものがはだけたりまくれあがったりするのを防ぐには上下がつながっているほうがいいかもしれません。

つかまり立ちを始めても動きやすいでしょう。

Sponsored Links

春先のころ

だんだん暖かくなってきていても春先はまだ肌寒い日もありますね。

日中は気温があがっても朝夕は冷え込む日もあります。

着せる枚数としては大人と同じか、大人よりも1枚少な目でいいでしょう。

春の始めのころは長袖が基本ですが、暖かくなってきたら日中は半袖にしてはおるもので調整してあげるといいですね。

お出かけのときも上着が1枚あると重宝します。

肌寒い日はロンパースよりも足がかくれるカバーオールがいいでしょう。

日中暖かくなってきたらくるくると折って短くしてあげます。

新生児期の赤ちゃんからちょっと大きくなった感を出すにはショートオールもいいですね。

実際には上下はつながっているけれど見た目がセパレートのように見えてちょっとおしゃれなデザインのものがたくさんあります。

セパレートタイプの場合には肌寒い日には長いズボン、あったかくなってきたら裾を折ってあげて、日中暖かい日のお出かけは短めのズボンにしてあげてください。

このころになると女の子にはスカートをはかせたいと思うこともあるかと思います。

赤ちゃんの動きを考えるとワンピースやスカートタイプのものは歩けるようになってからがいいので、もう少し我慢してくださいね。

ハイハイの時期にこうしたタイプのものを着せると裾が邪魔になってしまいます。

スカートタイプのものを着せたいと思うのならロンパースにフライスフリルのついたものやビスチェ風のものならスカートっぽく見えて動くのにも邪魔にならずかわいらしい感じがしていいかもしれません。

ショートオールでもスカートっぽい感じのものもありますよ。

春、寝るときにはパジャマ?

お風呂に入って夜寝るときにはパジャマを着せて翌朝起きたときに着替えさせることで生活のリズムが整ってきます。

この時期は動いてもお腹が出ない薄手のカバーオールが重宝します。

6ヶ月ころになるとセパレートタイプのパジャマにする方も多いかもしれません。

セパレートタイプのものはお腹が出てしまうと心配になるかもしれませんが、お腹が出にくいデザインになっているものもありますよ。

春先はまだ夜は冷えることが多いですが、冷えるからと言って着せすぎにならないように注意してください。

Sponsored Links

真夏の暑い時期には

脇の下の汗を吸い取る半袖がいいですね。

キャミタイプのものは涼しそうでいいと思いがちですが、脇の下や背中上部分の汗を吸い取ってくれないのであせもになってしまうこともあります。

真夏も半袖のロンパースが重宝します。

家にいるときにはコンビ肌着だけでもいいでしょう。

ただし、室内でエアコンをつけているときには冷えすぎることもあるので薄手の長袖長ズボンタイプのものがいい場合もあります。

夏のパジャマは?

夏でも涼しい時期には肌着の上に薄手のパジャマを着せます。

熱帯夜のように暑い夜は肌着を着せずに綿100%のパジャマだけにするか、逆に肌着に薄いズボンをはかせるのもよいでしょう。

夏は汗をかくのでたくさん着替えがいります。

半袖のロンパースの肌着はパジャマ代わりにもなります。

足まで隠れるくらいの大きめのサイズの綿素材の薄手のTシャツをパジャマ代わりに着せるのもいいですね。

そのサイズがちょうどよくなったころにはTシャツとして着せられます。

あまりに暑くて寝るときにもエアコンをつけている場合には逆に冷えすぎに注意が必要です。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。