34週に2000gで早産になっても大丈夫?赤ちゃんのその後の成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お腹に手を当てる妊婦さん

34週2000gで早産になると赤ちゃんのその後の成長が心配になりますね。34週の赤ちゃん、早産後の赤ちゃんの成長などについてまとめました。

Sponsored Links

妊娠34週の赤ちゃんの様子

このころになるとお腹の赤ちゃんは皮下脂肪がついてふっくらしてきて、柔らかかった骨もしっかりと硬くなってきています。

自律神経も発達してきて交感神経と副交感神経のバランスも取れてきているので呼吸のリズムも整い、心拍数もコントロールできるようになります。

お腹の中で30分おきぐらいに寝たり起きたりを繰り返し、羊水を飲んで排泄する練習もしています。

このころの赤ちゃんの排泄物には老廃物は含まれていないので排泄しても羊水はきれいだから大丈夫なんですよ。

起きているときはお腹の中で手足を動かしたり体の向きを変えたりしますが、このとき、お腹に赤ちゃんの小さな足の形がくっきりとわかることもあります。

また、お腹の中で見えませんが、表情筋を動かせるようになってくるので表情も豊かになっています。

耳はしっかり聴こえるようになってきているので、声をかけると反応してお腹を蹴ったり動いたりすることもあります。

しっかり声をかけてあげましょう。

34週の赤ちゃんは2000g前後

34週ぐらいになると体重も2000g前後になっています。身長も40~45㎝ぐらいになっているでしょう。

中には2500gぐらいになっている赤ちゃんもいます。

おかあさんはいつも小さなお米の袋ぐらいの重さを抱えていることになりますね。

Sponsored Links

34週2000gで早産になってしまったら

肺の機能が完成するのが34週ぐらいです。

このころには万が一早産になってしまっても外で十分生きていける機能が備わってきています。

自分で呼吸できる可能性も高く、自分で呼吸できる場合には人工呼吸器は必要ありません。

身体の機能が十分に発達していれば特別な処置が必要ない場合もありますが、免疫機能が低かったり、哺乳力が弱いこともあります。

その場合にはNICUでのケアになります。

早産になってしまうと心配になりますが、34週を過ぎていればリスクはかなり低くなりますし、NICUで手厚いケアをしてもらえるので心配しすぎないでくださいね。

切迫早産と診断されたら

切迫早産というのは早産になりかかっている状態です。

切迫早産と診断されたときには、入院する場合と自宅安静の場合があります。

入院治療になった場合にはほとんどベッドで過ごしながら点滴を受けるようになり、医師の診察を受けます。

入院の場合には医療者の指示に従い安静を保ちましょう。

絶対安静の場合には入院となることが多いので、自宅安静の場合には医師の指示通りに安静を保つ生活します。

絶対安静でなければずっと寝ていなければならないということはありませんが、無理は禁物です。

自宅安静の場合には家事はほどほどにし、食事のバランスに気を付け、ストレスをためないようにしましょう。

家事をしているときなどにお腹が張ったり固くなったり痛くなったりしたらすぐ休んでくださいね。

妊娠34週で胎動を脇腹に感じて痛い!逆子?胎動カウントしたほうがいい?

Sponsored Links

早産で生まれても

いろいろな状況で早産になって、2000gよりも小さく生まれると心配になるかもしれませんね。

確かに37週の正期産に近ければ近いほど赤ちゃんの身体的機能も発達し免疫機能もできてきているので安心かもしれません。

ある助産師さんが「早産であってもどんなお産もそれがそのおかあさんの子どもにとってのお産というもの」と言われたそうです。

34週の早産になった方で「おかあさんに早く会いたくて早く生まれてきたんだね」と言ったおかあさんもいます。

早産で生まれたからといっておかあさんに責任はありません。

赤ちゃんのいのちの力を信じて自分を責めないでくださいね。

子どもによっては保育園や幼稚園に入るころには、もっと早ければ歩き始めのころには、いわゆる正期産で生まれた子どもに追いつくとも言われていますよ。

早く小さく生まれても生後1年もたたないうちに平均以上に成長するお子さんもいます。

34週ぐらいで生まれると確かに心配なことは多いかもしれませんが、34週の赤ちゃんはお腹の中でもかなり成長しています。

必要以上に心配しないで、定期健診は必ず受けて、心配なことがあれば相談するといいですね。

>34週での出産はnicuのある病院へ転院しなくちゃいけない?

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。