11ヶ月の離乳食で食べむらがある!神経質にならなくても大丈夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もうすぐ1歳を迎える生後11ヶ月。このころになると離乳食の食べむらが気になる方もいるかもしれません。11ヶ月の離乳食の食べむらについて、対策などもをまとめました。

Sponsored Links

11ヶ月ころの赤ちゃん

ぐんぐん大きくなっていた低月齢のことに比べると体重や身長の増加も緩やかになってきます。

しっかりハイハイができるようになりスピードも出てきますね。

つかまり立ちができたり伝え歩きが始まります。

早ければよちよち歩きを始めるお子さんもいるかもしれません。

夜にまとめて寝てくれるようになるので1日のリズムがつけやすくなってくるころです。

11ヶ月の離乳食

11ヶ月のころになると離乳食もカミカミ期といわれる時期になります。

離乳食後半期ですね。

歯茎でつぶせる固さのものが食べられるようになります。

味覚も発達してくるので食品の数も増やして味付けも工夫していろいろな味を経験させてくあげてださい。

1日の生活のリズムがついてきて3回食になるので家族といっしょに食事をする時間帯をとることもできるようになります。

この時期には3回すべてを家族と同じ時間帯にしなくともよいので少しずつ時間を調整していくようにしましょう。

Sponsored Links

11ヶ月の離乳食で食べむら

赤ちゃんによっては離乳食の早い時期から食べむらが激しい子もいます。

それまでは普通に食べていたのに離乳食後半の11ヶ月のころになって急に食べむらが激しくなる子もいます。

その日のその子の体調なのか、メニューによるのか、タイミングによるのか、食べる量にかなりむらが出てくることがあるでしょう。

ほんの2口3口食べて嫌がって食べないかと思えば、もうやめといたらと思うぐらいいっぱい食べたりなど。

食べなければ食べないで心配になり、食べ過ぎれば食べ過ぎでおかあさんの心配はつきませんね。

11ヶ月のころの離乳食の食べむらはそう心配することはありません。

無理やり食べさせない

食べる量が少ないと何とか食べさせようと躍起になるかもしれませんが、粘るのはあまりよいとはいえません。

もし食べむらがあっても、毎日毎食同じペースで食べないのが普通とわりきってあまり粘らないことです。

2,3日もしくは1週間という長いスパンでみてトータルした量が十分であればそれでよしとしましょう。

中には毎回2口3口ぐらいで全然食べないという場合もあるかもしれません。

そんなときでも体重が順調に増えているか、増加率が低くても母子手帳にある成長曲線のラインから大きく外れていなければ大丈夫です。

離乳食に時期にはあまり食べなかった子が幼児食になるとよく食べるようになったということはよくあります。

Sponsored Links

食べむら対策

それでもやっぱり少しでも食べてほしいと思うのがおかあさんかもしれません。

そんなときの対策を3つ紹介しましょう。

手づかみ食べで楽しい食卓を

このころの赤ちゃんは手づかみ食べたがります。

このころの手づかみ食べはむしろどんどんやらせてあげましょう。

手づかみで食べやすい大きさやメニューを工夫してあげるといいですね。

あまり食べないからとイライラせずに根気よく焦らず、赤ちゃんが楽しく食事ができるように笑顔でいてあげてくださいね。

お腹をすかせる

大人でもお腹がすいていないとあまり食べたくないものです。

お腹がすくようにしっかり動かしてあげましょう。

家でいっしょに体を動かして遊ぶのもよいでしょう。公園などに散歩に出かけてみるのもいいですね。

おかあさんもいっしょに動いてお腹をすかせていっしょに楽しく食べましょう。

しっかり寝かせる

寝不足になると食欲が落ちることがあります。

夜、ぐっすり眠れるように、またお昼寝もちゃんとできるように工夫しましょう。

ある程度生活のリズムが一定にとれるといいですね。

ある程度というのは、その日によってはイレギュラーなことがあることもあるのであまり神経質にはならないことです。

Sponsored Links

11ヶ月の離乳食の調理例

  • おかゆでなくても水を多くして柔らかく炊いたご飯
  • うどんはやわらかくゆでて短く切ってあげる
  • イモ類はマッシュ状にしなくても荒くつぶす程度でOK
  • 繊維質の多い野菜以外は軟らかく煮ればほとんどの野菜はOK
  • 肉類は赤みの部分をひき肉状にして調理
  • 青魚も離乳食中期以降から新鮮なものをにしっかり火を通せばOK

ハム・ソーセージ・かまぼこなどの加工品はこの時期には与えないほうがいいでしょう。

味付けは素材の味を活かしていずれも薄味にしましょう。

食べむらは誰もが通る道

食べむらは発達段階においてほとんどの子が通る道です。

脳が発達してくると食べたいときと食べたくないときを脳が感知しているからだともいわれています。

食べないときは無理強いせずに「もうおしまいなのね」と笑顔で片付けましょう。

30分後ぐらいに「おなかすいたかな。食べてみる」と誘うと食べる場合もあります。

口を一文字にギュッと結んで絶対に食べようとしなかったり、気に入ったものしか食べない「ばっかり食べ」だったり、気に入らないと容器ごとひっくり返したり、そんなことが続くとイライラしたり、悲しくなってしまいますね。

でも、そのうち、食べる時期がきます。

今は食べむらのある時期と割り切って、食べる回数や時間、食べる量などに神経質になりすぎないようにしましょう。

離乳食を食べないときには母乳やミルクをしっかりあげてくださいね。

>離乳食の後期に丸呑みするけど大丈夫?食べさせ方を工夫してみよう

>離乳食どう進める!10ヶ月で食べられるもの や食べれる食材

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。