1ヶ月の赤ちゃんが寝ない!よくある3つの原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さっき飲んだばかりなのに、おしめも替えたのに、それほど暑くも寒くもないはずなのにギャン泣きして全然寝てくれなくてこちらが泣きたくなってしまう・・・。子育てはいつでも大変ですが、特に新生児の頃は思うようにいかないことばかりですよね。今回は1ヶ月の赤ちゃんが寝ない原因と寝ないときの対処についてまとめてみました。

Sponsored Links

1ヶ月の赤ちゃんが寝ない原因を知っていますか?

生まれたばかりのころは1日の大半を寝て過ごしていたのに、いつの間にかしょっちゅう起きていたり、せっかく寝かしつけたと思ったら急に泣き出したりするとほんとうに困ってしまいますね。

お腹がすいて寝れない!

生まれて間もない赤ちゃんはまだ上手におっぱいが飲めません。母乳もまだよく出ていないこともあります。

生後1ヶ月の赤ちゃんが寝ないのは、哺乳力が弱くて1回で飲める量も少ないのですぐにお腹がすいてしまうためというケースが多いですね。

今飲んだのにすぐにまた欲しくなってしまうのですね。またこの時期は飲ませれば飲ませるだけ母乳もよく出るようになります。

新生児期は欲しがるだけあげましょう。

> 新生児に必要な母乳の量はどれくらい?上手に飲ますコツとは

Sponsored Links

お腹が苦しくて寝れない!

おっぱいやミルクを飲んだ後にゲップが出なくて苦しくてなかなか寝られないこともあります。また、便秘気味でウンチが出なくても苦しいですね。

何時間もギャン泣きしていた赤ちゃんがおならを「プップー」としたら泣きやんだということもあります。

ゲップだけじゃなくておならが出なくて苦しいこともあるのですね。腹筋が発達していないのでお腹にガスがたまってしまうのです。

そんな時はお腹を「の」の字を描くように指先でやさしくマッサージをしてあげるといいでしょう。

足首をやさしく握ってお腹の方に膝を曲げていくように軽く「一、二、一、二」と動かしてあげるのもいいですよ。がに股のような足になりますが、無理に伸ばさずにそのまま補助してあげます。

環境の変化

抱っこしていたらぐっすり眠ったように思ってお布団におろしたら、おろしたとたん泣き出すなんてこともあります。

お布団におろすときのコツがあります。そーっとゆっくり寝かして最後に首の部分にあたっている腕をゆっくりぬきます。

それでも泣く場合には寝るまで抱っこされてお母さんの匂いや温もりに包まれていたのに、布団に寝かされてそのぬくもりを感じられなくなって寂しくなっているのかもしれません。

部屋が暑すぎたり、寒かったりして眠れないこともあります。

Sponsored Links

1ヶ月の赤ちゃんが寝ない場合の対処法

おっぱいを飲んでもすぐに泣く場合にはお腹が空いているかもしれないので頻回母乳にしてみましょう。

もしかしたら飲んでいる途中で疲れて寝てしまうかもしれません。それなのにすぐにまた欲しくなって泣き出すなんてこともあります。

母乳育児が軌道に乗るまではとにかく欲しがるだけ飲ませてあげてくださいね。

もし寝る前の授乳でげっぷが出ないときはもう一度抱っこしてげっぷを出しをしてあげましょう。それでも出ないこともありますね。

そんなときは吐き出す可能性もあるので、頭の下にタオルを敷いたり、ベビー用枕を置いて頭を少し高くして寝かせてあげるといいでしょう。

そうすると苦しくなくなるので眠ってくれることもあります。

うんちが出ていないときは

また、1、2日うんちが出ていなかったのであればお腹が張って苦しいのかもしれません。ガスがたまっていて苦しいこともあります。

上記にも書きましたが、お腹の上に手を置いて、「の」の字を書くように優しくマッサージしたり、両足首から下をもって優しく膝を曲げたり伸ばしたりする体操などをしてみましょう。

それでもどうしても出ないときは、細いベビー用綿棒の先にベビーオイルを塗って、軽く肛門を刺激してみるのもよいかもしれません。

ただし、赤ちゃんの体はデリケートなので、くれぐれもやりすぎないように注意して下さい。

> 赤ちゃんが便秘の時は綿棒浣腸|失敗しない方法とは

Sponsored Links

環境に気を配る

あまり神経質になる必要はありませんが、室温に気を配りましょう。

赤ちゃんは新陳代謝が激しいので暑がりです。大人の感覚でお布団をかけたり、服を着せたりしていると暑すぎる場合があります。

そのためには室温だけでなくおふとんや着ているもので調整してあげて赤ちゃんが寝付きやすい快適な環境を整えましょう。

やさしく抱っこ

色々と工夫してもどうしても寝付かないときは、赤ちゃんは何となく寂しかったり不安だったりしているのかもしれません。

優しく抱っこしてあやしてあげたり、添い寝や添い乳をするなどして根気よく赤ちゃんに付き合ってあげましょう。

ゆったりした気持ちで

とにかくイライラしたり、あまり心配しすぎないことです。

お母さんが寝てほしいと焦ったりイライラしているとその気持ちを何となく感じて赤ちゃんも落ち着かなくなってよけいに眠れなくなるかもしれません。

少しぐらい寝なくても大丈夫、寝たときは自分も一緒に寝てしまおうというぐらいの気楽な気持ちで、ゆっくり付き合ってあげて下さいね。

Sponsored Links

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。